mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然 ( 6 ) タグの人気記事


2017年 06月 11日

茶系と緑系の色の組み合わせは、難しい!・・・JRの電車で

(170608メモ、補記、追記)

夕方、JRのW駅の道沿いに歩いて帰る時、

京浜東北線の電車が プラットホームに停まっていて、

(プラットホームの電車との境に塗られている危険注意の赤い塗装されているのだが、)

電車内の明かりが プラットホームのその赤い色を反射して、
車体のシルバー色の青い帯(:水色)の下に赤味を帯びた色(:朱色)として 映っていた。

それを観て、私はあまりいい色の配合(:色調)では無いなあ~、と思った。

自然界には、樹木等で、赤系の茶色の木に対して、青に近い緑色の葉っぱ、と云う色調の構成が

多く見られるが、

それは、自然界の植物なり、岩石なり等云う自然物の色同士の組み合わせだから、
調和していると、人間に感じられる、のだと 思う。

人家などで、茶系の板の壁に 屋根を緑色にしているのを時々見かけるが、
緑系では、緑青(ろくしょ)の色以外は、不調和な色調になっている。

絵画ならまだ許されるかも知れないが、
建物等では、色の組み合わせは、十分に注意する必要があると思っている。

色調とは、それが発したり、反射する素材によって、同じ色(マンセル値)でも全く違ってくる!

・・・そのことを知らないで、色を選ぶ人間がまだまだ多く、不快感を与えていることに気づかないでいる…。

・・・・・・・・・・・・・

なお、
先日(170521)、福岡からの帰りの成田空港からJRの成田線に乗っていた時、

電車から外を観ていて、<下総松崎~安食(あじき)>間で、
民家の屋根瓦の色が緑系だったが、
すこしも違和感を感じなかった。

緑青と云うか、深緑と云う瓦の色だった、と思うが、
千葉県(の この地方)では、昔から伝統的に緑色系の瓦が生産され、根付いていたのだろうか…?
と思った。
(但し、家に帰ってから、ネットで調べたが、分らずじまいだった…。)

生活に根付く色は、デザイナーが色の選択する際は、十分に注意する必要がある、と思った・・・。



[PR]

by mohariza12 | 2017-06-11 19:31 | 感覚 | Comments(0)
2013年 06月 15日

自然の中での廃墟と云う人間の行為の佇(たたず)まい

kappaさん繋がりで時々伺うブログ<ミクロネシアの小さな島・ヤップより>の
2013-06-12付けの<マングローブのトリミング
(http://suyap.exblog.jp/17938760)の記事に賛同し、
2013-06-14 に下記のコメントを送った。

(一部コメント訂正、適宜改行、一部色字等変更。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、12年前に設計監理した温泉+プールの施設の改善の打ち合わせに行きましたが、

折角、植えた桜の木100本近くは、何の手入れもしていなく、
雑草が生い茂っていて、元の雑草だらけの自然に近づいていて、

(130616追記: と云って、この建物が建設される前の敷地は、元 畑 だったので、
人の手が入っていたので、元敷地としては、雑草だらけでは無かった。
そして、元敷地を全面的に造成し、地形を変えた。
しかし、敷地買収出来なかった畑を除いた造成地は、自然に近い形に造成はした。
結果、12年後は、畑の前の 人の手が加わる前の
より自然に近い 雑草だらけの原始的な自然に帰った と云え、


却って、親近感を抱き、廻りの深い緑の森の木々と深みどりのダム湖の湖面に合っていると思いました。

(130616追記: 私が一番好きなこの敷地の四季は、秋で紅葉の時期が一番理想的な自然環境と思っています。

そして、このような理想的な自然環境に恵まれている施設は、たぶん日本には数少ないと思っています。


結局、どんなに手入れしても、自然の生き物には 人間は勝てないので、
それに合った景観を考えた設計なりをすべき と思います。

<下の写真は、完成時の航空写真。まだ敷地内の植栽帯は、木も小さく、芝等も育ってなく、ほぼ土状態だった。>

e0267429_2294166.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が過去に手掛けたリゾート施設は、廃墟となり、日本一の廃墟となったようですが、
それも取り壊されたようで、

ぜひ、自然の中での廃墟と云う人間の行為の佇(たたず)まいの人工物の面白さを見たかったのですが、残念な気持ちです。

山3つも削り、その中で 如何に自然に近い景観にしようと考え、設計し、現場でも考慮したのですが、
所詮、人間の行為の脆(もろ)さが見えます。

でも、それでも、廃墟の中の人間の冒した残存には、儚(はかな)さ と共に、人間のあがきの面白さがあって、私は好きなのですが・・・。

(参照:http://unforgivens.blog96.fc2.com/blog-entry-44.html)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ主の suyapさんから、2013-06-14付けの返事のコメントが載っていた。

