mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

タグ:プレートテクトニクス ( 35 ) タグの人気記事


2017年 09月 25日

メキシコ大地震について(追記画像あり)

時間が無いので、短いコメントとします。

今回のメキシコ大地震は、大元は、南太平洋のホットプリュームを発するプレートの移動で、メキシコ南部から中南米、カリブ諸島が、太平洋から大西洋に沈み込んだことで、
今だ、その動きが続いているコトが重要だ、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

170925追画・・・下の図を参考にすると、メキシコ等中南米に地震が多いことが理解できると思います。

(註:Maとは、100万年前の単位です。)

e0267429_23135868.jpg


e0267429_23151293.jpg


e0267429_23162028.jpg


e0267429_23074565.jpg


e0267429_23034958.jpg


e0267429_23044850.jpg


e0267429_23203368.jpg

[PR]

by mohariza12 | 2017-09-25 23:22 | プレートテクトニクス | Comments(0)
2017年 06月 21日

「文字逍遥」から「地球史を読み解く」へ

中々更新せず、すみません。

今、

白川 静 著の「文字逍遥」(平凡社、1987年初版)を読み終え、

丸山 茂徳 著の「地球史を読み解く」 (放送大学大学院教材、 2016年初版)を
アマゾンで購入し、読んでいる所です。

「文字逍遥」は古い本だが、<漢字>について、大いなる示唆があり、
日本語の漢字について、

「地球史を読み解く」によって、
最新のプレートテクトニクスと地球と云う生命圏について、

をその内、記す予定です。


[PR]

by mohariza12 | 2017-06-21 23:23 | 書籍 | Comments(1)
2017年 01月 10日

2017年年賀状(続く…)

ほとんど 年賀状を投函しましたので、此処に 2017年(平成29年)の年賀状を掲載します。

e0267429_23412253.jpeg
ネタ(:図柄)としては、基本的にガウディのコロニア・グエル教会の地下聖堂の図の上に地上の塔を光で示した図(:<G図>)に、私の考案した2億4000年万年前のプレートテクトニクスの図解(:<P図>)を嵌めこみ、
<G図>の塔(及び、<P図>に隠れた<G図>の塔)からの光が、地球(<P図>の下の地殻等のエネルギー)を含め、
外部(:宇宙)に放たれ図を描いています。

この年賀状での図及び言葉の配置等については、後日記します。


(170109 記)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(170110追記)

上記の年賀状の原画は、下図です。

e0267429_22461367.jpg
<G図>に嵌め込んだ<P図>の拡大の(原)図は、下図です。

e0267429_22465544.jpg
年賀状用に<ペイント>で着色する前の<P図>の元の原図は下図(:<P原図>)です。

e0267429_23342994.jpg
そして、年賀状用に<ペイント>で着色する前の<G図>の元の原図は下図(:<G原図>)です。

e0267429_23275543.jpg
これらの図から年賀状を作成したのですが、いつもの年賀状と同様に、家族の言葉と組み合わせる為、個々の図柄は、言葉の配置等で修正し、色調を含め、全体のバランスを考えたのですが・・・。

(170110 追記・・・続く)
[PR]

by mohariza12 | 2017-01-10 23:55 | 年賀状 | Comments(0)
2016年 10月 12日

今後の生き方・・・(今後のブログ投稿方針)

ご無沙汰しています・・・。

まだ、投稿方針が明確に定まった訳ではありませんが、

昨日、
今62歳の私が、父の死去の82歳まで生きるとして、

脳が真面(まとも)な内に、ブログなりで、私が考えた事なりで、
世の中に役に立つ様なコトを、このブログで更新して行くことが大事なコトか…?、と思いました。

後、20年ですが、心身とも真面な期間が15年(?)として、私だけでしかやれないコトを優先すべき!と思いました。

と 考えると、

ガウディ(:未完のコロニア・グエル教会の再現)>関係と、
私が発想し、考案した<約6億年前からのプレートテクトニクス(大陸移動)図>の完成
<それぞれ、出来れば、世界中の誰でもがアクセスでき、立体化(3D化)できる様にしたい>、
そして、<世界言語の分析(解析)表 >の完成 に 辿りつきそうです・・・。

最後まで完成に要する期間は、(同時進行にやったとしても、)
此処に個々に 4~5年以上掛かると思い、

そう考えると、死に行くまでの残りの年月は そう 多く無いと考えました・・・。

と、云うことで、

その心構えで、残りの人生を生きて行くつもりで、

時々は、信頼にたるネットを通じ、<今起こっている事実>は伝えるコトはしますが、残りの人生に集中して行く予定です・・・。




[PR]

by mohariza12 | 2016-10-12 20:00 | 生き方 | Comments(5)
2016年 04月 25日

日本列島には原発はあまりにも危険!・・・プレートテクトニクスからの考察(追記あり:更新160425)

