mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ブログ ( 28 ) タグの人気記事


2018年 07月 25日

「てげてげ」の飯山一郎氏が亡くなった報を知って・・・

知る人ぞ、知る 「てげてげ」の飯山一郎氏が7月20日に亡くなった報を今日知った。

氏を知るのは、「フクイチ」からだが、最近(1~2年前)の阿倍礼賛への転向は、どうも納得行かなかったが、

氏の独特な「我が道を行く」信念は、中々貫けるものでは無く、

7月19日以後、ブログが更新され無くなって、もしや・・・?、とは 思ったが、

20日に死去された、とは 驚いた・・・。

超人的な精神力と肉体を持っているのか・・・?、と 思っていたのに、

その報を知って、ビックリした。

今後、氏のような左右をメッタ切りする輩は、中々出て来ない、と思われる。

心からご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下 他のブログ等からの引用・・・。)

★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡

<http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16507984>

飯山一郎氏による、日本人の希望と力強い生き方を発信し続けた功績に感謝する。

1:堺のおっさん : 2018/07/24 (Tue) 17:58:18

平成30年7月20日の未明に、飯山一郎先生が急性心不全にて永眠されました。享年72歳でした。

飯山一郎先生は以前にも心筋梗塞で入院されたことがあり、今回は三回目の発作でした。

2005年に心臓発作で倒れた時は生死の境を彷徨いましたが、病を強い意志で克服してきた13年間でした。


7月23日、ご遺族のご意向により家族葬にて葬儀がしめやかに執り行われました。

ファンの皆様からのご要望により、「飯山一郎先生を偲ぶ会」の開催を検討しております。

場所や時間などの詳細は後日改めて発表させていただきますのでご了承ください。

皆さまのご理解とこれまでのご支援に、心より深く感謝を申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・

99:堺のおっさん : 2018/07/25 (Wed) 20:01:41

結論から言いますと、西洋医学の救急蘇生法が

生命維持をできる状況ではなかった。

故飯山氏の最後の言葉は、薄れいく意識の中で発された。


「救急車は絶対に呼ぶな!」


この命令に反して救急車を呼び、

一通りの措置を施していただいたのですが、

結果は蘇生に至りませんでした。

一時間に及ぶ心臓マッサージなど、

お医者様は手を尽くされた。


故飯山一郎氏はすべての西洋医学を否定はしていません。

しかし、最後の「救急車は絶対呼ぶな!」という命令は、

自分の最後は自分で決めるという意味も込められていたんだなと。

つまり、自分の体は自分が一番よく知ってるよ。

3回目はほぼダメだろう。

その時期を自身でコントロールすることはできないが、

それが起こってしまった以上、潔く受け入れるしかない。

そうした、命令であったと思います。


最後の最後まで、自身の生き方に忠実であったと思います。

翌午後、ご子息が駆けつけてくださり…

「13年もよく生き延びた。奇跡です。」

「非常識な健康法を実践したことも決して間違っていなかったと思う」

「父らしい生き方であったと、むしろ志布志の皆様に感謝したいくらいです」

こう言葉をかけていただき、何もできない無力感に沈み切っていた

居合わせた数少ないメンバーもすくわれた気持ちでいっぱいになりました。

我々は、自身の最後を見事に自身で理解し、

じたばたするな! どうしようもないことも世の中にはあるんだ!

それはそれで受け入れろ! これが鷲の最後のメッセージだ!


ああすればよかったのかもしれない、前兆はなかったのか、

最近無理しすぎていたし、止めればよかった…など等。

後悔とも、反省とも、言いようのない割り切れない感情に

沈み切っていたのですが、

結局、故飯山一郎氏の判断を尊重することが正しかったと思います。


しかし、現実の現場ではそれは許されません。

命令に反し救急車を呼び病院に搬送したのですが、

処置の甲斐なく、結局ご本人の判断通りになったのです。


心臓の機能が弱いため、(普段は軽く心臓に持病があるんだ、ハハハと)

第二の心臓と言われる下半身、特にふくらはぎを鍛えたり、

血流に人一倍気を使ったりした理由はお分かりになると思います。

そして、自身の最後を見事に自身で判断しきった!

