mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

タグ:仕事 ( 13 ) タグの人気記事


2013年 04月 27日

論理と罵声(・・・仮題)

今日(4月26日:気持ち的には、そろそろ翌日の時間帯<現在 午前4時過ぎ>になってきているが・・・)は、
久しぶりに、時間の勝負の中で、建築基準法と云う法律と、その検査機関への対応の書類及び図面作成に、頭をフル回転し、頭の芯まで、疲れた。

頭が芯から疲れることは、そう多くは無く、
法律と云う 論理的でがんじがらめの中から、その網の中から、対論理的に対応する書類、図面を作成するのは、大変だった。

後輩が作ったダメダメがあった書類は、昨日(4月25日夜)チェックしたが、
それだけで疲れ切り、図面まで行きつかなかった。
(基本となる書類のお粗末さに、あきれ、ストレスが溜まって行ったようだ・・・。)

私がまとめるべき、法の解釈が全て表現されている1枚の図面は、
翌日へ廻した。

・・・・・・・・・・

自分なりの予定は、立てているつもりだが、
世の中は、そうは行かず、色々なアクシデントに見舞われ、
その時に、己の「器(うつわ)」が問われ、試されているような 気がする・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶり、7~8年(?)ぶりに、
仕事が重なり、仕事上のテンションが高まり、

私の今までのもろもろの修羅場の体験から描いた最善の筋書きに対して、
安易に対応しようとした後輩に向かって、
会社内、全域に届く(響く) 「罵声」を発したようだった。

私には、瞬間的なものだったのだが・・・。

(私の罵声は、その場限りで、
その源には、その人 個人の人格に対してへの怒りは無く、
その人の その行動の浅はかな行動への姿勢に対してだった が・・・。)

年下の役職上、 の人間に呼ばれ、皆の席から離れた所(:ドアがある部屋)で、
「前から、(私の突如として、わめく<罵声>に対して)上から止めるように云われているので、気持は分かりますが、お願いですから 止めてください。」と 云われた。

・・・・・・・・・・・・

7~8年(?)ぶりなので、私の言動を経験していない若い社員には、
心を震撼される<罵声>だったと思う。

1年後の定年になり、会社を去ると、
その<真の怒り>を聴くことは、
他の上司からは発せられることは無いのだろうと思っている。

・・・・・・・・・・・・

テンションが高く、静めるには時間が掛ったが、
今、この時間(翌日の午前3時半過ぎ)に冷静に考え、

あの場には、・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

(明日<ほぼ今日!>午前10半から、はとこの結婚式に親族披露から出席しないといけないので、
上記の「メモ」は、時間列も錯綜し、半端ですが、
寝るために、休止します・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2013-04-27 04:34 | 日々 | Comments(3)
2013年 04月 20日

4月17日から19日までの出来事と夢

(130418メモ、補記、追記)

心及び脳が、<仕事のケツ(結)>を意識している時は、緊張していて(:張り詰めていて)、
夜遅く寝ても、普段はとても起きられない早朝に起きれるものだ。
やはり、<>の所為か。

・・・・・・・・・・

昨日(17日)から、今日(18日)午前中までは、たいへんだった。
17日午後11時半近くまで仕事をしたが、まだ、<ケツ>のめどが立って無かった。
しかし、会社で泊っては、身体が持たず、翌日の打ち合わせにも支障が出ると思い、
11時40分には、会社を出、帰宅し、早朝に出社することにした。
(残りの仕事量を考えれば、出来れば、朝6時には出ないと!と思いながら・・・。)

家に着き、遅い食事を取り、早く寝よう、と思ったが、
脳が緊張してか、酒を呑んでも眠たくならず、パソコンをし、ブログも記した。
睡眠薬の量を調整し、2時半前に床(布団)に付き、朝5時20分から10分置きぐらいに目覚ましをかけた。
(カミさんに文句を云われながら、)どうにか起きたのが、2 5 時55分くらいだったが、よく起きられたものと思う。

7時20分くらいに会社に着き、残りの作業をやり出したが、最後の1枚の図面をどうにか形にしようとしても、オカシイものはおかしく、元のデーター(:後輩が描いていた図面)のCADのレイアの線の太さや種類を根本から直しながら、素人が見ても、きれいで、おかしくなく、分かりやすい図面に変更し、設計者として整合性がとれる図面(:すべての図面が整合がとれている図面)にしようとした。

