mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生き方( 97 )


2019年 02月 10日

私のブログは、今後とも 世の中に烏合せず、「世の中の何故?を模索して行く」所存です。(190209,10追記)

私のブログは、毎日更新はこの頃やっておらず、細々とやっていますが、
来られる方は20~40人の来訪者でもアクセス数を増やす努力は全くしていません。他のブログにコメントを載せ、提携を組み、呼び込むことは昔はやっていたことはありましたが、今はやっていません。<自分の興味を持ったこと>を追求する気ままなブログです。

アクセスレポートの日付別の<記事別アクセス>や最近の<記事別ランキング>でも、
断然に<「男言葉・女言葉」(英語篇)>等言葉関係がトップで、

Google等でも他の言語学(言葉の)専門家の記事を抜いて、常に上位にランクされているので注目され、 英語や「男言葉や女言葉」に興味ある方がわざわざ初めてこのブログに来られているのか・・・?と予想できます。

私は、言語学の専門家でも無く、ただ純粋に世界の言葉(原語)の成り立ち自身に不思議さと「何故、そうなっているのか?」に今だ興味を持っているだけです。

細々とはブログ記事更新しているのですが、
<記事別アクセス>や最近の<記事別ランキング>に 最新の記事が出てこないのは、記事として魅力が無いのか?、
「男言葉・女言葉」(英語篇)>等言葉でアクセスした人は、その記事を読んだ後は最新の記事を読んで無いのか…?と思ってしまいます・・・。

但し、日付別の<記事別アクセス>では、過去の色々な記事を2~3人の方が読まれている様で、此処に来られた方で 過去記事を振り返って読んでいる方がいることは事実の様です・・・。

最新の記事でも、ランキング上位に上げたいとは思いますが、
確かにこの頃は、昔ほど参考資料を多く用意して、引用し、時間を掛ける努力はしておらず、
歳の所為か 20時前後に帰宅後夕飯を摂った後も疲れ切り、(土日も疲れが残り、)昔ほどブログ記事を記す気力は無くなりました。
また(次男坊から<何でも熱中すると時間を忘れ 止まらなくから >深夜パソコンを止められ、年賀状作成の年末~正月時期 は、解放はされていますが…、)深夜記すことはできず、体力的にも無理になって来ています。
よく昔、睡眠時間を削って、ほぼ毎日 長時間掛け記していたものだ… 、と思っています。

とにかく、(TV等の公のニュースの前に情報を仕入れ、是非早く知って欲しいことは記すコトはありますが、)アクセスを増やす為に世間で注目されているコトを囃し立て、ブログに誘導する記事は敢えて記さず、<自分の興味を持ったことしか>記していません。

但し、記事内容については、(時々は訂正は出てきますが、) 己に忠実に<世の中に烏合せず>、今後とも「世の中の何故?を模索するメモ」として、根源を追求して行く所存です・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

(190209,10追記)
時には 2013年04月28日付けの<グランド ハイアット 東京は、危険な建物で、不親切極まり無い!>の様な<世の中の矛盾等に関して怒り>の記事を書くことはありますが、「政治ブログ」に特化して記事は書くつもりはありません。

私は、根本的に<反権力主義> で、世の中の人が 99%、賛成としたなら、却って1%以下の反対者に回る人間です。
但し、幼い時から 何故か?中枢(トップ)の人とは接する機会が多く、その実態も知っています。
時々若かりし頃<40~50代まで>は怒りを (施主である) 権力者に直接 爆発させたコトはありますが、今は 権力に靡(なび)いた訳ではありませんが、直接爆発するコトはもうしたい、とは思いません。

(190210追記:結局 疲れるばかりで、立場(地位)を降格させられるばかりで、徳をすることはありませんでした…。
オカシイことをおかしい!と直接云っても、権力者は認めることはありません。
オカシイことを直接突き付けるのでは無く、次々と反論できない形で 外堀から論理的に追い詰め、相手の論理なり やろうとしていることに矛盾があり、そのやり方では無理なことを認めさせ、相手自身から次々と「出来ない」と云わせることが大事だ、と思います。
どの様に相手をそう誘導して行くしか、は 頭の使いようですが、多くの信頼できる協力者と計画を練り、坦々と遂行していかなければならず、また相手の出方に対しての色々な代案も事前に用意する必要があります。
今は、そう云う紛らわしい関係の仕事等には関わらないようにしていますが…。)

