mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 25日

何故、「埃(ほこり)」は 漢字で「埃」となったのか?

(180625メモ:補記、追記)

今、神林長平の小説「プリズム」を再読している所だが、

その中で、記されていた「埃(ほこり)」は 何故、漢字で「埃」となったのか?
と思い、携帯にメモした。

(・・・高校時代、夏目漱石の小説の中で「塵挨じんあい)」と云う漢字を強く記憶しているが…。)

・・・・・・・・・・・・・

角川 「新字源」では、

「埃」は、形声文字で、「土」偏に音符の「」(イ→アイくずの意→滓)とあったが、
今一、納得できなかった。

ネットで調べ、
漢字の音符>(https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji)
の中の
音符 「矣イ」 <スキに矢を当てる> と 「拶サツ」
(https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/a9d2f7cbcdc41f04165d2438db1b707b)の記事で納得がいった。

そこには、


e0267429_22403455.jpg



解字 「ムシ(スキ)+矢(や)」の会意。
農具であるスキに矢を加えてスキを祓い清める儀礼を示す形[字統]。
スキに矢を当てることから、矢が「出る」イメージがある。
しかし、仮借カシャ(当て字)されて、文末につけて断定や推定の語句を表す助字として用いられる。
意味 文末につけて断定や推定の語句を表す。(1)なり。 (2)か。 (3)かな。 (4)のみ。

イメージ  「仮借」 (矣)
       が 「出る (挨・
       「アイの音」 (唉)
音の変化  :矣  アイ:挨・・唉

出る

 アイ・おす   扌部
解字 「扌(手)+矣(出る)」 の会意形声。手が出る形で、相手の背中をうつ・おす意となる。
意味  (1)背中をたたく。 (2)おす(挨す)。押 しのけて進む。押 してひらく。「挨拶アイサツ」(①おおぜいが押 し合ってすすむ。②[国]安否・寒暖の言葉をとりかわす。転じて、おじぎ。返礼) (3)つづいて進む。「挨次アイジ」(あとからあとからと続いて進む)
覚え方  挨拶をまとめて語呂合わせで覚えると便利。
       てむや(扌ム矢)で挨アイ、て く く く た(扌くくくタ)で拶サツ。

埃 アイ・ほこり  土部
解字 つち)+出る」 の会意形声。
(風が吹いて)土の小さなほこりが発生すること。
空中にたちこめるほこりを言う。

意味 (1)ほこり(埃)。ちり。空中を舞う細かいちり。
塵埃ジンアイ」(ちりやほこり。また、俗世間
「埃滅アイメツ」(ほこりのように消えてなくなる) 

(2)俗世間。俗事。 
(3)地名。「埃及エジプト」(中国語発音はアイジ Aiji で、Egypt の前半の発音に当てた)

アイの音
 アイ・ああ  口部
解字 「口(くち)+矣(アイ)」 の形声。口から出るアイの声。答えたり、嘆いたりして出す声をいう。
意味 ああ(唉)。 ①答える声。人に返事をする声。②なげく声。「唉嘆アイタン」(なげく声)

・・・・・
とあった。



以前、このブログで記したことがあるが、小学校時代、全然 漢字の勉強をしてなかった人間が、

いい歳になっても 今だ、漢字の語源に興味を持ち続けているのは、不思議なものだ・・・。

<不勉強>して、手で漢字を覚えて無い為、却って、(何故、その様な漢字になるのか?)漢字を論理的に解析したくなるのか…?、とも 思っている。

・・・・・・・・・

歳はとっても、<何故!?>と問い続けるのは、大事だと思っているが・・・。

漢字も含め、「文字」の起源は奥深いものがあり、

まだまだ、突き詰めることが多い、と思っている・・・。




[PR]

by mohariza12 | 2018-06-25 23:15 | 文字 | Comments(0)


<< 今朝早朝、夢から覚め、4時前後...      何故、欧州語等で男女、単数・複... >>