mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 23日

日産のゴーン会長逮捕の報に接して・・・

久しくブログ更新をしてませんでしたが、
日々の仕事に追われ、ブログを記す余裕が無く、
また たまの休みは疲れて(遅くまでTVを観たりいして、)午後2時近くまで寝ていてダラダラ過ごし、
ブログ更新を怠っていました・・・。
済みませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の<日産のゴーン会長逮捕>の件は、

田中龍作ジャーナルの記事(http://tanakaryusaku.jp/2018/11/00019137)の

「またスピンかよ」。テレビのニュース速報を見た時、反射的にこの言葉が浮かんだ。

 外国人労働者の受け入れ数拡大に向けた入管法改正審議に黄色信号が灯った矢先だったからだ。

 安倍首相の意向を忖度した法務省が、技能実習生の失踪調査で、改ざんした調査結果を国会に提出していたことが先週、明るみに出た。きょうは改ざんする前の調査原票が出てきたのである。

 経団連は時給300円で超長時間こき使える外国人労働者を大量に確保したい。日本人労働者の賃金引き下げにつながるからだ。経団連の意を汲んだ安倍首相は虚偽答弁をしてまで入管法を改正(改悪)する心積もりだ。


「甘利口利き疑惑」と「清原の覚せい剤」(2016年3月)

「集団的自衛権の行使容認」と「ASKAの覚せい剤」(2014年5月)

「モリカケ」と「秋篠宮真子のフィアンセ記者会見」(2017年5月)

 

安倍政権は窮地に立った時、必ずと言ってよいほどスピンを仕掛けてきた。今回は「覚せい剤所持」の大物がいなかったのだろうか。

 明日からは寝ても覚めてもゴーン報道一色となる。安倍政権にとって有難いのは事件が世界に報道されることである。国際社会に恥を晒す、技能実習制度という「奴隷買い」を隠せる。


・・・・・・・・・・・・・・


が、当たっている気がしているが、


グローバリズムの世界の中で、欧VS米、日仏の国家間の駆け引きが渦巻いている様に思う。


但し、<入管法改正>は、今後の日本の在り方を左右する問題とは思うが、


日本人の人材が劣化し、いい加減な人間が多くなくなって行く現状を体験しているので、


元々<(アジアの)多国籍国家集団だった日本列島>においては、人口減少が顕著な日本が生きる道は、


AIを大きく活かすか、アジア等から人材を入れるしか、道は無いように 私は思っている・・・。


貧困家庭は今だ多く、一部の人間に富が集中している現実はおかしいのだが、国家集団として生きる道は、上記の道しか 無いように感じている・・・。




[PR]

# by mohariza12 | 2018-11-23 17:35 | 世の中 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 14日

2018年9月28日のスラウェシ島(セレベス島)の大地震のプレートテクトニクスについて

私がブログを記していない間に、
2018年9月28日にインドネシア中部のスラウェシ(Suiawesi)島(:セレベス島:Clebes島)で大地震が発生したが、

この大地震は、プレートテクトニクス(:<PT>)の理論を通じて、過去からのPTの動きの事象を知っている人には、
今後も(北海道でもつい最近に起こったが、)日本列島と同じく、起こるべきして起こった大地震だ。

記事としては遅い取り上げ記事になるが、このセレベス島の地震の事象の根本(?)を図面等で記して行く。

そもそも、セレベス島は、アジア大陸のプレート領域(:<A>領域)とオーストリア大陸プレート領域(:<Au>領域)と、そして東から押している太平洋プレート(:<P>領域)がぶつかる境目にあり、

私自身は、セレベス島(:<C>島)の<Kの字>に似た島がどの様に して出来たのか?昔から不思議に思っていた・・・。

PTに興味を持ち、多くの関連の本や文献やネット記事を読解し、

<C>島は、<Au>領域に接していた 元々の<A>領域に、<P>領域新たに生まれたフィリピン海プレート領域(:<Ph>領域が、
PTの動きの為、太古から複雑に入り組んだ 入れ子細工の様に、その形状が出来ていた様に思っている。

以下は、西太平洋(:<P>領域)の発生と<Au>領域の変遷と、
それに絡んだ<Ph>領域プレートの変遷だ。


e0267429_20090582.jpg
東南アジアとオーストリア領域の私の地図の書き込みの地図と、
e0267429_19572956.jpg
セレベス島<C>島)が如何に複雑な各領域の挟間になっているか!を、私の地図に書き込んだもののスキャンだ。


e0267429_19581853.jpeg
<C>島の変遷の学術文献は色々あるが、上記の書き込んだ地図等で その複雑さは、お分りになると思う。


それと同じく 日本列島の変遷は複雑で、

やはり 原発は 日本列島には 危険なシロモノと思っている・・・。




[PR]

