人気ブログランキング |

mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 07月 27日

遠ざかって済みません。

フェーイスブック(FB)をやり出し、
このブログに価値があるのか?疑問を持ち、もっぱらFBの方に時間が割かれている。

しかし、FBは やはり 長文には向かず、図解を参照しながら 文章を観るには適していないようだ。

(また、やはり、このブログ管理人には今一信用が置けない。
皆さんが見られない リポート報告の数は出鱈目と思われる。)

でも、このブログにはたくさんの財産である記事があるので、存在価値がある,と思っている。

FBの人も、他の人も 参考とされる知識の集大成(…全部では無いが...。)として残しておきます。






by mohariza12 | 2019-07-27 11:33 | ブログ | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 18日

滔々 フェイスブックを始めました。(190718追記あり)

とうとう フェースブック(FB)をやり出した。

一応 実名がある人間相手なので、(実名入り無しに関係なくでFB解読可能と云うことは知っている。私自身二つのFBを持っている・・・。二重の顔でFBを発信している…。まだ、完全分裂した二重人格者になって発信はして無く、そう分裂するコトは無い、と思っている・・・。
相手がFBを開いている際は、直接会話状態になり、いつの間にか1時間ほど過ぎることもある。

FBは 相手が信頼できるか?どうか?が重要になる。

しかし、軽はずみな言葉に注意しないといけないことも習った。

顔を見ての会話ではあり得ないのだが(※直接会話でも、実際は顔を見ないと同じで、誤解しながら会話しているこのもあるのだが…<190718追記>)、そんな積りで記していないのに、急に怒った文面になり、相手を傷つけていたことがいた、と云う文面だった、と云うコト。

私自身は、心が許せる相手の実会話<特に家庭内>では、軽はずみな会話が多く、
<ほとんど ボケ老人扱いだ・・・。>
公や、文章にする時<だけに>は、気を使い、慎重な文面になっているだけ…。

今は、不特定相手ブログFBの違いを学んでいる所…。

信用ある相手には、本音で話しが出来る。
但し、どこでどう繋がって行くか?分らない ので、極力実名のモノは避けている。友達関係を全て知っている訳で無く、全てを一々調べるコトはやってはいない。

このブログで探りを入れている変な人間は読みに来るコトは出来ない筈だ。
しかし、何らかの方法で読むことは可能とは思っているが、そこは開き直っている…。

ブログを開設して、もはやこのブログも使命は終えた 、と最初は思っていたが、
FBは、長文の記事を書くには適さず、いつの間にか、早口の文面になり、スピード感 があるが、
じっくり考えて記すには適さない面もあるコトに気が付いた。
短文で意思を伝えるには、即断即決の思考が必要だ。

添付図面等も貼れるのだが、拡大は可能だが、文の合間にある大きさで貼れるのでは無く、
画面が小さいまま貼り付けられ、まとめた画面に対してのコメントとなる。
多くの画面を貼るのには適して無い。

依って、このブログは閉鎖することは無く、このままじっくりと構え 、(変な人間が覗きに来ているコトを承知で、)記して行くコトにした。

なお FBには、私のブログ先も知らせ、適宜過去のブログ記事にも行きつく様に公開できるようにした。(これで、ほとんど例の件は公にされずに済んだ・・・。

但し、FBもやりながら、ブログを記すには、時間が足らず、今後もこのブログに投稿するには、そんなに時間が割けず、今までと変わらず、週1~2回程度と思って頂きたい・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(初稿:)190714,00:57、(追記:)90718,12:51



by mohariza12 | 2019-07-18 12:55 | SNS | Trackback | Comments(1)
2019年 07月 10日

超宇宙次元論(1)

まだ途中段階で制作を完了してないが、知り合いに画像を送ったので、此処で公開するコトにしました。

大学の同窓会の繋がりで退職祝いに参加した際、知り合ったフリー・

エッセイスト

に、超宇宙次元論の図解を見せましたが、その際「図解の廻りに書き込んでいるコト(理論)は細かくは分からないが、云いたいことは分かる。これらは、文章も含めて 一種の芸術作品として観るべきで、記してあることも作者の思考の内で、芸術作品の中の一部と観るべき。」と云われ、
図解を分り易くコメント等を記すことは かなり難しい作業で、このまま理解してもらうべき図を分解なりして、解説文を細切れに記して行っても、時間が掛かるばかりなので、文
章は半端で、理解でき無くとも、このブログに載せることにしました。

(まだ、解説文等のメモが記された図解は、整理できていないので、順不同で掲載して行きます。
同じ様な図解でもコメント文が少し異なっていたり、図も少し違っています。
記した最終の年月日のみ記します。解説等は基本的に省きます。最小限の言葉は入れますが・・・。
コメント文には(年月日)がなるべく入れて、思考の過程が分かるようにしています。)

e0267429_23531109.jpeg
上記の図解が現在の所の最終段階の「超宇宙次元論」の図解です。

今まで考えていた<どんどん大きくなっている次元宇宙が時間で繋がっている>ことに疑問を持った図解です。



by mohariza12 | 2019-07-10 23:56 | 超宇宙次元論 | Trackback | Comments(1)
2019年 07月 06日