(適宜改行、色字等は私。)

mohariza12さま、

はじめまして^^

>結局、どんなに手入れしても、自然の生き物には 人間は勝てないので、それに合った景観を考えた設計なりをすべき

まことに同感です。

日本ではいま「廃墟ブーム」と聞きました。

考えてみれば、戦跡なんて、究極の廃墟、つわものどもの夢のあと...が見られます。

戦跡だけでなく、ヤップにもスペイン>ドイツ>日本...そしてアメリカと為政者が遺した廃墟がたくさんあります。

願わくば、ニンゲンのおろかな行為が自然の回復力を凌駕することなく、美しく「廃墟」として納まりますことを!

(爆発した原発の「廃墟」なんて、想像もつきません...)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局、

どんなに手入れしても、自然の生き物には 人間は勝てない>こと、

如何に自然に近い景観にしようと考え、設計し、現場でも考慮したものでも、所詮、人間の行為の脆(もろ)さが暴露される>こと を 知り、

人間は、謙虚に自然に接するべき と 思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記の写真は、過去に手掛けたリゾート施設のイメージ完成図、模型及び完成時の写真です。

e0267429_22231274.jpg

e0267429_355316.jpg

e0267429_22232866.jpg

e0267429_22234762.jpg


そして、その廃墟の姿です。

e0267429_22254384.jpg

e0267429_22262093.jpg

e0267429_2227186.jpg

e0267429_22273990.jpg

e0267429_2228143.jpg

(130616追記: この2枚の写真は、元々ハワイのリゾート地を見学に行き、それを参考にしていたので、
椰子の実(?)のような木が生い茂り、理想的な植栽帯へ変貌していたので、是非この情景を観たい、と思っていたのですが・・・。


e0267429_22282585.jpg

e0267429_22284518.jpg

[PR]

by mohariza12 | 2013-06-15 22:36 | 建築 | Comments(0)
2013年 06月 05日

昨日、UPSなる言葉を初めて知って、新しい知識(知恵)を得た。

昨日、「UPS」なる言葉を初めて知っ た。
私は、電気、電子については、からっきしダメで分からないが、

無停電電源装置の進化した原理>を知り、新しい知識(知恵)を得て、日本サッカーの引き分け試合などの興奮はどうでも良くなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

UPS」とは、無停電電源装置(むていでんでんげんそうち)と日本語では云い、"Uninterruptible Power Supply)”の略だ。
入力電源が断になった場合も、一定時間、接続されている機器に対して、停電することなく電力を供給し続ける電源装置である。
日本では一般に、商用交流電源に接続して使用する、交流入力・交流出力のものをUPS と呼ぶことが多いが、本来は入出力の種類に関係なく、入力断に対して出力が断にならない電源装置の全てを示す、らしい。


この分野では、山陽電気株式会社http://www.sanyodenki.co.jp/contacts/index.html)が、日立、三菱、東芝等大手電気トップクラスより、優れ、最先端を行っていることを知った。

ネットで調べると、山陽電気㈱の
「太陽光発電システム用パワーコンディショナ SANUPS P」は、

太陽電池により発電された直流電力を交流電力に変換し,電力を供給するための装置で、
公共施設,産業施設などに使用できる、とのこと。

但し、「UPSに内蔵されているバッテリには寿命があり,交換が必要とのこと。

バッテリの寿命は,使用環境によっても異なりますが,当社標準仕様では周囲温度25℃, 1か月に1~2回停電があった場合で,およそ5年とのこと。

ひんぱんに停電が発生すると,充放電が繰り返されるため,バッテリの寿命が極端に短くなり、
寿命間近となったバッテリを交換せずにUPSを使用していると、
停電時にUPSから給電できる時間(バックアップ時間)が短くなる。
さらにそのままご使用になると,バッテリの液漏れや発煙の恐れがある。
システムの安全と,信頼性を守るためにも,早めのバッテリ交換を勧めている。
「 詳細につきましては,ご購入先へお問い合わせください。」とのこと。


私が、バー「T」のマスター聞いた<東京スカイツリー>の地下から地熱エネルギーを非常時に取るシステムとは、残念ながら違っていた。

もしかして、山陽電気の内部では、進んでいるかも知れないが・・・。

地球の核エネルギーや日本列島に沈み込むプレートテクトニクスのエネルギーを使った発電は、
日本列島の特質を生かし無限大のエネルギー>を得られる筈だが、まだまだ試行段階なのか・・・?

