mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 25日

「てげてげ」の飯山一郎氏が亡くなった報を知って・・・

知る人ぞ、知る 「てげてげ」の飯山一郎氏が7月20日に亡くなった報を今日知った。

氏を知るのは、「フクイチ」からだが、最近(1~2年前)の阿倍礼賛への転向は、どうも納得行かなかったが、

氏の独特な「我が道を行く」信念は、中々貫けるものでは無く、

7月19日以後、ブログが更新され無くなって、もしや・・・?、とは 思ったが、

20日に死去された、とは 驚いた・・・。

超人的な精神力と肉体を持っているのか・・・?、と 思っていたのに、

その報を知って、ビックリした。

今後、氏のような左右をメッタ切りする輩は、中々出て来ない、と思われる。

心からご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下 他のブログ等からの引用・・・。)

★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡

<http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16507984>

飯山一郎氏による、日本人の希望と力強い生き方を発信し続けた功績に感謝する。

1:堺のおっさん : 2018/07/24 (Tue) 17:58:18

平成30年7月20日の未明に、飯山一郎先生が急性心不全にて永眠されました。享年72歳でした。

飯山一郎先生は以前にも心筋梗塞で入院されたことがあり、今回は三回目の発作でした。

2005年に心臓発作で倒れた時は生死の境を彷徨いましたが、病を強い意志で克服してきた13年間でした。


7月23日、ご遺族のご意向により家族葬にて葬儀がしめやかに執り行われました。

ファンの皆様からのご要望により、「飯山一郎先生を偲ぶ会」の開催を検討しております。

場所や時間などの詳細は後日改めて発表させていただきますのでご了承ください。

皆さまのご理解とこれまでのご支援に、心より深く感謝を申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・

99:堺のおっさん : 2018/07/25 (Wed) 20:01:41

結論から言いますと、西洋医学の救急蘇生法が

生命維持をできる状況ではなかった。

故飯山氏の最後の言葉は、薄れいく意識の中で発された。


「救急車は絶対に呼ぶな!」


この命令に反して救急車を呼び、

一通りの措置を施していただいたのですが、

結果は蘇生に至りませんでした。

一時間に及ぶ心臓マッサージなど、

お医者様は手を尽くされた。


故飯山一郎氏はすべての西洋医学を否定はしていません。

しかし、最後の「救急車は絶対呼ぶな!」という命令は、

自分の最後は自分で決めるという意味も込められていたんだなと。

つまり、自分の体は自分が一番よく知ってるよ。

3回目はほぼダメだろう。

その時期を自身でコントロールすることはできないが、

それが起こってしまった以上、潔く受け入れるしかない。

そうした、命令であったと思います。


最後の最後まで、自身の生き方に忠実であったと思います。

翌午後、ご子息が駆けつけてくださり…

「13年もよく生き延びた。奇跡です。」

「非常識な健康法を実践したことも決して間違っていなかったと思う」

「父らしい生き方であったと、むしろ志布志の皆様に感謝したいくらいです」

こう言葉をかけていただき、何もできない無力感に沈み切っていた

居合わせた数少ないメンバーもすくわれた気持ちでいっぱいになりました。

我々は、自身の最後を見事に自身で理解し、

じたばたするな! どうしようもないことも世の中にはあるんだ!

それはそれで受け入れろ! これが鷲の最後のメッセージだ!


ああすればよかったのかもしれない、前兆はなかったのか、

最近無理しすぎていたし、止めればよかった…など等。

後悔とも、反省とも、言いようのない割り切れない感情に

沈み切っていたのですが、

結局、故飯山一郎氏の判断を尊重することが正しかったと思います。


しかし、現実の現場ではそれは許されません。

命令に反し救急車を呼び病院に搬送したのですが、

処置の甲斐なく、結局ご本人の判断通りになったのです。


心臓の機能が弱いため、(普段は軽く心臓に持病があるんだ、ハハハと)

第二の心臓と言われる下半身、特にふくらはぎを鍛えたり、

血流に人一倍気を使ったりした理由はお分かりになると思います。

そして、自身の最後を見事に自身で判断しきった!