女性の<美>への欲求は、本能なのか?(190706改訂)

私自身は、(動く広告塔>は大嫌い なので、ブランド称号がアカラサマな衣服等は買わない 主義だが、)
とか、模様(:自分が気に食わない 模様柄は嫌!)とか、ある種、こだわりがあるので、
それなりに ファッションには、うるさい(かも知れない)・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(141204メモ、補記、追記)

ある街の歩道を通って、子供を連れた主婦や、若い女性とすれ違って、

ふと、思った・・・。

・・・・・・・・

女性が 香水 を付けたり、顔等に 化粧 をしたり、肌を露出したりした派手な衣服を纏(まと)い、髪形に拘り、イヤリング 装飾品を付けたり、マニキュアをしたりして、<美>を纏う のは、

として、人間の( :男 )を惹きつける (or 惹きつけ続けさせる ) と云う<動物的な性戦略としての作戦>かも知れないが・・・、

女性にとって、それらの行為は、

<自己の美>への(本能的な)欲求があるのでは?

と、思った。

・・・・・・・・・・

そして、民族学等の本等を観ていると、

古代や、現代でも、北アフリカパプアニューギニア等の(未開発の地:古代からの風習が残っている地域)では、
男(: )も、化粧をし、着飾っている コトがある。

今の男性の若者は、ファッションに敏感で、鼻に鼻環(輪)とか イヤリング等をしたり、髪を色付けしたり、髪形を変え、特色を出そうとしているが・・・。

それに対し、年寄世代は 嫌悪感を抱いているようにも思えるのだが・・・。

人間の<美>への欲求は、

他の動物と比べても、

(特に、 との動物的な進化等の<美化>の係わりに関して、)

そう 違わないのか?

いや、他の動物は の方が を惹きつける様にある種着飾っていて、雌は形態的に目立たない様にしているのに、人間だけが、が 美しさを武器にするのは、動物的には異常では・・・?

動物的な社会構造が他の動物社会とは、異なっている・・・?

とか…、

ふと・・・、そう云う 考えが及んだ。

(初稿:2014年12月4日 23:33),(改定:2019年7月6日 19:23)




by mohariza12 | 2019-07-06 19:18 | 男と女 | Trackback | Comments(4)
2019年 07月 02日

<600Ma(:約6億年前:先カンブリア紀末期)の大陸移動図>解説

2019年06月20日付けの

「<600Ma(:約6億年前:先カンブリア紀末期)の大陸移動図>公開」

解説をようやく記します。
e0267429_23555754.jpeg
(6月20日に掲載した図を詳細に観れば記されているのですが、判読出来かねると思いますので、焦点を絞って記します。特にウラン問題に関して・・・。)

先カンブリア紀末(600Ma<約6億年前>)に超大陸ロディニアが発生と同時に、ロディニア大陸とゴンドワナ大陸に分裂し出します。
カンブリア紀爆発(:あらゆる種類の生物の大発生)前の約610Maから550Maにはエディアカラ生物群が南北緯度30°付近に発生したと思われます。

北緯45°西経10°付近にあったと思われる超大陸が、<SHP1>(:スーパーホットプリューム)から分裂して行き、600Maに各大陸が南極点近くに一旦集合し、超大陸ロディニアが発生するのです。
小大陸が集合するのは、各大陸が合体する際、沈み込んだコールドプリュームが引き寄せるのですが、沈み込んだたコールドプリュームが核に落下し、また、超大陸からホットプリューム<HP>(マグマ)が噴出し出します。
それが、600Ma頃です。

(参照:2015年05月07日付けの「最新の<宇宙を含む地球システム図>掲載延期の件」の<宇宙を含む地球システム図>)
e0267429_21204045.jpg


650Maに全球凍結が起こりますが、600Maに一旦脱して来ましたが、まだ570Maまで氷河期は続いていた とされています。

この頃、ドイツの a&o bueroの2013年放送(プロデューサー:ロベルト・タッソ・プリン)を2013年12月20日にNHK BS1「BS世界のドキュメンタリー」の「原子力発電の今<原発はアフリカへ?>」で放映された様に、アフリカでウランが大発生したようです。

それは、600Maから500Maに掛け、600Maにアフリカ大陸が超大陸ロディニアの分裂の際、形成されますが、サハラ砂漠の地下やニジェールのアルリッドの砂漠、コンゴウガンダタンザニアのバヒ湿原等で大量のウランが形成されます。
それは、600Maは、まだアフリカは陸として緊結な状態で無く陸には水は溜ら無い状態で、化石水の70%は失われた からと思われます。

(続く・・・)



by mohariza12 | 2019-07-02 23:57 | プレートテクトニクス | Trackback | Comments(0)