今日起きてネット検索して、少し、がっくりした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(130605追記)

午前中に、会社から、山陽電気㈱に直接電話をして、「製品取り扱い窓口」の担当者と話をした。

段階では、製品化されているものとしては、5年蓄電池があり、原理は、鉛の超需要・・・? のもの、

10年ものとして、ニッケル水素のもの

があるとのこと。

要は、分子の結合を解くなり、(及び、原子核の廻りの電子の軌道を変えることによって、)出るエネルギーを蓄電池のエネルギーとして取り込むようだ。
(原理は、至って、簡単、シンプルなものだ・・・。)

その担当者とは、「日本列島に押し寄せるプレートテクトニクスのプレートからのエネルギーを取り込んだら、膨大なエネルギーを取り込め、
地球の核エネルギーを取り込められれば、さらに無限大なエネルギーを取り込める筈」と話したが、

「それは今のところ開発はしていなく、そのエネルギーを取り込む蓄電池は膨大なものになる」とのこと。

そう云う蓄電池を造ったら、エネルギーが無尽蔵に入り、大変なことになり、もしかして、日本列島が破裂するエネルギーになり、破壊するかも知れない!>と、お互い理解した。

地球のエネルギーを人間の知恵で操作することは、不可能のようだ・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-06-05 13:03 | 自然 | Comments(0)
2013年 05月 25日

現代人は、地球の時間を無視して生きているのか?

先ほど(パソコンの前に座って、4字ほど文字を入力し たら うとうとして2時間ほどいつの間にか時間が経過していたが・・・)、

タバコを吸いに ベランダに立っていて、

(6月に近くなり、)午前4時近くには、もう夜が明けだし、白んでいた。

それは、地球における日本の緯度から来る毎年の経緯なのだろうが、

夜明けと共に、雀(?)なり、カラスの声が一斉に 鳴き出すのを聴くと、

現代の文明社会で生きる(時間に制約された)人間の行為と云うものは、

古代の人間は、太陽と共に動き出し、太陽が沈むと共に家等住み処で静かにしていたのだろうが・・・、

如何に 自然の摂理に逆らって、地球の時間を無視して、生きているものか?

と思った。
[PR]

by mohariza12 | 2013-05-25 06:22 | Comments(1)
2013年 03月 28日

火の粉<:子>が消える瞬間の瞬き

(130326メモ、補記)

会社からの帰宅中、(千代田区では、公共の道は、全面禁煙だが・・・、)
帰りの道すがら、タバコを吸っていて、その吸いがらを、
(:フィルターでは無く、まだ火が残っている灰の部分・・・私は、道すがら、タバコを吸っても、吸い口のフィルター部分を捨てることはしない)
大通りの前の細いアスファルトの路地に捨てた。

近くの横断歩道の信号が青になる間、待っていたのだが、ふと、捨てた吸いがらを見たら、
わずかに残っていた火の子<:粉>が、消える間際、2回ほど、線香花火の消える瞬間のように、光を発しながら、瞬(またた)いた

それを見て、消去してしまった「mohariza07メモ」で、
夜、我が家の2階のベランダから、タバコの火の付いた吸いがらの灰を下の庭に落とした後、見た光景
(:2階から火がわずかに残っている火の子<:粉>が見え、それが消える間際、2回ほど、線香花火の消える瞬間のように、光を発しながら、瞬いた)
の記事を記した直前の光景を思い出した。

火の粉<:子>は、消える瞬間、なんらかの生命のあがきのような反応があるのだろうか・・・?

その疑問は、まだ解けていない。
[PR]

by mohariza12 | 2013-03-28 00:40 | 自然 | Comments(0)
2012年 11月 06日

キンモクセイと月桂

(011022メモ、補記、追記)

また、2001年のメモから・・・。

・・・・・・・・・・・・

キンモクセイ(金木犀)は、花の姿が見えなくても、そこに咲いているのが分かる。

・・・そう云う人になりたいものだ。

人垣の香りが充満していても、人に染まらず、

キンモクセイは、変わらず、そこに咲いている。

月光はすべてを分け隔て無く照らし、

キンモクセイの香りは、だれかれと分け隔て無く、漂っている・・・。

・・・・・・・・・

今年は、まだ、キンモクセイの香りを嗅いでない、と思う。

私には、初恋の香りだ。

011022に、キンモクセイの香りを嗅いで、少し、詩的な気分になったのか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに続いて、

<月桂:月は水に映っても、水は破れず、月は濡れない。

と記してあった。

その後、立松和平との記があった。

立松和平の言葉だったか?は分からず・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-11-06 23:45 | 自然 | Comments(0)