人気ブログランキング |

mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 28日

<卒原発>の「日本未来の党」に注目する

総選挙前に何か、一波乱があると思っていたが、とうとう、やっと出て来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・

滋賀知事、「日本未来の党」結成表明=生活、脱原発が合流へ

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日午後、大津市内で記者会見し、12月16日投開票の衆院選に向け、新党「日本未来の党」結成を表明した。
嘉田氏は「卒原発」「脱増税」など六つの結集軸
(註:日本未来の党の原発以外の政策については、「生活に対する不安を取り除く」「消費増税の前に、徹底してムダを削除」「国民・地域の立場に立った行政・司法に改める」「食品の安全、医療制度を守り、品格ある外交を展開」などを掲げる。)を掲げ、賛同する勢力と連携する方針を明らかにした。
これに対し、国民の生活が第一は解党して合流する方針を決定。

「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称・脱原発)も合流を決めた。

 既成政党とは一線を画す「第三極」陣営では、共闘を目指す日本維新の会とみんなの党にきしみが生じる一方、
嘉田氏を中心に脱原発を旗印とした勢力の結集が急速に進展
「みどりの風」も合流を検討しており、衆院選の構図に大きな影響を与える可能性もある。

 会見で嘉田氏は「国民の信頼を取り戻し、希望を持てる未来への選択肢となる新しい政治軸を立てる」と訴えた。
新党の代表には嘉田氏が、代表代行には橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)のエネルギー政策でのブレーン的な存在だった飯田哲也大阪市特別顧問が就く。
嘉田氏は知事を続投し、自らは衆院選には出馬しない。 

[時事通信社] 11月27日(火)21:38

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の基本線は、日本には原発はあまりにも危険で廃止すべき、と云う論だったが、
その脱原発に関して、総選挙の第三極が二分化され、日本維新の会と一線の党が出来そうだ。

早速、kappaさんが雄叫びを上げていたが、

・・・・・・・・・・・・

<2012-11-27
あなたの一票が原発を止めます。
16:27

バンザ~イ!!アメリカちゃん、財界、官僚、マスゴミ、ジミン、ミンシュ、維新がどうしても触れて欲しくなかった、避けて選挙の争点にしたくなかった

「原発を止める、やめる」

を、無視できなくなった~!!!


詳しくはまだ決まっていないが、滋賀県知事嘉田さんの新党はそりゃマスコミもショック。
政界は冷静を装っているがかなり動揺している。
ここまで生活隠しで民自公・維新で国民の目を誤魔化してきたのが一気にその思惑が崩れ去った。

選挙の勝ち負けは分からないが、マスコミが揃って隠していた選挙の争点だけははっきりと示された。

「原発を続けるか」

それとも、3・11で世界中が悲鳴を上げたんだから

「原発をやめる」のか?


・・・・・・・・・・・・・・・

地震大国の日本においては、原発は、あまりにも危険すぎる。
この点において、政党が結集することは、大きなことだと思う。

腰砕けの上っ面の「脱原発」では、国民は信用はしない、と思う。

今後の具体的な結成の動きに注視したいと思う・・・。

by mohariza12 | 2012-11-28 01:05 | 世の中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mohariza12.exblog.jp/tb/19279065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「火祭り」を見て・・・「伝統」...      <乗り物(飛行機)の疲れ... >>