しかし、11時半には神田駅の列車には乗らないといけないので、とにかく時間との勝負だった。
気が焦り、何度も屋外階段でタバコを吸い、気分転換をしながら、仕事を進めた。
11時(当初会社を出る予定の時間)を過ぎ、100%とは行かないまでも、どうにか見られる図面になったと思ったが、出力し、図面を見るとおかしい所が見え、何回か訂正し、11時15分前に10部コピーし、会社を出た。
(昼食を取る時間は無く、)途中、オレンジと野菜のジュースを買い、どうにか予定の電車に乗った。
車内では、疲れで、本を読む気がせず、ずっと外の景色を見ていた。
現場監理の仕事を終え、施主との打ち合わせをしたが、図面は理解された。

仕事を終え、「ギリギリの生き方」が私の性分(しょうぶん)に合っていて、却って、それを楽しんでいるのか・・・?と思った。

(その日<18日>は、会社に戻ってからも少し仕事をし、早く帰って寝たかったが、途中バー「T」に寄り、疲れを癒した。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日(19日)もバタバタして(別の2件の仕事を並行にやり)仕事が忙しく、(17~18日の仕事の疲れと睡眠不足が残り、)早く帰りたかったが、
夜11時過ぎまで残業をし、クタクタになり、自宅で遅い食事を取った。
少し、薄い焼酎のお湯割りを2杯ほど呑んだが、やはり疲れで少し朦朧としていたので、
風呂には入らず(風呂で足は洗い)、パソコンもせず、1時前後には、床に就いた。

それでも、朝、9時前には起きたが、すっきりした気分で起きれた。

・・・・・・・・・・・・

起きる前、不思議な夢を観た。

何故か、夢の中では、私は格闘界とプロ野球の指南をやっていた。
(好きな)格闘界は分からないことも無いが、球技音痴の私が何故夢でそう云う役になったのか?は分からない。
と云っても、積極的に動く立場では無く、距離を置いていて、なるべく自由に動くようにしていた。
(時々は、格闘界で、小さい身体ながら余興として試合<?>に出たりしながら・・・。)

ある日、色々なしがらみから、息抜きにある丘に来ていて、
(そこにたまたまいた若い女子プロレスラーの相談を受け、話をし、)
遠くの空等(の景色)を見ていたら、中日の幹部(?)がやって来て、
「○月○日、新人の○○の選手の件の相談に乗ってくれますよね・・・。」と云われ、
手帳を見て、(内心は、そのつもりでいたが、)「仕方が無いですね・・・。しかし、よく此処が分かりましたね。」と云うと、幹部は、「時計の電波を探知し、位置を割り出したのですよ。」と答えた。
そう云って、「それではよろしくお願いします。」と去って行ったが、
その後、私の横に、いつの間にか、ストロング小林(金剛)が来ていて、
「お互い、アキスベリ(?)の人生ですよね。」と云った。
「アキスベリ?」と問うと、
「人生に押されながら、それでもどうにか耐え、この斜面のような人生を、その斜面なり、横にすべりながらも、スレスレに生きて行く人生ですよ・・・。」と云った。
「なるほどね・・・」と私が云ってから、夢から覚めた・・・。
(まだ続きの夢も観たかったが、)どこかスガスガしい気分で目が覚めた。

まだまだ若い者に負けず、現役バリバリのつもりでいるが、

夢を観て、私の残りの人生も、それなりに手を動かすが、いつまでも現役では無く、若い者を<設計者としての「美学」を持った人間として)育て、レベルを上げるべく、指導的な(指南<?>としての)立場で生きて行くべきなのか・・・?と思った。
[PR]

by mohariza12 | 2013-04-20 11:52 | 生き方 | Comments(0)
2013年 04月 12日

“完璧な仕事”にこだわる日本人の特性

この頃、会社でそれなりに忙しく、仕事(:設計及び施主との打合せ、現場監理)をしている。
元々、父親譲りの職人気質のところがあり、(会社の上司にも、国、官僚、権力と云う組織でも、媚びへつらいは一切せず、 )営業等の手で作業を ゴマスリなども せず、
役職の肩書きで、口のみで指示するのが嫌いで、 現場で職人相手に実地でやるのが好きな所為もあり、充実しているのだろう・・・。