見事であったと…。


ただ、その時期だけは人知の及ぶ範囲ではなかった。

まだまだやりたかったことも山ほどあったと思いますが、

それよりも大事なことを最後に実践されたのだ。

そのように私は思い至り、改めてすごい人物であったなと。

眠るような表情のなきがらを見ながらしみじみと感じ入りました。


あっぱれ、飯山一郎!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


83:堺のおっさん : 2018/07/25 (Wed) 13:49:08

数多くの皆様からの哀悼の書き込みが寄せられています。

生前の交友の広さがうかがい知れます。

どうぞ、思いのままに書き込んでいただきたいと思います。


3.11以来、志布志には10,000人もの来訪者があったそうです。

その数にも驚かされますが、すべての来訪者に丁寧な対応をされたそうです。

故飯山氏に面会された方のほとんどが、その人間性に魅了され、

常識にとらわれない世界観に衝撃を覚えたはずです。


また、誤解や悪意の誹謗も数多く経験された。

これも記録的な量に及ぶと推察されます。


しかし、そんな意見に対し生き方まで含めた対応をされたのも

記憶に新しい所です。


分かる人にはわかる! わからない人にはわからない。

これは議論を尽くす気がないということでもなく、

議論の目的が勝った負けたでもなく、

他の意見を受け入れないということでもなく、

実は個々人の意見と生き方が、

密接につながっているという事実に

着目したからではないでしょうか。

意見を変えるには生き方が変わらないと変わらない。


そこで生まれたのが賛否両論でもあった「ビンボ~人」。

「貧乏人」でもなく、「ビンボー人」でもない造語。

資産や収入に対して定義するものではなく、

前向きな生き方をできるかどうかを問う「ビンボ~人」


座敷牢という斬新な仕組みを考案したのも同じ発想からでしょう。

罵詈雑言を浴びせあうだけのネット掲示板にも新たな手法を確立された。


故飯山一郎氏は、3.11を生き抜いた多くの日本人に

前向きな生き方をしてほしいと。

すべてはこの一点から打ち出されたものであったと思います。


前向きな生き方を選んでいこうという日本人が

てげてげ、放知技、文殊菩薩の読者から大勢生まれている。

これ以上の供養はない。皆様に感謝です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「建築とかあれこれ 呪いもあれこれ」 より

(http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-10996.html)

2013/09/30(月)  この世で生まれ変わる方法

<鷲は、この動画に「遺言」を埋めこんだ…>


鷹が 長生きするために ある選択をした。この鷹、鷲に似てる猫~。


この夏…、鷲は徹底的に心身を鍛えた。心身とは、心と身体でR。

きょうは鷲がやった自己鍛錬について書きたい。

豆乳ヨーグルトを一日に80cc。これだけで鷲の小腸からは腐敗菌が消え、発酵状態になり、小腸パイエルあたりで免疫細胞(マクロファージやNK細胞)が増える。

この免疫細胞を血流に乗せて全身に運ぶためには、運動と日光浴と入浴、この3点セットがベスト。

運動は、急な坂道を大股・早足で駆け上がるウォーキングがベスト。

鷲は心臓が弱く不整脈も出ていたが…、この急坂ウォーキングを休まず続けているうちに、治った!

最初は苦しくて心臓がパクパク言ってたが、治った!
いま67才の鷲の心臓は40才代だ。不整脈などは皆無だ。

あ、少食・粗食で一日一食。これも辛かった。
みるみる痩せていったが、ある時点でピタリと止まり…、今はチョッと余計に食べるとグ~ンと太ってしまう。腸内細菌が一気に何兆個も増えてしまうからだ。

鷲の生存エネルギー=栄養分は、今は、この栄養分(脂質と蛋白質)たっぷりの腸内細菌だ。

いまの鷲は、食べ物の栄養分で生きているのではない。
腸内でどんどん増殖する微生物の死骸(脂質と蛋白質)で生きている。

この腸内微生物にはミネラル分(微量元素)を与えるだけでEーのだ。これだけで腸内微生物は自然に増えてゆく。

炭水化物・脂肪・蛋白質。この三大栄養素がゼロの笹や竹の葉しか食べないパンダが、あんな大きな骨格と筋肉をつくれるのは、腸内微生物のおかげだ。

三大栄養素がゼロの草しか食わないウシの解剖に立ち会ったことがあるが、ルーメン(第一の胃袋)の中には、アメーバみたいな目視できる微生物も含め、ウジャウジャと膨大な数の微生物がいた!