(政治が根本的に変わらなければ、世の中が良くならないことは分かっていますが、政治に付く人間は、結局はその人なりの立場の代理でしか無く、世の中を根本的に変えることは、死を掛けるなりの人が稀に出ることからしか出来ない、分かっているので、私自身が)
政治には関わりませんが、
(:依って、このブログには政治問題は、直接的な形で取り上げませんが、)
変えるべきと思う時には、頭を使い、論理的に処置する覚悟です…。

但し、清濁があるのが世の中で、プロレス界では悪役あってこそ成り立つコトを認識し理解しているので、人間()には完璧な人はいなく、ヤクザも必要悪と思っていますので、
よっぽどの不合理で無い限り、処置と云う考えには至りません。







by mohariza12 | 2019-02-10 16:35 | 生き方 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 23日

ポイントカードを持つことは、自己の行動が外部に筒抜けになるコト

<植草一秀の『知られざる真実』>の2019年1月22日 付けの

権力の犬となる民間企業を許さない>を読んで、全くその通り!と思ったので、ほぼ全文を引用します。

(註:適宜改行、色字等は私)
・・・・・・・・・・・

ポイントカード最大手のひとつであるTカードを展開する企業が、氏名や電話番号といった会員情報のほか、購入履歴やレンタルビデオのタイトルなどを、裁判所の令状なしに捜査当局へ提供していたことが発覚した。

「T会員規約」には、捜査当局への情報提供を明記しておらず、当局も情報を得たことが本人に知られないように情報入手の事実を保秘していた


Tカードの会員数は日本の総人口の半数を超える6676万人以上が利用、提携先は83万店以上にのぼる。

しかし、捜査当局への情報提供は契約に明記されておらず、捜査当局に情報が提供されていたことになると、重大な契約違反になる。


報道によると、<捜査当局への個人情報提供は捜査令状なしで行われている可能性がある>とのことだ。


T会員規約によると、Tカードが扱う「個人情報」の主なものは以下の通り。


・「お客様登録申込書」の記載事項およびT会員ネットサービス登録お申し込み時の登録事項 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、電子メールアドレス等

・アンケート等により、会員として提供された事項

・提携先におけるご利用の履歴 商品名またはサービスの名称、金額、お買い上げまたはご利用された日時、場所

・T会員ネットサービス登録状況およびTカードの停止・退会状況その他に関する情報

・ポイントの付与・利用等に関する情報や電子マネーのチャージ・利用に関する情報等、T会員向けサービスの提供に必要な情報

・クレジットカード番号

・画像または音声によりその個人を識別できるもの

・ご意見、ご要望、お問い合わせ等の内容

・会員のコンピュータがインターネットに接続するときに使用されるIPアドレス、モバイル端末でのアクセスによる契約端末情報

・モバイル端末による位置情報

・新たなサービスご利用の際にご提供いただく一切の事項

・その他個人情報保護法を遵守した上で、当社が取得するあらゆる個人情報

・・・・・・・・・・・・・

しかし、この規約には捜査当局への情報提供の記述がない。

明らかな規約違反であると言える。


Tポイントの運営会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(東京、CCC)は、

長年にわたる捜査機関からの要請や協議の結果、法令やガイドラインにのっとり、開示が適切と判断された場合にのみ、必要な情報を提供すると決定した

としている。


しかし、会員規約に捜査当局への情報提供を明記していないのであるから、法令やガイドラインにのっとり、開示が適切と判断できるのは、裁判所の令状によって開示を命令された場合に限られると考えられる。


捜査当局は、内部手続きの「捜査関係事項照会」を使い、どの店をどのような頻度で利用するかなど、私生活に関する膨大な情報を外部のチェックを経ずに入手している可能性が高い。