見事であったと…。


ただ、その時期だけは人知の及ぶ範囲ではなかった。

まだまだやりたかったことも山ほどあったと思いますが、

それよりも大事なことを最後に実践されたのだ。

そのように私は思い至り、改めてすごい人物であったなと。

眠るような表情のなきがらを見ながらしみじみと感じ入りました。


あっぱれ、飯山一郎!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


83:堺のおっさん : 2018/07/25 (Wed) 13:49:08

数多くの皆様からの哀悼の書き込みが寄せられています。

生前の交友の広さがうかがい知れます。

どうぞ、思いのままに書き込んでいただきたいと思います。


3.11以来、志布志には10,000人もの来訪者があったそうです。

その数にも驚かされますが、すべての来訪者に丁寧な対応をされたそうです。

故飯山氏に面会された方のほとんどが、その人間性に魅了され、

常識にとらわれない世界観に衝撃を覚えたはずです。


また、誤解や悪意の誹謗も数多く経験された。

これも記録的な量に及ぶと推察されます。


しかし、そんな意見に対し生き方まで含めた対応をされたのも

記憶に新しい所です。


分かる人にはわかる! わからない人にはわからない。

これは議論を尽くす気がないということでもなく、

議論の目的が勝った負けたでもなく、

他の意見を受け入れないということでもなく、

実は個々人の意見と生き方が、

密接につながっているという事実に

着目したからではないでしょうか。

意見を変えるには生き方が変わらないと変わらない。


そこで生まれたのが賛否両論でもあった「ビンボ~人」。

「貧乏人」でもなく、「ビンボー人」でもない造語。

資産や収入に対して定義するものではなく、

前向きな生き方をできるかどうかを問う「ビンボ~人」


座敷牢という斬新な仕組みを考案したのも同じ発想からでしょう。

罵詈雑言を浴びせあうだけのネット掲示板にも新たな手法を確立された。


故飯山一郎氏は、3.11を生き抜いた多くの日本人に

前向きな生き方をしてほしいと。

すべてはこの一点から打ち出されたものであったと思います。


前向きな生き方を選んでいこうという日本人が

てげてげ、放知技、文殊菩薩の読者から大勢生まれている。

これ以上の供養はない。皆様に感謝です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「建築とかあれこれ 呪いもあれこれ」 より

(http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-10996.html)

2013/09/30(月)  この世で生まれ変わる方法

<鷲は、この動画に「遺言」を埋めこんだ…>


鷹が 長生きするために ある選択をした。この鷹、鷲に似てる猫~。


この夏…、鷲は徹底的に心身を鍛えた。心身とは、心と身体でR。

きょうは鷲がやった自己鍛錬について書きたい。

豆乳ヨーグルトを一日に80cc。これだけで鷲の小腸からは腐敗菌が消え、発酵状態になり、小腸パイエルあたりで免疫細胞(マクロファージやNK細胞)が増える。

この免疫細胞を血流に乗せて全身に運ぶためには、運動と日光浴と入浴、この3点セットがベスト。

運動は、急な坂道を大股・早足で駆け上がるウォーキングがベスト。

鷲は心臓が弱く不整脈も出ていたが…、この急坂ウォーキングを休まず続けているうちに、治った!

最初は苦しくて心臓がパクパク言ってたが、治った!
いま67才の鷲の心臓は40才代だ。不整脈などは皆無だ。

あ、少食・粗食で一日一食。これも辛かった。
みるみる痩せていったが、ある時点でピタリと止まり…、今はチョッと余計に食べるとグ~ンと太ってしまう。腸内細菌が一気に何兆個も増えてしまうからだ。

鷲の生存エネルギー=栄養分は、今は、この栄養分(脂質と蛋白質)たっぷりの腸内細菌だ。

いまの鷲は、食べ物の栄養分で生きているのではない。
腸内でどんどん増殖する微生物の死骸(脂質と蛋白質)で生きている。

この腸内微生物にはミネラル分(微量元素)を与えるだけでEーのだ。これだけで腸内微生物は自然に増えてゆく。

炭水化物・脂肪・蛋白質。この三大栄養素がゼロの笹や竹の葉しか食べないパンダが、あんな大きな骨格と筋肉をつくれるのは、腸内微生物のおかげだ。

三大栄養素がゼロの草しか食わないウシの解剖に立ち会ったことがあるが、ルーメン(第一の胃袋)の中には、アメーバみたいな目視できる微生物も含め、ウジャウジャと膨大な数の微生物がいた!