暇だと、心身がだらけ、心が落ち込むところがある・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今、仕事中だが、気分転換の為、ネットを見ていたら、

EXICITE ニュースで、「世界が認める町工場の実力とは」と云う記事があり、興味を持って読んだ。
http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20130411/R25_00029225.html

<一部抜粋>

先月、安倍首相がオバマ大統領を訪問した際、手みやげとして持参した日本製のゴルフパターが一躍脚光を浴びた。これは、山形市の「山田パター工房」が軟鉄を削り出して作る高級パターだ。
・・・・

このように、日本の中小企業や町工場の実力を物語るエピソードをしばしば耳にするが、ほかにはどんな事例があるのだろうか。
・・・
“完璧な仕事”にこだわる日本人の特性でしょうか、特に精密な微細部品を作る技術で世界のモノづくりを支えています

海外の多くの技術は、もはや日本の町工場なくして成り立たないでしょう。

たとえば、高い研磨技術で初期のアップル社製品の鏡面加工を手掛けていたのが、新潟県・燕市の研磨職人たちであることをご存じの方も多いはず。ほかにも、世界を席巻する中小企業や町工場はたくさんあるんですよ」
(ジャーナリストの根岸さん)


世界のモノづくりを支える「メイド・イン・ジャパニーズ町工場」。小さなモノづくり集団から中小企業へと成長した町工場を含め、ここにその一部をご紹介しよう。

●腕時計の文字盤(テフコ青森/青森県)
腕時計の小さな盤面に配置された繊細な金属の“時字”を転写シールにする世界初の電着技術を開発。セイコーやオメガなどのメジャーな時計ブランドから、グッチ、エルメスなどのファッションブランドに至るまで、年間700万個を供給。

●水族館のアクリルパネル(日プラ/香川県)
透明度の高い接着技術で、「沖縄美ら海水族館」の大水槽をはじめ、各地の水族館などにアクリルパネルを供給している。世界のシェアは約50%。現在ギネス記録を持つドバイの水槽パネル(横幅33m、高さ8.4m、厚さ75㎝)も同社の仕事だ。

●“妖精の羽”のような絹織物(齋栄織物/福島県)
ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんやジョルジオ・アルマーニ氏らが採用する世界一薄い絹織物「フェアリー・フェザー」。使用する三眠蚕の繊細な絹糸は、髪の毛の約6分の1程度の太さ。この糸を機械織りで量産できる高い技術力が注目されている。

「世界に認められる技術を持つ中小企業や町工場に共通するのは、大企業が手を出さない仕事を率先して受注している点。また、内部留保金をしっかりと貯め、技術開発のために多額の投資をできる体力を持っている会社が珍しくないのも特徴です」
(ジャーナリストの根岸さん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江戸時代は、「士農工商」の(建前の)階級制度があり、武士の下は、農民であり、商人の上に、職人が位置していた。

“完璧な仕事”にこだわる日本人の特性は、今後も生かすべきで、世界に誇れる日本人の<職人気質>と思う。

ラテン系なり、大らかで、ざっくばらんの気質も、(地球人としての)全体の世界では必要なのかも知れないが、
職人気質>の“完璧性”にこだわる日本人の特性は、大事にすべきと思う。

現在の学校教育では、欠けているもののように思う・・・。

安易なうわべだけの知識だけでは、ダメだと思う。

手で考えるのが、人間の本質に近いものがあると思うのだが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-04-12 19:48 | 日本 | Comments(1)
2013年 01月 18日

気力と精神力で持っている?

今日も仕事で忙しく、(午前様・・・この言葉は、新明解国語辞典では、仕事で遅くなった人は指さない、とのこと・・・
家に着いたのは、翌日だった。

今日やるべき、と思ったことは、完璧に終わらなかったが、

その日の内に会社を出た。

昔、若かった時は、会社に泊まって、仕事をしていたのだが、

今は、それをする体力は(気力も・・・)無い。

たぶん、泊まっていたなら、会社である時間に寝たとしても、

翌日以降、この歳では、仕事等が続かないだろう・・・。

この頃、ずっと 睡眠不足で、体力も落ちているが、

家に帰って、(布団で)寝ているから、
(精神的にも気が落ち着き、)
まだ、風邪もひかず、
(気力と精神力だけで持っている部分もあるが、)

