mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 23日

何故、欧州語等で男女、単数・複数で綴りを変えるのか?

(190112メモ:補記、追記)

深夜、NHK BS テレビを観ていて、金田一 秀穂(きんだいち ひでほ)の祖父の金田一京助が 日本(語)では、アイヌ語で、男女、単数・複数で綴りを変えていた、と云っていた様だが、

何故、外国語(特に欧州語)等で、主語・述語等で、男・女で、また、単数・双数(2人)・複数で、綴り(:音)を変えるのか?、と思った。

そして、現代日本語には、その様な こと(:まどろこしい) は していないが、
古代日本語では、あったのか?、と思った。

その様な語の変化で、語を複雑化するのは、
人間が動物として、(他の動物なり)敵に相対する際、敵がいることを 仲間に対して、伝えるのに、
時間が掛かり、まどろこしいと思う のだが・・・。

現代日本語のSOV(主語+目的語+述語)と、現代欧州語のSVO(主語+述語+目的語)も関係しているのか?

主語・述語等で、男・女で、また、単数・双数(2人)・複数で、綴り(:音)を変える様になったのは、
原始時代から、人類が発達し、人間関係が複雑になり、男女差が大きくなり、社会的格差が広がったことも関係しているのか…?

言葉で他人に正確に自分の意志を伝えるには、男・女で、また、単数・双数(2人)・複数で、綴り(:音)を変える方が良いのか?は、(日本語を使う)日本人の私にはよく分らないが、

調べる必要がある、と 今でも思っている・・・。





[PR]

# by mohariza12 | 2018-06-23 23:55 | 言葉 | Comments(0)
2018年 06月 20日

生中継で日本対コロンビア戦を観て・・・

サッカー・ワールド・カップの日本対コロンビア戦を、現場を早く切り上げ、自宅でテレビの生中継で観た。

テッキリ負けると思って、観出したが、時間草々、相手にレッドカードが出て、ペナルティーゴールを得、11対10で、有利に進め、勝ってしまった。

私は、一般的な日本人に比べ、愛国心が強いとは思ってはいないが、やはり自分が生まれた国を応援する気持ちは、
同族の集団の結束としての )国民の一人として、
日本を応援したくなるのは、致し方無い、と思う。

一流選手が出ているだけで無く、各国の国を代表して、試合をしている選手の(日本戦以外の)他国の試合も、深夜観たりして、この頃 寝不足気味だ・・・。

ワールド・カップより大事な政治問題もある筈だが、
一般大衆としては、
国を代表して戦うスポーツの試合は、(政治問題よりも)どうしても熱くなるのは、(私自身を含め、)
致し方無いのか…?、と 

先ほど、生中継で日本対コロンビア戦を観ての
感想だ・・・。

[PR]

# by mohariza12 | 2018-06-20 00:04 | 日本 | Comments(0)
2018年 06月 13日

180611の「夢メモ」・・・地形が刻まれた本の夢

2018年04月18日付けの<この頃 「夢メモ」を記すことを再開し出した・・・>
(https://mohariza12.exblog.jp/27206363/)
で記した様に、

この頃、しばらく書かなかった「夢メモ」を、夢を観た後(:夢を観終わった瞬間からすぐに、または、夢で興奮し、<この夢を忘れない内に!>と思った瞬間に)、すぐに!夢を忘れる前に、
寝床で枕元にある雑紙に、記すことを再開しだした
>が、

夢を観た後、夢で興奮し、<この夢を忘れない内に!>と思った瞬間に、目を覚まし、メモを記すことは、

中々難しく、幾ら 脳( or 心?)の どこかで記そう!
と思っても、身体が起きてくれなく、

ようやく目が覚めも (ほとんどが 出社する時刻までの 余裕の無い時間になっており)、
夢メモ」を記す時間的余裕が無く、
バタバタしている所為か?
また、夢見心地の朦朧とした状態で無いので、
メモっても、見た<夢>を観た 幻想的な<夢>として 再現できないコトが多い。

(… 出社後からでは、メモを記そうとしても、夢の内容は忘れている・・・。

やはり、半睡半醒(はんすいはんせい)状態で目を覚ます様にしない、と

>を再現するコトは、不可能!と 思っているこの頃だ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう云う状態が続いている中で、

最近(180611)起きたのは (午前)7時位だが、夢を観たのは 6時前と思われる<夢>を
(床から起きないといけない時間ギリギリまで、)断片的に「夢メモ」に記した。

・・・・・・・・・・
<「」は・・・>

大学の学園祭で、組(:あるグループ)で催し物をやる準備中の夢だった。

怪獣のヌイグルミを着たり、ミニチュアも飾ったりしようとし、

来る人を学園の入口の何処でどの様に迎えるか?とか、相談していた…。

その様な準備中、

古本屋で買った地形図の本をいつの間にか、学園祭で使おうと思い、

使って良いコトになって(:して)、それを紐で閉じた。




e0267429_23060592.jpeg


その本は、買ったままで、
改めて見て、パラパラめくると、

過去(かなり古い時代:数千年万年前?)からの地形の変遷を描いており、
本の端が刻まれ、所々は 刻まれた箇所が本の中央部まで入り込み(:喰い込み)、
それは海洋を示している様で、
各ページは 立体的になっている様で(:凹凸がある様で)、

(学園祭の準備で忙しく、じっくり観る機会は無かったが・・・、)