この腸内微生物が栄養源となって、ウシは、あんなに大きな哺乳動物になるのだ。

ウシやパンダに学べ!つーか腸内細菌を増やせば、人間は食わなくても生きていける。

ウシやパンダに学んでいるうちに、鷲は、黒豹 になった。

少食・粗食、運動、日光浴のおかげで鷲は別人になった。
生きかえって、生まれ変わって、仙人になった。

だっから来年からは、「薩摩の黒豹」ではなく、「薩摩の仙人」と呼んでもらおうかなぁ、とかと考えている。マジで。
ワハハ。

おっと、自分のことを書き過ぎた…。
こんな長文の駄文なんか、ほんと、読まなくてもEかったのに~。

ただし、上の動画はフルスクリーンにして、何回も何度も何遍も、気を入れて視聴して猪ー大寝!>皆の衆

上の動画は、あと20年は生きる鷲の「遺言」なんだから寝!

飯山一郎のブログより
(http://grnba.secret.jp/iiyama/more49.html#st09301)

・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by mohariza12 | 2018-07-25 23:58 | 生き方 | Comments(0)
2018年 07月 22日

日中で違う句読点。表記の違いをやっと知り、一種 斬新な感覚を持つ・・・。

いつもブログを観る際、(最近はすっかり書き込みが無くなっている…、)「ミクロネシアの小さな島・ヤップより」(https://suyap.exblog.jp/)から、色々なブログにアクセスするが、

今日、何回か拝読していた「居(何清」と云う中国系の方のブログを読んだ、

トランプの”全方位戦争”の狙いはグローバル構造の再構築  2018年07月11

http://heqinglian.net/2018/07/16/%e2%98%85%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e5%85%a8%e6%96%b9%e4%bd%8d%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%81%ae%e7%8b%99%e3%81%84%e3%81%af%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ab/

と云う記事を読み、違和感を覚えた


(下記、文。
但し、その分をコピーし、貼り付けても、日本語の漢字変換の法則で文が構成されるので、その違和感は直接は伝わらない…。

·
7
6日、米中貿易戦争が正式に始まりました。各国の大メディアは、双方の課税対象リストの品々をチェックするのに大忙しです。興味深いのは、誰も予想しなかった米中のこれまでの役割がすっかり入れ替わってしまったことです。中国はなんと、グローバリズム進展の擁護者、現在の国際秩序のガードマンとなって、自ら「人類の運命共同体の建設者」となり、一方、米国は国際秩序を覆そうとする者になったのです。これが滑稽なのは、この国際秩序とは、第二次大戦以後、米国がお金も力も費やして築き上げ、維持し、国際社会に提供してきた「世界の公共財」だという点です。

何故、句読点が日本と違うのか?単なる文字化けの様なものか? と思い、中国語に関し、ネットで調べて行って、やっと理解した。


中国語の句読点やコンマなど標点符号(記号)の使い方 (http://chugokugo-script.net/kiso/kutouten.html)で、
日本語と中国語の句読点の使い方の違い>が記されていて、