この腸内微生物が栄養源となって、ウシは、あんなに大きな哺乳動物になるのだ。

ウシやパンダに学べ!つーか腸内細菌を増やせば、人間は食わなくても生きていける。

ウシやパンダに学んでいるうちに、鷲は、黒豹 になった。

少食・粗食、運動、日光浴のおかげで鷲は別人になった。
生きかえって、生まれ変わって、仙人になった。

だっから来年からは、「薩摩の黒豹」ではなく、「薩摩の仙人」と呼んでもらおうかなぁ、とかと考えている。マジで。
ワハハ。

おっと、自分のことを書き過ぎた…。
こんな長文の駄文なんか、ほんと、読まなくてもEかったのに~。

ただし、上の動画はフルスクリーンにして、何回も何度も何遍も、気を入れて視聴して猪ー大寝!>皆の衆

上の動画は、あと20年は生きる鷲の「遺言」なんだから寝!

飯山一郎のブログより
(http://grnba.secret.jp/iiyama/more49.html#st09301)

・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by mohariza12 | 2018-07-25 23:58 | 生き方 | Comments(0)
2018年 04月 14日

そろそろ、投稿再開します。

2017年 11月 12日 より、ここで記事を記さなくなり、またそれ以前も、偶々の投稿でしか ありませんでしたが、

そろそろ (記す時間的余裕は無いのですが・・・)このブログを再開したいと思っています。

此処まで溜まった色々な事象があり、それへの思いを記すか?は、分かりませんが、

まず 身近な思いから 記して行きたいと 思います。

新たな投稿記事が無いままのこのブログにお越しになった方々には、
大変失礼しました。

半端な再開は、私自身が許さず、ずっと このブログを放置状態にしていました・・・。

もはや 放置していては、いつ 死すか?分らない歳になったので、

記録として、分かる方にでも 伝えられることがあるのなら、記すことが 意味があるのか…?と、

思い、今 記しています。


[PR]

by mohariza12 | 2018-04-14 23:37 | ブログ | Comments(0)
2017年 05月 16日

<フクイチと阿倍問題>での展開は、機が熟してからに・・・

2017年 05月 07日 付けの「連休中には記すつもりでしたが・・・」で、

<なお、記事としては、
副島隆彦+SNSI副島国家戦略研究所著の「エコロジ-という洗脳」(地球温暖化サギ利権を暴く[12の真論])(2008年初版/成甲書房)の主旨と感想を踏まえ、
フクイチと阿倍問題を取り上げようと思っています。>
と記し、ブログを更新するつもりでしたが、

中々、フクイチと阿倍(首相絡みの)問題と、

「エコロジ-という洗脳」に記してあった
<現在の環境問題も、世界的に人るが直面する地球規模(グローバル)の危機として煽られて、なぜか世界共通で世界共通で人類ひとりひとりが皆一緒に対応しなければならない「環境問題」としていつの間にかキャンペーンが張られ、メディアで喧伝され現在にいたるのである。(p133)>等を絡め、

スッキリと、一般の人が率直に納得できそうな言葉で表現することは、

難しく、

政治絡みのコトを、このブログで 公にするのは、

まだ、私の中では、熟して無いようです。

・・・・・・・・・・・・・・・

何も更新して無くても、このブログにお越しなっている方が、
まだまだ おられるので、

新ネタを記したい、とは思っていますが、

<フクイチと阿倍(首相絡みの)問題>での展開は、
もう少し 後にして、機が熟してからにして、

他のネタで、再開したいと思います・・・。

[PR]

by mohariza12 | 2017-05-16 21:23 | ブログ | Comments(0)
2017年 05月 07日

連休中には記すつもりでしたが・・・

連休中には、ブログ記事を記すつもりでしたが、
しばらく文を記すことが無く、億劫がって、書き出せずいて、
ようやく 素行を記し出しましたが、
連休には間に合いませんでした・・・。