警察や検察の内部資料によると、Tカードの
(1)会員情報(氏名、生年月日、住所など)
(2)ポイント履歴(付与日時、ポイント数、企業名)
(3)レンタル日、店舗、レンタル商品名
(4)防犯カメラの画像(?)
などがCCCから提供されてきた模様である。


重大な問題がある。


民間事業会社が顧客に無断で個人情報ならびに取引情報を警察当局に提供していたという事実である。

事業会社の顧客に対する背信行為であり、民事上の損害賠償請求の対象になり得る事案である。


T会員の数は日本の人口の半分を超えている。

半端な数ではないのである。


事業会社が捜査当局に情報を提供するのは、刑事司法権力への迎合、すり寄りであり、民主主義社会において、このような「権力の犬」的な行為は容認されるわけがない。

メディアがこの問題をどのように伝えるのかが注目されるが、民間企業の行動として許されざるものである。

このような企業の存続を市民は許すべきでない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上記のことがまかり通る、と思っていたので、私は<Tカード>は持ってはいるが、住所・名前等の登録はしていない。

(依って、使ってはいない。)

カードは、(銀行引き落としができる)一つの店舗のカードのみで、他の店舗等のカードは持っていない。


いくらポイントが付くとしても、カードを持つことは、<自分の行動が外部に筒抜けになるコトを了解したコトになるを知っておく必要がある。


さらに付け加えると、SNSの「Facebook」等もその会話は(仲間以外の)外部から観られている(いつでもチェックできる)コトも自覚すべき、と思う。

依って、私はFacebook」等はやってない。


Facebook」等は、自己を曝け出すコトが平気な人しか使えず、恥ずかしいと思う人は、自覚して処す(:必要な時にしか使わない)べきと思う・・・。


もちろん私は、このブログも、外部に筒抜けなコトを承知で記している。




by mohariza12 | 2019-01-23 23:48 | 生き方 | Trackback | Comments(1)
2019年 01月 06日

(遅い)年頭の挨拶

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今日、早朝(6時15分くらい)までに 正月3が日に自宅に届いていた年賀状の相手(70枚ほど)等に、
今年の私の年賀状を送った。
来た年賀状を宛名を確認し、宛名を書き、年賀内容を一枚一枚読みながら、その年賀内容に沿った簡単なメッセージも添えた。

やっと、肩の荷が降りた感じで、まだ、ブログ上の年明けの挨拶をしてなかったのに気が付き、冒頭の年賀あいさつを記した。

まだまだ 今年(来て無くても、) 挨拶しなければならない人が、30+α人 ほどいるが、今日の夕方からでも 追加の年賀状をボチボチ記そう、と 思っている。
数年 送っていない人にも、出そうと思っている。

今年の年賀状は、(その年賀状に込めたものは、)今年出さないと 意味が無いからだ・・・。

・・・しかし、徹夜の年賀状作成は、もう疲れ切り、今回限りにしたい、と思った・・・。

それには早い段階(:秋口から?)で構想を練り付くし、図案の検討を徹底し、予備作成をし出し、添える言葉の練り上げが必要だが、
年末が迫らないと、その年の気持ちの締めくくりが出来ず、難しいものだ…。
また、図案にも、その年の気持ちが込められるものなので・・・。

・・・・・・・・・・・・・

年賀状を出す前に、正月に溜まった日曜に出すアルミ缶や段ボール等を出し、ようやく寝たのが7時過ぎで、起きたのが午後1時前だった。

少しも、正月休みの のんびりとした休みを取ってないが、
仕事に追われる日々からは 完全に解き放たれた。

今年は、仕事に追われる毎日からは 一歩離れ、人生を生きてみたい、と思っている・・・。

・・・・・・・・・・・

そう云えば、缶等を出し、年賀状を自転車でポストに投函する最中に、朝が明け、太陽が出だしていたが、
年末から正月中、午前3~4時位に寝て、昼前後に起きる毎日を送っていたので、
初来光を観たことになる・・・。