· これら標点符号を使う上で気をつけたいのは、中国語の文章は日本語の文章と比べて、一般に句点「。」をつける頻度が少なく、一つの意味の切れ目が来るまでコンマ「,」で長々と続ける形が多いことです。
日本語の文は述語が終止形になっていればそこに句点「。」が来ますが、中国語の文ではしばしばコンマ「」をつけて続けていきます。そして意味のかたまりがおおよそ終わったところで句点「」をつけます
もちろん書く人によって個人差はありますが、句点「。」で文を終了させる長さは日本語文より長くなることが多いです。
· 中国人に日本語の文章を書いてもらうと、述語が終止形になっているのに読点「、」やコンマ「,」で続けていき句点「。」が出てこなかったりするのですが、これは中国語に活用がなく、したがって終止形というものがないことに起因する のでしょう
· 逆に日本人が中国語の文章を書く時、述語ないし述語+目的語を書き終えたところですぐ句点「。」にせず、おおよその意味の切れ目まではコンマ「,」で何文か続けていくと中国語文らしくなったりします。>とあったが、

注目は、
簡体字と繁体字は、句読点とコンマの位置が違います。
簡体字は日本語と同じく下につけますが、繁体字真ん中につけるのです>とあり、
やっと、理解した(合点がいった)。

<日本語の漢字:「当用漢字」は、戦後、1850の漢字が簡略化されたが、
中国(中華人民共和国)でも、1956年に漢字が簡略化され、「簡体字」と名付けられた。
一方、台湾や香港では昔ながらの漢字がそのまま使われ、簡体字が使われることは無く、この昔のままの漢字を「繁体字」と言うが、>

是非、
日本語と中国語の句読点の使い方の違いhttps://the.nacos.com/information/character/charset/023.phpにアクセスして、中華人民共和国の「簡体字」表記の(横書きの)中国語新聞「人民日報」と、中華民国の「繁体字」表記の(縦書きの)中国語新聞「中央日報」を見て頂きたい。
(また、居(何清」にもアクセスし、)私が感じた<違和感>を感じていただきたい。

私は、香港に行ったことが2度あるが、「繁体字」の新聞等を見ないままでいて、
句読点とコンマの位置が文字の真ん中にある経験が無かったので

それに接し、誤記で
無く、正式の文字表記と知って、一種 斬新な感覚を持ち、
文字表記(:言葉)は益々面白い!と思った。


なお、<中国語には、昔から句読点はあったのか?>とふと 思ったが、
Wikiiでは、
中国には古くから句読点に相当する記号が存在した。たとえば戦国時代郭店楚簡には句読点に相当すると思われる記号が付されている。後には句点と読点を区別する工夫も行われた。
しかし、句読点を記すことは必須ではなく、大部分の書物には句読点が書かれていなかったため、読む側で句読点をつける必要があった。
20世紀にはいると西洋の影響で区切り記号を使用することが試みられ、これを「新式標点」と呼んだ。
>とあった。


また、句読点に関して、

中国語では、縦書きでも横書きでも「,。」の組合せを用いる。「」は日本の中黒に相当する別の記号である。

朝鮮語の場合、大韓民国では1988ハングル正書法附録で、縦書きでは「、。」を、横書きでは「,.」を用いるとしていたが、縦書きがほとんど使われないため、2015施行の改正で「、。」は削除された。それ以降、縦書きにおいても「,.」が用いられる傾向にある。

北朝鮮では1954年の朝鮮語綴字法以来「,.」のみを使用すると規定されている。>とあり、

台湾等の「繁体字」の表記に関しては、記して無かった・・・。




[PR]

by mohariza12 | 2018-07-22 22:43 | 言葉 | Comments(0)
2018年 07月 16日

FIFAワールドカップで決勝まで行ったクロチア人の氏名に何故「…イッチ」が多いのか?

2018-07-08付けで、記そうとした『ロシア戦に勝ったクロチア人の氏名に「…イッチ」が多いのか?の語源にまつまる記事』は、
何故か、投稿後、『<-ic(註:cの上に')>は表記できません。』とあり、投稿文が消えてしまい、すっかり、やる気をなく、そのままでしたが、また、再挑戦します。
(クロアチアは、その後も快進撃を続け、決勝でフランスには負けてしましましたが、ユーゴー分裂後、小国に陥った国なのに、あっぱれ!と思っています。)

・・・・・・・・・・・・・
クロアチア語は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群言語で、クロアチアおよびボスニア・ヘルツェゴビナの公用語です。

