mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:小説( 2 )


2018年 05月 13日

<伊藤計劃の「虐殺器官」考>-1(一部訂正、加筆)

現在、伊藤計劃の小説「虐殺器官」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%A8%88%E5%8A%83)を再読しながら 消える赤ボールペンで線や(括弧)や<山括>等を入れた個所を、
また再再読して、キーになる言葉を四角で囲ったりしながら、この小説の真意を考察している所です。

・・・・・・

現代(この頃)、人々が普段使う言葉やメール・ツィター等で交わされる言葉としての(外来語のカタカナ語を含む)単語は、意味合いが曖昧で、余りにも安易(安直)に使われてる様に感じていますが、

この小説の中で記されている 一つ一つの「ことば」(:外来語等のカタカナ語を含む単語の定義・意味)が非常に厳格で、
キーとなる言葉が、主人公が様々な人々に会って、また実体験するごとに、その(ぼくにとっての)「ことば」の定義(:考え方)が変化して行き、
(ぼく自身にとっての:それは読者にとっての)その「ことば」に含まれる世界象が変って行きます。

・・・・・・・・・・・

(国家(アメリカ)の情報軍の暗殺を請け負う特殊部隊に所属する主人公クラヴィス・シェパードは、
(虐殺を含む)暗殺を冷静沈着に実行し続ける大尉だが、過去に母親の生命維持装置を切ることを承諾したことの是非を
ずっと問い続けてきた人間として描かれています。)

そして、(p42~43)
ことばが単なるコミュニケーションのツールには見えず>、<リアルな手触りをもつ実体ある存在として感じ>、
ことばそのものがイメージとして感じられる>、<ことばそのものを情景として感じられる>人間だった。
<「国家」や「民族」という抽象現実としてイメージできる>人では 無く、
<国家も民族も共同体も「ことば」としか思えなかった>人間だった。

一方、この小説の主人公の対極として、<国家を生々しくイメージでき>、<ぼくのかわりに世界のことを考えてくれ>、<ぼくに誰それを殺せと命令してくれる>、
を生々しくとして感じられるがゆえに>、<現実感が「国家」に付着してい>て、<異質な他者を明確にとして意識し続ける><国家>の支配者集団を描いている。

・・・・・
虐殺器官」は、
「国家」、「民族」、「共同体」とはいったい 何なのか?そして「人間」の意思・意識とは何なのか?を質(ただ)し、深く考えさせられる2000年代の稀に見る(SF)小説だと思っている・・・。

(・・・続く)
[PR]

by mohariza12 | 2018-05-13 23:39 | 小説 | Trackback | Comments(1)
2012年 04月 03日

伊藤計劃の「The indifference engine 」を読んで・・・

伊藤計劃の「ハーモニー(ハヤカワ文庫)は、2ヶ月前か 読み終わり、読後感を記そうと思っていたが、ブログ消滅があったりで、記すことは無かった。
その後、神林長平の「いま集合的意識を、(ハヤカワ文庫)を読み、
計劃と同じ、SFを使い、<意識>を追求している神林らしく、「ハーモニー」の理解に繋がった。

今、計劃の小説集の「The indifference engine 」(ハヤカワ文庫)を読んでいるいる所だが、
その中の表題作の「The indifference engine 」が、「ハーモニー」及び「虐殺器官」の理解によく分かる気がした。

・・・・・・・・・・・

未来社会のアフリカ(?)の民族部族 紛争地で、脳を薬でいじられ、<:心に注射され、>
憎しみあっていた2つの民族部族 の違いが分からなくなった(感じなくなった)元少年兵が、

「これが公平化だって・・・・・・。
まったく馬鹿げているー ぼくから憎むべき相手の顔をとりあげて、それで世の中から怒りがなくなると思っているなら。」

と思う。(述べる。)

それに対して、少年を救った米兵が、

「いま、俺の国やヨーロッパでは、そういうのが流行っているんだな。
人種の区別ができなくなれば平等な世界が訪れる、とか信じこんだあげく、頭をいじって夢物語を実現しようとするのがな」

と語る。

・・・・・・・・・・・・・・

集団意識としての平和を望み、個々人の「意識」を無くすことが、本当の平和(:個々人としての意識の平和)が訪れるのか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・


伊藤計劃は、若くして死んだので、そう記したものは残されていないが、

まだまだ深く読むべき小説家と思った・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-04-03 23:58 | 小説 | Trackback | Comments(0)