何か、清々しい気持ちになっていた・・・。

今年は良い年になるのか・・・?








by mohariza12 | 2019-01-06 16:23 | 生き方 | Trackback | Comments(1)
2018年 07月 25日

「てげてげ」の飯山一郎氏が亡くなった報を知って・・・

知る人ぞ、知る 「てげてげ」の飯山一郎氏が7月20日に亡くなった報を今日知った。

氏を知るのは、「フクイチ」からだが、最近(1~2年前)の阿倍礼賛への転向は、どうも納得行かなかったが、

氏の独特な「我が道を行く」信念は、中々貫けるものでは無く、

7月19日以後、ブログが更新され無くなって、もしや・・・?、とは 思ったが、

20日に死去された、とは 驚いた・・・。

超人的な精神力と肉体を持っているのか・・・?、と 思っていたのに、

その報を知って、ビックリした。

今後、氏のような左右をメッタ切りする輩は、中々出て来ない、と思われる。

心からご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下 他のブログ等からの引用・・・。)

★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡

<http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16507984>

飯山一郎氏による、日本人の希望と力強い生き方を発信し続けた功績に感謝する。

1:堺のおっさん : 2018/07/24 (Tue) 17:58:18

平成30年7月20日の未明に、飯山一郎先生が急性心不全にて永眠されました。享年72歳でした。

飯山一郎先生は以前にも心筋梗塞で入院されたことがあり、今回は三回目の発作でした。

2005年に心臓発作で倒れた時は生死の境を彷徨いましたが、病を強い意志で克服してきた13年間でした。


7月23日、ご遺族のご意向により家族葬にて葬儀がしめやかに執り行われました。

ファンの皆様からのご要望により、「飯山一郎先生を偲ぶ会」の開催を検討しております。

場所や時間などの詳細は後日改めて発表させていただきますのでご了承ください。

皆さまのご理解とこれまでのご支援に、心より深く感謝を申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・

99:堺のおっさん : 2018/07/25 (Wed) 20:01:41

結論から言いますと、西洋医学の救急蘇生法が

生命維持をできる状況ではなかった。

故飯山氏の最後の言葉は、薄れいく意識の中で発された。


「救急車は絶対に呼ぶな!」


この命令に反して救急車を呼び、

一通りの措置を施していただいたのですが、

結果は蘇生に至りませんでした。

一時間に及ぶ心臓マッサージなど、

お医者様は手を尽くされた。


故飯山一郎氏はすべての西洋医学を否定はしていません。

しかし、最後の「救急車は絶対呼ぶな!」という命令は、

自分の最後は自分で決めるという意味も込められていたんだなと。

つまり、自分の体は自分が一番よく知ってるよ。

3回目はほぼダメだろう。

その時期を自身でコントロールすることはできないが、

それが起こってしまった以上、潔く受け入れるしかない。

そうした、命令であったと思います。


最後の最後まで、自身の生き方に忠実であったと思います。

翌午後、ご子息が駆けつけてくださり…

「13年もよく生き延びた。奇跡です。」

「非常識な健康法を実践したことも決して間違っていなかったと思う」

「父らしい生き方であったと、むしろ志布志の皆様に感謝したいくらいです」

こう言葉をかけていただき、何もできない無力感に沈み切っていた

居合わせた数少ないメンバーもすくわれた気持ちでいっぱいになりました。

我々は、自身の最後を見事に自身で理解し、

じたばたするな! どうしようもないことも世の中にはあるんだ!

それはそれで受け入れろ! これが鷲の最後のメッセージだ!


ああすればよかったのかもしれない、前兆はなかったのか、

最近無理しすぎていたし、止めればよかった…など等。

後悔とも、反省とも、言いようのない割り切れない感情に

沈み切っていたのですが、

結局、故飯山一郎氏の判断を尊重することが正しかったと思います。


しかし、現実の現場ではそれは許されません。

命令に反し救急車を呼び病院に搬送したのですが、

処置の甲斐なく、結局ご本人の判断通りになったのです。


心臓の機能が弱いため、(普段は軽く心臓に持病があるんだ、ハハハと)

第二の心臓と言われる下半身、特にふくらはぎを鍛えたり、

血流に人一倍気を使ったりした理由はお分かりになると思います。

そして、自身の最後を見事に自身で判断しきった!