1991クロアチアユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立する前は、セルビア語と同一の言語としてセルビア・クロアチア語として扱われていましたが、
ユーゴスラビア解体後にそれぞれが別言語と主張されるようになりましたが、元々両者の違いは細かい正書法や表現の差異程度であり、現在でも非常に近い関係にあり、
セルビア語が
アルファベットとしてキリル文字ラテン文字を使用するのに対し、現在のクロアチア語ではもっぱらラテン文字を使用する違いに過ぎない様です。

色々、ネットで調べましたが、図書館で本を借りて、調べるべき内容もありますが、
概要としては、語源的には下記の内容になるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

クロチア人を含む、ボスニア人の姓は、他の南スラヴ地域におけると同様、
誰か(ほぼ、男性に限定された)祖先のファースト・ネーム綽名(あだな)、職業に基づいて、大部分造られる。
家族の名(ファミリー・ネーム)は、ほぼ80%のケースで、
ファースト・ネームまたは職業[名]、または、これら二つの何らかの組み合わせ[名]の
所有属格(生格)
-ov, -evが付き、属格(生格)語尾で、ロシア語の-由来の」のような形容詞)に、
(但し、クロアチアの選手には、vic(ビッチ) 姓より、ic(イッチ)姓が多かったように思えるので、所有属格が無い性が多いのか?と思っている。
接尾辞の(指小辞形の意味として)
-ic [イッチ (註:cの上に')]を加えて造られる。

実例として、

  
kovac(職業-意味は、スミス[鍛冶屋])
Kovac 所有属格は、Kovacev で、接尾辞 -ic を加えると、Kovacevic になる。
  
Adem
Adem の所有属格は、Ademov で、接尾辞 -ic を加えると、Ademov Ademovic になる。

指小辞の「-ic」は、
Adem に付けると、Ademic になり、意味は、「アデム」という人名に対し、「小アデム」というような意味となり、
父を「アデム」、息子などを「アデム」と云ってもよく

職業名にも付けるのですから、結局、「由来的子孫」の意味に大体なり、
男性の場合は、「の息子」と云っても良いようです。

・・・・・・・クロアチア語に限定しての由来は、まだまだ調べるべきと思いますが、概略は上記の様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(180721追記)

指小辞の「-ic」(:「イッチ」)は、

旧ユーゴというかバルカン半島あたりの言葉で

「~の息子」「~の子」を意味する言葉で、

英語圏だと「~ソン」(リチャードソン)のような、
北欧の「~セン」(アンデルセン
フィンランドの「~ネン」(ライコネン
ロシア系の「~」(ゴルバチョ
ポーランド系の「~スキー」(チャイコフスキー
(※「スキー」は「~の一族」の意味があり、チャイコフスキーは「チャイカの息子の一族」
なども同じの様です。






[PR]

by mohariza12 | 2018-07-16 23:50 | 言葉 | Comments(1)
2018年 07月 09日

<「ブレード ランナー」の秘話映画を観た… (追記)> (今後も追記あり…)

ブレード ランナー(Blade Runner)」は、1982年(昭和57年)公開のアメリカ映画だが、
原作のフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は読んだことはあるが、
あくまでも原案と云って良い、ほど 小説からは、かけ離れた その当時から観た(考え出された)<約37年後の>近未来の2019年のロサンゼルスを描いていた。

自宅には、昭和58年発行の中子真治著の「SFX映画の世界 -SFX CINEMATIC ILLUSION-」があるが、
それを見ても、その当時のSFX映画の世界は、現代の安直なデジタル・データー合成(SF)映画全盛の時代から振り返っても、当時の時代においても、また現代から観ても、「ブレード ランナー」は傑出していると思う。





e0267429_17260575.jpeg
上記のミニチュアを基に、大気汚染や濃霧の状態を表現する為に液体窒素や、ミネラル・オイルを気化させるフォグ・マシーンが使われ、
これがミニチュアの奥行き感を更に引き立てて巨大感を出していたが、
カメラに写らない部分にはディテールは無くベニヤ板や角材のままだった。