# by mohariza12 | 2018-10-14 20:58 | プレートテクトニクス | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 14日

ご報告ー2

今日(日曜)、体調が良ければ、図面・書類が積み重なったチャックをする為に、
現場へ行くつもりでしたが、午前中には目が覚めましたが、
歳も歳なのか?、行く気力が出ず、無理をせず、現場には行きませんでした。

午後、NHK Eテレの囲碁講座とテレビ東京の「発掘何でも鑑定団」を観て、
ダラダラと寝室で過ごし、

夕方、自宅のパソコンをいじっていて、
何とか、自宅からこのブログへアクセス出来るようになりました。

時間的余裕が無ければ、落ち着いて ブログを記すことは出来ず、
やはり画像等 言葉以外のものが必要になるので、

今後、このブログも 前の様に 生きてくるかも知れません・・・。

但し、早く自宅に帰って来れる余裕が必要なのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

この歳になってまで、時間に追われるとは 思っていませんでしたが、
いい加減が出来ない性格・気質は ずっと残っているのでしょうか・・・。

まずは、2回目のご報告をしました。



[PR]

# by mohariza12 | 2018-10-14 18:19 | ブログ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 13日

ご無沙汰ばかりで済みません・・・。

とうとう自宅からこのブログへアクセスできなくなり、
自宅でブログを記すことが出来なくなってしまった。

現場でも遅くまで仕事をして、記す余裕も無く、

疲れ切って自宅に着き、遅い夕食を取り、
シャワーを浴び、少しテレビの深夜番組を観て、
睡眠薬を飲み、眠りにつく毎日を過ごしている。

通勤中に神林長平のSF小説を読み、仕事のことを忘れること、
睡眠中に夢を見ることが
(なるべく、「夢メモ」を記すようにしているが…、
今日の朝は面白い夢を観て、現場には出たが、土曜なので、余裕があり、
夢を辿って行って、スケッチと一緒にメモを記した…。

それが唯一の楽しみのようになっている。

昔はブログを記すことが楽しみの一種だったが、
その余裕は無く、
それでも、ここに来て頂いている方は、過去の私の記事を読んで頂いている様で、
過去の記事がこのブログの財産の様で、
消えない努力はする必要があるようだ・・・。

もう少し余裕が出てきたら、再開します。

まずは、まだ生きているご報告をしました。



[PR]

# by mohariza12 | 2018-10-13 16:11 | ブログ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 15日

録画していたSF映画「インターステラー」を観たが…

ほぼ4日掛け、寝室へ移動した古いテレビで過去に録画していた『インターステラー』(原題: Interstellar)
<2014年米国映画、監督:クリストファー・ノーラン>を3回観た。
https://ja.wikipedia.org/wiki/インターステラー

久しぶりの論理的にもしっかりしていて、画像もCGのみに頼らず、宇宙船の出来もリアルで(模型は1/15スケールのミニチュアで、7.6m以上、14mと15mに及んだとのコト)、
ストーリーも宇宙論理学者が関わり、ブラック・ホールやワーム・ホール、そして4次元や5次元、タイムスリップも描かれ、(親子)愛でストーリーが繋がった秀作のSF映画と思った。

また、この映画「インターステラー」に出てくる「TARS」という5フィートの四角形をデザインを基本とした知性を持ったロボットが中々秀逸で、

今、ずっと、電車内等で 神林長平の「あなたの魂に安らぎあれ」と「帝王の殻」を再々読しているところだが、機械と人間の関係、コンピュータと共に未来へ生き残るための人間の知識(知恵)と 何だろうか?と思っている所だが、

神林のSF世界と映画「インターステラー」を合わせ、人類と機械(コンピュータ)との未来世界に、思いが行っているところだ。

この頃観る夢も、(「夢メモ」は記すことは中々出来ていないが、)人類と機械(コンピュータ)との未来世界に関わることばかりになっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお 今、仕事が忙しく、時間に追われ、ゆっくりブログを記す暇が無いが、上記のことはその内、考察して記す予定だ…。
[PR]

# by mohariza12 | 2018-09-15 22:30 | SF | Comments(0)