朝起きて(定時には出ていないが・・・)、会社に出て、仕事を続けられるのだろう・・・。

仕事が一段落して、気力及び張りつめた精神力が緩んだ時、

かなり体力が消耗しているので、

どっと、疲れが出るのだろう・・・、と思っている。

<ブログなど記さないで、遅い夕飯を食べたなら、すぐ寝た方が身体には良いのだろうが、
ブログを記すのも、気分転換で、気の安らぎを得ている、と称して、このように 記している・・・。>
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-18 02:24 | 日々 | Comments(0)
2013年 01月 17日

仕事が忙しいと、心が充実する・・・?

私には、仕事が忙しいのが、

心が充実しているように感じ、

張りがあるように感じるようだ。

しかし、歳と共に、仕事をし過ぎると、疲れも溜まって行くと思われるので、

適度に仕事を切り上げたい、とは思っているのだが、

今だ、凝り性、と云うか、妥協を知らない性分を引きずり、

今日帰ったのは、午前様になった・・・。

早く、一仕事の区切りを付け、一息つきたい気分だが、

もうしばらく、遅くまで仕事をしないといけないようだ・・・。

(仕事が出来るのは、健康的<?>なのか、まだ、気力があるのか?分からないが・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-17 01:52 | 生き方 | Comments(0)
2012年 12月 26日

モノ作りをしない人間は、人間の根本から外れているのか?

(121211メモ、補記、追記)

第3次産業の日本での割合は、今は7割(平成22年で、70.2%)、第2次産業は、25%(同年で24.8%、ピークは、平成4年の34.1%)、第1次産業においては、4%(同年で、4.0%)でしか無い。

頭のみを使い、言葉等テクニックのみで生きている人間が多くなっている。

1次産業や2次産業のように、自ら生産すること無く、モノを作ると云う 人間としての営みを行うこと無い者は、

人間としての根本から外れ、金(かね)のみで生きている人間なのか・・・?

・・・・・・・・・・・・

建築設計と云う行為も、モノ作りに近いが、図面のみを使い、言葉を弄し、
最近は、(シャープペンなりを使う)手作業から離れ、コンピュータを弄することが多くなって、典型的な第3次産業と云って良いだろう・・・。

現場では、職人の苦労は、知ることは出来るが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-26 00:33 | 人間 | Comments(0)
2012年 07月 12日

3D CADが広まると、創造力は、養えるのか・・・?

昨日(7月11日)会社で3D CAD(スリーディー・キャド)<Archi CAD>の会社内での講習会があった。
3D CADを会社に導入して、1年半位経つが、若い者などは、どうにか、使いこなすようになったが、社内では、まだまだ、普及していない。
その為の、社内講習会だったが、
なるほど!と思い、今日、少し挑戦してみたが、
私のパソコンは、能力が悪く、上手く、反応せず、ほどほどで、次回挑戦とした・・・。

3D CADでは、平面、立面、断面、詳細図が連動し、それを3Dにして、確認でき、
平・立・断面図の食い違いが無くなる。

しかし、我が社の中堅の図面でも、3D CADで無いから(?)、今だ、平・立・断面図が一致した図面(設計図)を描けない人間が居るのに、
若い者が3D CADに染まって行くと、機械を使わないと、平・立・断面図が一致した設計図を描けない人間になってしまうのか・・・?と思った。
要は、図面<設計図>で、実際に建つ建物(立体像)を頭で想像<創造>出来るか?が、問題だと思うのだが・・・。

3D CADが広まると、自由自在な図面が描け、立体的な設計図も描けるのだろうが・・・、
想像力(創造力)は、養えるのか・・・?と、少々、疑問に思っている・・・。

<危惧で無ければよいが・・・。>
[PR]

by mohariza12 | 2012-07-12 23:44 | 世の中 | Comments(2)
2012年 06月 25日

仕事のキリも一応付けたので・・・

(120625メモ、補記、追記)

仕事上の懸案のものは、土日会社に出て、ほぼ決着を付けた。

日~月曜 間は、少し仮眠を取ったり、日曜午後9時位に、ウトウトし出し、(このまま仕事を続けても、はかどらない、と思い、)強制的に睡眠薬を半錠呑み、3時間(+α)ほど、ソファーで寝ただけで、
焦りといらだちの中、挫折しかかったが、遅くなったが(:予定では、月曜9時20分にコピー屋に原図を渡す予定だった・・・。)、今日(月曜午後3時)迄で、
何とか、切り抜けた。