見事であったと…。


ただ、その時期だけは人知の及ぶ範囲ではなかった。

まだまだやりたかったことも山ほどあったと思いますが、

それよりも大事なことを最後に実践されたのだ。

そのように私は思い至り、改めてすごい人物であったなと。

眠るような表情のなきがらを見ながらしみじみと感じ入りました。


あっぱれ、飯山一郎!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


83:堺のおっさん : 2018/07/25 (Wed) 13:49:08

数多くの皆様からの哀悼の書き込みが寄せられています。

生前の交友の広さがうかがい知れます。

どうぞ、思いのままに書き込んでいただきたいと思います。


3.11以来、志布志には10,000人もの来訪者があったそうです。

その数にも驚かされますが、すべての来訪者に丁寧な対応をされたそうです。

故飯山氏に面会された方のほとんどが、その人間性に魅了され、

常識にとらわれない世界観に衝撃を覚えたはずです。


また、誤解や悪意の誹謗も数多く経験された。

これも記録的な量に及ぶと推察されます。


しかし、そんな意見に対し生き方まで含めた対応をされたのも

記憶に新しい所です。


分かる人にはわかる! わからない人にはわからない。

これは議論を尽くす気がないということでもなく、

議論の目的が勝った負けたでもなく、

他の意見を受け入れないということでもなく、

実は個々人の意見と生き方が、

密接につながっているという事実に

着目したからではないでしょうか。

意見を変えるには生き方が変わらないと変わらない。


そこで生まれたのが賛否両論でもあった「ビンボ~人」。

「貧乏人」でもなく、「ビンボー人」でもない造語。

資産や収入に対して定義するものではなく、

前向きな生き方をできるかどうかを問う「ビンボ~人」


座敷牢という斬新な仕組みを考案したのも同じ発想からでしょう。

罵詈雑言を浴びせあうだけのネット掲示板にも新たな手法を確立された。


故飯山一郎氏は、3.11を生き抜いた多くの日本人に

前向きな生き方をしてほしいと。

すべてはこの一点から打ち出されたものであったと思います。


前向きな生き方を選んでいこうという日本人が

てげてげ、放知技、文殊菩薩の読者から大勢生まれている。

これ以上の供養はない。皆様に感謝です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「建築とかあれこれ 呪いもあれこれ」 より

(http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-10996.html)

2013/09/30(月)  この世で生まれ変わる方法

<鷲は、この動画に「遺言」を埋めこんだ…>


鷹が 長生きするために ある選択をした。この鷹、鷲に似てる猫~。


この夏…、鷲は徹底的に心身を鍛えた。心身とは、心と身体でR。

きょうは鷲がやった自己鍛錬について書きたい。

豆乳ヨーグルトを一日に80cc。これだけで鷲の小腸からは腐敗菌が消え、発酵状態になり、小腸パイエルあたりで免疫細胞(マクロファージやNK細胞)が増える。

この免疫細胞を血流に乗せて全身に運ぶためには、運動と日光浴と入浴、この3点セットがベスト。

運動は、急な坂道を大股・早足で駆け上がるウォーキングがベスト。

鷲は心臓が弱く不整脈も出ていたが…、この急坂ウォーキングを休まず続けているうちに、治った!