なお、記事としては、
2回読んだ
副島隆彦+SNSI副島国家戦略研究所著の「エコロジ-という洗脳」(地球温暖化サギ利権を暴く[12の真論])(2008年初版/成甲書房)の主旨と感想を踏まえ、
フクイチと阿倍問題を取り上げようと思っています。
[PR]

by mohariza12 | 2017-05-07 23:05 | ブログ | Comments(0)
2017年 05月 01日

半月過ぎても、ブログを記さないままで済みません。

2017年 04月 12日 に「(続)ブログ再開にあたって 」と記してから、
半月過ぎても、ブログを記さないままで済みません。

怠け癖がついて、ずいぶん成りますので、

ブログを記さないと、精神的に不安になる、と云うことも無くなり、

記すべき時が来、記さないといけない、と 思う時に

記そう、と 思うようになっていました…。

そろそろ 連休中に 今まで溜まっていた様々なコトを

記そう と 思っています。


[PR]

by mohariza12 | 2017-05-01 22:34 | ブログ | Comments(0)
2017年 04月 12日

(続)ブログ再開にあたって

ブログ再開にあたって、私の立ち位置をはっきりさせないといけないと思っています。

まず、私は 権力に烏合することはしません。
(立場上、建築設計の仕事についていた身で多くの権力ある組織等とは付き合っていましたが・・・、)
これまでもそうでしたが、今後も 権力ある組織・人にひれ伏し、阿(おもね)る生き方はしたくはありません。

単なる<反権力>者ではありませんが、
世の中の人たち皆が 賛同することがあったなら、それは どこか オカシイ!と思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう云う意味で、米国大統領選のマスコミによる 反トランプには、何か キナ臭さを感じ、

「安倍晋三記念小学校」問題での、だんまりを決めていたテレビ、新聞とも マスコミが急に各社一斉に乗り出した件も
キナ臭さを感じていました。

阿倍首相が、反軍産(主義者とされる)トランプと手を組んだことを嫌う軍産勢力(:ネオコン)からの陰謀との説もあり、
しばらく状況を観ていました。

ここで、反軍産(:反ネオコン)と見られていたトランプが(証拠も無いのに、いつもの米国のやり方で)シリア攻撃をおっぱじめ、
もはやトランプが反ネオコンの立場からネオコン側に近づきつつあるのは(演技としても)明らかで、

また、アメリカ等の軍産の為、世界で戦争をやりだすのか…?と心配をしています。

飯山氏によれば、(http://grnba.secret.jp/iiyama/)
阿倍首相は、 フクイチの沈静化(:鎮圧)のため、ネオコンと縁を切り、プーチンと協議を重ねている、とのコトですが、

トランプの様に 路線変更もあるので、

・・・私は世の中に<絶対の正>も<絶対の悪>も無い、と思っていますので、

まだ見守る必要はある、と思っています・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政治記事は、刻々と変わり、身近の問題にはなりますが、

どちらにしても、傍観者にはなりたくありませんが・・・、

冷静に処し、



私は、私のできる能力(範囲)によって、<世の中の何故?>を今後とも探究して行きたいと思っています。







[PR]

by mohariza12 | 2017-04-12 22:58 | ブログ | Comments(0)
2017年 04月 09日

ブログ記事を再開にあたって・・・

久しぶりの(本来の)投稿になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「阿倍○○問題」の発覚は、新聞、テレビが騒ぎ出す前から 知っていたことで、

何故 急に騒ぎ出したのか? 不思議に思っていました。

・・・・・・・・・

政治関係は、このブログで記さない、としてから ずいぶん経ちますが、

その理由は、この私のブログでは、政治的なことを敢えて叫ぶことが主では無く、
あくまでも 私が世の中、(宇宙を含めた)世界の疑問を提示し、その疑問の解明に少しでも
迫りたい、と云う主旨に興味を持った方が多い、と思い、


特定の政治(主張)をこの場(ブログ)で開示することは、

それら(不特定多数の)主義主張が違う、政治感(観)が違う人たちが
戸惑うように思われたからでも あり、

ある種 私の「逃げ」でもありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、「フクイチ(:福島第一原発事故<:核爆発>)」を マスコミ・政府は 終息にしたがっていますが、
終息の状況には ほど遠く、
日本列島の破局へ向かっているかも知れない状況に向かっている様です。