(日曜出勤で、方が付くと思っていたので、Gパンでラフな服装だったので、今朝6時半位に、一旦、電車+タクシーで、家に帰り、軽くシャワーを浴び、髭を剃り、オレンジジュースを飲み、待たせたタクシーに乗り、電車に乗って、9時前には、会社に戻ったが・・・。)

<実質 仕事が出来たのは、月曜になってからだったが・・・。>

・・・・・・・・・・・・・・

今考えると、最初の頃、直感的に 懸念と疑問と感じたことを早めに、下請けの人間に、訴え、指示しておけば、良かったのだが・・・。
心身の疲れ<?>で、億劫になり、そのまま放置していたツケが、最後になり、
自分自身 納得が行かなくなり、
結局、自分で、時間に迫られる中、その中でも、時間を掛け、手直し しなければならなくなった・・・。

しかし、モヤモヤの部分が解決<:手直し>出来たので、睡眠不足でも、心の充実感はあった。
胃の痛みも、しばし、止んでいた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・仕事のキリも一応付けたので、どちらにしても、6月中(=今週中)には、
今後の私自身の生き方の指針を見定めないといけない
、と思った・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-06-25 22:09 | 生き方 | Comments(0)
2012年 06月 09日

「心が不健康」で・・・

今週も過ぎようとしている。
今週は、体調が悪く、1日(火曜日)会社を休んだが、
今、心身とも疲れているのだろう・・・。

(120608メモ)

どこか、心が不健康で、仕事に身が入らない・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

平日、気の乗らない毎日を会社で過ごしている。
ちっとも、仕事が捗らない・・・。
やるべきことはあるのだが、手が進まない・・・。

これは、「心が不健康」だからのか・・・?
何ヶ月も続いている・・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-06-09 07:39 | 生き方 | Comments(4)
2012年 05月 26日

<限界>・・・ギリギリ・セーフの仕事

今日(私の中では、昨日になりつつあるが・・・)5月25日深夜から早朝は、
久しぶりに<限度(:限界>を越えた仕事をした。

24日午後9時近く眠くなり、(その前に、息抜きで呑んだ発泡酒が効いたのか・・・?頭も痛く・・・、もう、仕事は続けられない!と思い、睡眠薬を加減して飲んで、)応接室の椅子を2つ使い、3時間半+α 寝たが・・・。

翌日(25日)午前9時半、会社近くのある機関へ、書類+図面の提出の時間予約を入れていたが、
ギリギリになっても、あれが抜けている!とか、ここは図面上、記入しないといけない!とか、
必要な書類がまるまる抜けているので、新たに作らないといけない!とか、
色々 気がつき、それをしないと、機関の担当者は、「ダメ!」を押し、正式に受け付けない!と、思いつつ、
しかし、時間が無い! 控えを含め、4部は印刷はし、順番をそろえないといけない! 押印も忘れてはいけない!
もう、予約の時間が来た・・・! でも、まだ、完全では無い!(どこまで、省くか!<許される限度を考え・・・>を冷静に考えつつ、)
かなり焦ったが、
何とか、20分ほど遅れで、その機関へ行った。

窓口の意匠担当者は、遅れて行ったので、電話中とかで、しばらく会えず、構造担当者と、私の会社関係の担当者と先に打ち合わせをし、
その後、設備担当者、そして、窓口の意匠担当者とも、打ち合わせ、チェックを受け、
書類は、どうにか、正式に受け取ってもらった。
少しのミス等はあったが、相手の事前の問いに答えられる書類は、
チェックが終わったのは、昼近くなったが、ギリギリ・セーフで間に合わせられた。

そろそろ、このようなギリギリ・セーフの仕事等は、卒業したい、とは思っている・・・。

焦って、<もうダメか・・・? いや、とにかく、やるしかない!今まで、やれた!
相手が欲している書類をどう云う順序で作るか、それを考え、行動しないといけない!>と
モヤモヤしながら、屋外階段で、何度、タバコを何本吸っただろうか・・・?

午後は、疲れ切って、仕事にならなかった・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-05-26 01:58 | 生き方 | Comments(0)