最初は苦しくて心臓がパクパク言ってたが、治った!
いま67才の鷲の心臓は40才代だ。不整脈などは皆無だ。

あ、少食・粗食で一日一食。これも辛かった。
みるみる痩せていったが、ある時点でピタリと止まり…、今はチョッと余計に食べるとグ~ンと太ってしまう。腸内細菌が一気に何兆個も増えてしまうからだ。

鷲の生存エネルギー=栄養分は、今は、この栄養分(脂質と蛋白質)たっぷりの腸内細菌だ。

いまの鷲は、食べ物の栄養分で生きているのではない。
腸内でどんどん増殖する微生物の死骸(脂質と蛋白質)で生きている。

この腸内微生物にはミネラル分(微量元素)を与えるだけでEーのだ。これだけで腸内微生物は自然に増えてゆく。

炭水化物・脂肪・蛋白質。この三大栄養素がゼロの笹や竹の葉しか食べないパンダが、あんな大きな骨格と筋肉をつくれるのは、腸内微生物のおかげだ。

三大栄養素がゼロの草しか食わないウシの解剖に立ち会ったことがあるが、ルーメン(第一の胃袋)の中には、アメーバみたいな目視できる微生物も含め、ウジャウジャと膨大な数の微生物がいた!

この腸内微生物が栄養源となって、ウシは、あんなに大きな哺乳動物になるのだ。

ウシやパンダに学べ!つーか腸内細菌を増やせば、人間は食わなくても生きていける。

ウシやパンダに学んでいるうちに、鷲は、黒豹 になった。

少食・粗食、運動、日光浴のおかげで鷲は別人になった。
生きかえって、生まれ変わって、仙人になった。

だっから来年からは、「薩摩の黒豹」ではなく、「薩摩の仙人」と呼んでもらおうかなぁ、とかと考えている。マジで。
ワハハ。

おっと、自分のことを書き過ぎた…。
こんな長文の駄文なんか、ほんと、読まなくてもEかったのに~。

ただし、上の動画はフルスクリーンにして、何回も何度も何遍も、気を入れて視聴して猪ー大寝!>皆の衆

上の動画は、あと20年は生きる鷲の「遺言」なんだから寝!

飯山一郎のブログより
(http://grnba.secret.jp/iiyama/more49.html#st09301)

・・・・・・・・・・・・・・・

by mohariza12 | 2018-07-25 23:58 | 生き方 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 03日

笑いで誤魔化すのと 真の笑いとは 違う・・・

土曜出で、疲れきって 帰宅中、ふと 思って、携帯電話のスケジュールに記した…。

(180602メモ:補記、追記)

大袈裟に )<笑い>で(自分の言動等を)誤魔化(ごまか)す のと、

相手に対し、(真に )<ほほ笑む>なり、<ニコッとする> のとは、

全く 違う、と 思った。

・・・・・・・

また、( 眼が笑って無く =<眼が生きて無く >( :眼が死んでいて )、)
顔がヘラヘラして、唇をヒッシャゲた Uの字に して、さも 敵対して無いと云う ( 微笑みぽい、作った )顔付きは、

自己卑下で 、

笑い>とは、全く違うモノと思っている・・・。



by mohariza12 | 2018-06-03 00:12 | 生き方 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 03日

ご無沙汰ばかりで済みません。

ずっと ご無沙汰ばかりで済みません・・・。

公私とも、バタバタと忙しく、
(それは、個々にその場で解決せず、未解決事項が溜まり、身動きが取れない状態になりつつあり、心の余裕が無くなっている所為とは思っているが…)
ブログを記す気力なり、意欲が無くなっている…。

知り合いのKさんは、まだまだ頑張って投稿しているが、
今の私には、何処か 記す (心の)余裕が無くなっている。

心の余裕とは、脳の余裕でもあるが、

先週末から睡眠導入剤を増やし、それなりに睡眠を確保し出したので、
夜の脳の休みを取れるようになって来たので、

個々を片付けし出したら、

心の余裕が出だし、

此処に記し出す、とは 思っています。

今 しばらく お待ちください・・・。



by mohariza12 | 2017-08-03 23:39 | 生き方 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 15日