・・・・・・・・・・・・・・
(追記:180721)【 ブレードランナー・撮影秘話集 】より(http://kajipon.sakura.ne.jp/cinema/blade-runner.html

ブレードランナーはCG映像(デジタル処理)の技術がない時代 であり、模型を使った最後のアナログSF映画とされる。
最も費用がかかるのが特殊撮影だが、リドリーは特撮場面を30回も撮り直したので、当然ながら予算オーバーしてしまった。3ヶ月間にわたって夜間に撮影され、徹底的に雨を降らし、役者は連日ズブ濡れに。

ある映画関係者が「ブレードランナーのような作品は二度と作られない」と言っていたが、メイキングを見るとそれはけっして大袈裟ではないと思う。
その世界観の独創性、哲学的な脚本、役者の名演、カメラマンの高度な撮影技術、荘厳な音楽など、すべてが奇跡的に融合しており、現場では雨中のオールナイト撮影で肉体がボロボロになる中で、作り手の精神だけが研ぎ澄まされていったようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0267429_17273039.jpeg
そのようなものから、上の画像の様なリアルがな近来世界を創造して行ったスタッフはすごいと思っている。


多国籍国家の集積の都市と云って良いロサンゼルスの近未来の都市空間に、
大気汚染と酸性雨が降る大都会の中に、映画公開当時の日本の東京や大阪の高架下や路地裏の商店街を想わせる風景が表現されても、少しも違和感が無く、
近未来は、益々多国籍な集合体になるのでは…、と思わせた。




e0267429_17250199.jpg




駅舎内を警察署内として使用し、ロサンゼルス・ユニオン駅等 実物の建物で撮影されたものは、建物の一角にセットを組んだが、
現役で使用されている建物のため、使用できるのは営業外の夜から翌朝にかけての深夜に限定され、急いでセットを組み上げ撮影準備を完了させてから、引き払い期限の午前6時までの間、純粋な撮影時間は1日あたりわずか10分程度しかなかったという、超ハードスケジュールだった様だが、
現物の建物を使い、SFXで合成し、近未来世界を創出するのは、生身の肌感があり、
自分が映画の近未来の世界に溶け込ませる効果があり、

安直なデジタル・データー合成映画では、とても出せなかった、と思う。

たぶん、今後この様な手法は、予算面もあり、二度と製作出来ないかも知れない・・・。

なお、SFファンの私としては、円谷英二特殊監督の初代映画「ゴジラ」が、
脚本も含め、(背景の音楽効果からも、)特殊技術映画としても、現代でもSF映画としては、一番と思っている・・・。

(なお、先に2度も、投稿が失敗したため、急いで記したため、推敲無しで、また、追記する内容もあるので、この記事は、今後、随時、追記して行きます…。)
[PR]

by mohariza12 | 2018-07-09 23:53 | SF | Comments(1)
2018年 07月 06日

<「ブレード ランナー」の秘話映画を観た… (追記)>は、日曜日でも・・・

昨日24時前に<ブレード ランナー」の秘話映画を観た… (追記)>を(ほぼ)記したが、
24時前に完了する積りだったが、若干修正に投稿する最中、(目の前の時計が遅れていた所為で、)
(時計は24時前だったが、)急に パソコンが閉じ、
結局、投稿出来ず仕舞いになった・・・。

パソコンは、(次男坊のパソコンなので、)次男坊の管理下に置かれ、
集中すると、時間を忘れ、パソコンでも深夜遅くまでやっている、とのことで
許しを得て、時間解除を得ない限り、24時になると、
自動的に私用のパソコンは閉じてしまう。

朝、いつもより早く起きたが、途中までの原稿は消えていた。

<「ブレード ランナー」の秘話映画を観た… (追記)>の材料は、残しておいたが、
その投稿の再現は、明日は仕事で帰りが遅くなると 思われるので、
日曜日でも再稿して、投稿する予定だ・・・。


[PR]

by mohariza12 | 2018-07-06 23:57 | ブログ | Comments(2)