mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 23日

何故、欧州語等で男女、単数・複数で綴りを変えるのか?

(190112メモ:補記、追記)

深夜、NHK BS テレビを観ていて、金田一 秀穂(きんだいち ひでほ)の祖父の金田一京助が 日本(語)では、アイヌ語で、男女、単数・複数で綴りを変えていた、と云っていた様だが、

何故、外国語(特に欧州語)等で、主語・述語の間 等で、男・女で、また、単数・双数(2人)・複数で、綴り(:音)を変えるのか?、と思った。

そして、現代日本語には、その様な こと(:まどろこしい) は していないが、
古代日本語では、あったのか?、と思った。

その様な語の変化で、語を複雑化するのは、
人間が動物として、(他の動物なり)敵に相対する際、敵がいることを 仲間に対して、伝えるのに、
時間が掛かり、まどろこしいと思う のだが・・・。

現代日本語のSOV(主語+目的語+述語)と、現代欧州語のSVO(主語+述語+目的語)も関係しているのか?

主語・述語等で、男・女で、また、単数・双数(2人)・複数で、綴り(:音)を変える様になったのは、
原始時代から、人類が発達し、人間関係が複雑になり、男女差が大きくなり、社会的格差が広がったことも関係しているのか…?

言葉で他人に正確に自分の意志を伝えるには、男・女で、また、単数・双数(2人)・複数で、綴り(:音)を変える方が良いのか?は、(日本語を使う)日本人の私にはよく分らないが、

調べる必要がある、と 今でも思っている・・・。





[PR]

by mohariza12 | 2018-06-23 23:55 | 言葉 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mohariza12.exblog.jp/tb/27356805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 何故、「埃(ほこり)」は 漢字...      生中継で日本対コロンビア戦を観... >>