今だ、ブログ記事を記すことが億劫で・・・

トランプなり、原発650シーベルトなり、「安倍晋三記念小学校」なり、天下りなり、
その内容を色々深く記すネタはあるのだが、

政治的なコトを記すから遠ざかる様になって、
一々それらを扱うのは、面倒になり、

記さないママになっている。

・・・・・・・・

こんな時、バー「T」のマスターが健在だったなら、

バー「T」で、本音をしゃべれたのだろうが・・・、
亡くなって1年半を過ぎ、

本音をしゃべれる相手が居なく、

個々の問題を反芻する機会がなくなり、

このブログで、それらの問題を記さないままでいる・・・。

・・・・・・・・

でも、マスターはもう居ないのだから、

ぼちぼち このブログで、本音をしゃべるコトも
よいのか・・・?とも、
思っているこの頃だ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照:2015年 07月 13日 付け「訃報:<バー「T」>のマスターの死去の件ー1 」
(http://mohariza12.exblog.jp/23415511/)




by mohariza12 | 2017-02-15 22:40 | 生き方 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 17日

生きては います。

ここ1か月以上、ブログ投稿はしていませんが、

とりあえずは、生きています。

前回の投稿の間、(日本を根底からひっくり返すと思われる)TPP強行採決とか、(とても日本では起こり得ない )まさかのトランプ当選とか、(ニュージーランドでの大地震等)もあり、

その裏(真実)等もネットで見聞しましたが、

ここで記す内容なのか?よく分からず、

もう少し 時間が経って 気が向いたら 記すかもしれません・・・。

今は、来年の年賀状を仕上げることが最重要とは思っていますが、

先週末、福岡に行って来て 今後やるべきコトが増え その構想・準備・段取りにも

関わっています。

熱が冷めると 物事は進まないので、ふとやる気になった時(:熱いうち)に、一気呵成に とりあえず
その時点の段取りをやっています・・・。

書かないでいることがずっと続くと、少しの記事でも投稿するコト(:自分の内を曝け出すコト)が億劫にも感じている 今日この頃です・・・。

(・・・ 2日続けて 3次会まで 酒を呑むと、身体の調子が悪くなるコトが身に染みて来て、
無理はやらない様にしている 今日この頃です・・・。)






by mohariza12 | 2016-11-17 19:14 | 生き方 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 12日

今後の生き方・・・(今後のブログ投稿方針)

ご無沙汰しています・・・。

まだ、投稿方針が明確に定まった訳ではありませんが、

昨日、
今62歳の私が、父の死去の82歳まで生きるとして、

脳が真面(まとも)な内に、ブログなりで、私が考えた事なりで、
世の中に役に立つ様なコトを、このブログで更新して行くことが大事なコトか…?、と思いました。

後、20年ですが、心身とも真面な期間が15年(?)として、私だけでしかやれないコトを優先すべき!と思いました。

と 考えると、

ガウディ(:未完のコロニア・グエル教会の再現)>関係と、
私が発想し、考案した<約6億年前からのプレートテクトニクス(大陸移動)図>の完成
<それぞれ、出来れば、世界中の誰でもがアクセスでき、立体化(3D化)できる様にしたい>、
そして、<世界言語の分析(解析)表 >の完成 に 辿りつきそうです・・・。

最後まで完成に要する期間は、(同時進行にやったとしても、)
此処に個々に 4~5年以上掛かると思い、

そう考えると、死に行くまでの残りの年月は そう 多く無いと考えました・・・。

と、云うことで、

その心構えで、残りの人生を生きて行くつもりで、

時々は、信頼にたるネットを通じ、<今起こっている事実>は伝えるコトはしますが、残りの人生に集中して行く予定です・・・。





by mohariza12 | 2016-10-12 20:00 | 生き方 | Trackback | Comments(5)
2016年 07月 10日

唯一 意志表示出来る機会(:参議院選挙)を放棄するコトは、自己放棄!

自己改革」を諦めた人間なり、組織は、

その<進歩>は 望めない!と、思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参議院選挙は、まだ(午後8時まで)終わった訳で無い。



国民の一人一人の自己の意思としての

唯一 意志表示出来る機会を放棄するコトは、

自己放棄でしか無い!
と思われる。

by mohariza12 | 2016-07-10 17:44 | 生き方 | Trackback | Comments(2)