その様な状況でも、マスコミ等は 国民には知らせず、
オリンピック等で関心を逸らす政治には いい加減 嫌になっていました・・・。

その中で、
ここ2~3年、ネット上で信頼がおけるブログで、

「アメリカのトランプは、単なる成金上りのホラ吹きとは云えず、

現代世界を牛耳っている ネオコン主義と云ってもよい
世界のグローバル化に異を唱えているかも 知れない」

と、知り、

且、阿倍首相のクリントン朝貢から 手を返す トランプへのすり寄り外交を
辟易しながら、

しかし、ロシアのプーチンともたびたび接触する姿勢を何故?と思いつつ、

その後の動向を見守っていました。

・・・・・・・・・・

その最中で、アメリカのシリアへのミサイル攻撃で、

トランプへの期待も薄れつつあり、

このブログへ投稿も4月3日以降すぐ再開するつもりが、
先延ばしとなりました。

(続く・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










[PR]

by mohariza12 | 2017-04-09 19:42 | ブログ | Comments(0)
2017年 01月 26日

ご無沙汰しています・・・今はヒンディー語とアラビア語を研究中。

月2ほどのブログになって、恐縮しています。
何度か、投稿仕掛けたのですが、途中で操作ミスで投稿文が消えたりして、改めて記すのが面倒になり、ご無沙汰の限りです・・・。

今は、(仕事以外では、)ヒンディー語アラビア語のその文字の研究をしています。

古代エジプト、アラーム語、フェニキア文字等の右から左への文字書きから、
現代のローマ字等の左から右への文字書きへの変化が、
何か 人間の言葉への認識において、
変化があったのか…?とか、考えつつ、
ヒンディー語とアラビア語の文字自身に浸っています。

長い歴史の中で、人間の言葉(:その地の人間がその語族等と話していた言葉)と、
その表現として文字が出来上がった時、
時代の変遷の中で、
言葉(文字)が如何に変遷して行ったか?
の歴史なりを
紐解ければ・・・、と
今は思っています。


[PR]

by mohariza12 | 2017-01-26 20:41 | ブログ | Comments(0)
2016年 12月 31日

年越しの合間に・・・

恒例の年越しの年賀状作成の合間に、私の今年のブログ記事等を振り返ると、
2016年 04月 11日付けの記事(http://mohariza12.exblog.jp/24295347/)の、

「この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは・・・ 」で記した

<2016年03月20日 付けの <真実を伝えるコトとは・・・?
(http://mohariza12.exblog.jp/24236553/)を記した状況から、

世の中は変わらずと云うか?訳の分からない<メクラ騙し>の世迷言(よまいごと)が次々と出て、
何が本質(:大事)か? が、朦朧となっている・・・。
一日の仕事が終わると、この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは、
世の中の この意味の無い 焦点ボケのツクリゴト(:<少しでも>真実に近い部分はあっても・・・)が 勃発しているからか・・・?
何か イライラが募って来て、今やるべきコトに 身が入らないこの頃だ・・・。>から、

このブログで、さっぱり(月 1~2回程度になり)、
ブログ記事を書かなくなった様で、

わざわざこのブログに来られた方には、新しいブログ記事の内容が少なく恐縮してます。
(時事等を含め、)その時点での 多少の思い等 の<記すこと>は あったのですが、
<「記すべきこと」>はその内容で検証し無くては 記されない内容が多く、
どこ(:誰)までその記す内容が及ぶか・・・?を 、考えると 面倒になり、
そのまま 記さないで終わったことが多かったように思います。

来年は、多少 その束縛を緩め 時期に即した思いを記して行こう とは思っています。

時期を逸しては意味無いことが起こりそうなので・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2016-12-31 20:36 | 世の中 | Comments(0)
2016年 09月 29日

新投稿記事は、まだお待ちください。

2016年09月26日 に、 新投稿記事は、もう少し、お待ちください。

コメントしましたが、今日、突発的なコトが重なり、日曜日朝までは対処しないといけないので、
時間と心の余裕は無い様なので、新投稿記事は、まだお待ちください。

でも、何か、世界では とんでも無いことが発生し、(その予兆なリが露呈し出している様で・・・、)

私のブログの記事など、意味無くなる様な気もしているのですが・・・。


[PR]

by mohariza12 | 2016-09-29 21:46 | ブログ | Comments(1)