プレートテクトニクスの変遷をある地域(日本の何処か?)を描き込まれている様だった。

(…夢の中で、じっくり観たい!と思ったのだが・・・。)

・・・・・・・・・

しかし、夢の中では、開催準備が間近だったが、

早く準備をしなくては…、と思いつつ、

また、案内板を作らなくては…!と思いながら、

ズルズル校舎の何処かで寝ていた私がいた・・・。


[PR]

# by mohariza12 | 2018-06-13 23:58 | | Comments(0)
2018年 06月 10日

文字の左書き、右書き考

またまた2016年の手帳からの(2017年に記した)メモです。

(170221メモ:補記、追記)

世界の文字は、現代においては、左→右 書きが多く、

(特に文字の中で、左→右 書きのアラビア数字<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E6%95%B0%E5%AD%97>が広まり、)

日本語においても、上→下 書きは少なくなり、横書きの左→右 書きが広まり、

中国の漢字式の上→下、且 右→左 書きの書式は、異端な書式に思われるが、

(文字発祥の地中海・アラブ世界等の)世界の古来からの文字の多くは、右→左 書きだった。

文字を書くのに、上→下で書き下ろすのは、(重力的にも)自然で、

また、右手の人が多数なので、右親指と人差し指で、筆・ペン等筆記道具で、文字を書くには、

文字は左側から書き出すのが描きやすい、と思われる。

何故に、古代アラブ等世界(現代においても)で、右→左が多かったのか?、と 思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今ふと思ったのだが、

古代、文字を石等に刻むのに、左手で刻むものを持ち、右手で石槌等で打つ筆記法では、

右から左方向の方が刻み安かったからか?、と思った。

(理屈上は、そう思うが、まだ、そう云う説は知らない<:調べていない>・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後(180610深夜時点)、ネットで調べ、

地球 ことば村」の「世界の文字 」の<書字方向― 縦書き・横書き
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_column_3.html)で、

左横書きを採用する文字》 として、

東アジアの文字: 規範彝文, 女真文字, 悉曇文字, ソヨンボ文字, チベット文字, ナシ文字, フレイザー(傈僳)文字, ミャオ・ポラード文字  

東南アジアの文字: アーホム文字, 黒タイ文字, クリタン文字, タイ・ナ文字, タイ・ロ文字, タム文字, トカラ文字, パハウ・フモン文字, ブヒッド文字, マカッサル文字, Balinese, Cham, Kayah Li, Redjang, Sundanese, Tagalog, Tagbanwa  

南アジアの文字: オリヤー文字, オル・チキ文字, カンナダ文字, グジャラーティー文字, グランタ文字, グルムキー文字, サウラーシュトラ文字, シロディ・ナグリ文字, シンハラ文字, シャーラダー文字, ソラング・ソンペング文字, ターナ文字, タミル文字, デーヴァナーガリー文字, テルグ文字, ブラーフミー文字, ベンガル文字, マニプール文字, マラヤーラム文字, モーディー文字, ランジャナ, リンブ文字, レプチャ文字, ワラング・クシティ  

中近東の文字: ウガリト文字  

ヨーロッパの文字: アルメニア文字, エルバサン, オガム文字, ギリシア文字, グラゴール文字, ゴード文字, 古代教会スラブ語, ジョージア文字 (Asomtavruli, Nuskhuri, Mkhedruli), 線文字A,線文字B, ルーン文字, Beitha Kukju

南北アメリカの文字: イヌイット文字, オジブウェ文字, キャリア文, クリー文字, ジュカ音節文字, チェロキー文字, デザレット文字 ブラックフット文字  

アフリカの文字: ヴァイ文字, エチオピア文字, クペレ文字, コプト文字, ソマリア文字, バサ文字, ロマ文字

そして、《右横書きを採用する文字》 として、

古ベルベル文字, 古代エジプト文字, アラム文字, アヴェスタ文字, カローシュティー文字, メンデ文字, ナバテア文字, ンコ文字, パルティア文字, フェニキア文字, ティフィナグ文字, シリア文字, 南アラビア文字, ターナ文字

が、あることを知った。
[PR]

# by mohariza12 | 2018-06-10 00:05 | 文字 | Comments(0)
2018年 06月 09日

「武士と印刷」は、何故「Printing and the Samurai」と訳すのか?

(161104メモ:補記、追記)

地下鉄の都営江戸川線の「印刷博物館」の広告を観て…。

武士と印刷」のタイトルのイベント名は、英語でPrinting AND the Samurai」と
名詞の前後が逆になっていた。

日本語と英語等欧州では、複数の名詞で重視度が違うのか?
それが語順に表われているのか?、と思った。

日本語では、中味の主旨は 後に記し、

英語では、主旨は最初に表わすのか?、

それがこのような語順に表われているのか?と 思った。

・・・・・・・・・・・

上記のメモは、

今(180609)思うに、日本語の主語+目的語+述語(S+O+V)と、
現代 英語の主語+述語+目的語(S+V+O)の違いに関係するのか?
と、その時 思ったように感じる・・・。


・・・・・・

但し、(S+V+O)は、世界の言語で 普遍的な語順とは云えず、欧州でも時代の変遷の中で英語等において、それへ落ち着いた様だが、

名詞の語順に関しては、まだ 調べきってない・・・。




[PR]

# by mohariza12 | 2018-06-09 20:21 | 言葉 | Comments(0)