2016年4月14日から16日に掛け、熊本から大分で発生した「熊本地震」について、
初稿(18日?)から随時、追記して行きます。

<随時追記する為、文章上、追記の日付が前後したり、文章の変更が随時出て来、修正日を入れると、読みにくい為、文の流れを考えて、(追記日等)を記します。>

・・・・・・・・・・・・・・・・
(下図は、16日観測時点の朝日新聞のネット上から…。<160419追記>)
e0267429_21340654.jpg
上図で重要なことは、川内及び伊万原原発は、下記に記している<中央構造線>に限りなく 接しているコトです。

また、重要なコトは、活断層として認知されているモノは、現時点で調査されているモノでしか無く、未知の活断層も多数ある、と云うコトです。

今日(160425)、その存在を知ったのですが、 4月23日付けの
神保哲生氏の<ビデオニュース・ドットコム>での「被害を拡大した耐震化の遅れと今も続く厳しい地滑り現場の捜索
http://www.videonews.com/commentary/160423-01/)の実際現地に行き、ビデオ取材した武骨な神保氏のビデオ及び体験に基づく意見等も総合すると、
ハザードマップ等で紹介されている図等が、如何に当てに成らないか?がよく分かると思いました。(160425)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、卑近の事象からでは無く、日本列島の成り立ちから起こした<プレートテクノクス>等での分り易い記事を 記そうとすると
却って難しく、随時 追記+追画しながら、記して行くことにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・
(160418追記)

2016年04月03日付けの

日本列島には原発はあまりにも危険!・・・NHKスペシャルを観て

の 2016-04-15 14:06 付けの追加コメントで記した

「<それぞれの合体の境は、今だ ストレス(:歪み)があり、
その境で、大地震は過去にも起こってきた筈だ。>
と4月3日に記しましたが、14日夜、熊本で震度7の直下型地震が起こった。
まさしく、日本列島の背骨である<中央構造線>の南で起こった地震で、
歴史上(記録上)地震が無い地域でも、日本だったら何処でも大地震が起こる可能性があり
だからこそ 原発は危険でしかない! と云える。」との 内容については、

その後 新聞やテレビ、ネット上で記されている様なので、改めて詳述する必要は無いか、と思いますが、その中央構造線>については、考察して行きたいと思います。

但し、<だからこそ 原発は危険でしかない!>については、多くのマスコミはスルーしていた・・・。
特に、NHKの刻々出る地震速報の図には、わざと川内原発がある鹿児島の図を削り、震度も見せない様にしていたコトは、問題だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その際の画面です。(160419 追画)
e0267429_12363556.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2016年04月03日に添付した図は、下図のように <中央構造線>等が分かり易い図に修正しました。

e0267429_21304277.jpg
(160418追記・追画)

・・・・・・・・・・・

また、古い資料ですが、日本列島の地質帯の資料を添付します。(160419追画)

e0267429_12365656.jpg


<160419追画>の古い資料の図を含め、(1980年代から現代まで、地質学的発見等によって解釈が変わって来ていますが、)中央構造線を境にして、列島の南北方向で地質的に 大きく異なっていることが分かると 思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、今回新たに、プレートテクトニクス学の権威の平朝彦氏等の説の白亜紀前半の130MA(:約1億3000万年前)の日本列島が出来つつある図を添付します。
e0267429_21351360.jpg
e0267429_21364107.jpg
上図で重要なコトは、東日本及び東北地域は、西日本地域とは、1億3000万年前はアジア大陸の東側の南北で別な所で、(所謂)古太平洋プレートが沈み込む海溝上にあった2つの(ほぼアジア大陸に接する)列島だった、と云うことです。


そして、その後、1億年前までには、東日本及び東北地域は、西日本地域とは、中央構造線を接する形で、合体するのですが、(160425追記)

その後のおおよその列島の形成の略図が下図です。
e0267429_21391529.jpg
詳述は、今後随時記して行きますが、

日本列島は、列島を縦断している<中央構造線>を境に大きく2つに分かれている と考えられ、

130MAに、沿海州に接していた列島部(新潟から南の裏日本側)と
当時は、南中国等の縁に形成されていた日本列島の現太平洋側(兼 新潟から北部分)の列島部に分けられそうです。

そして、ここで重要なのは、<中央構造線>の他に、日本列島を横断している<フォッサマグナ>です。

・・・・・・・・・・・・・

(続く・・・)




[PR]

by mohariza12 | 2016-04-25 21:09 | プレートテクトニクス | Comments(0)
2016年 04月 16日

「熊本地震」についての記事は明日以降・・・

熊本地震」についての(卑近の事象からでは無く、日本列島の成り立ちから起こした)プレートテクノクス等での
(分り易い)記事を、今日記すつもりでしたが、
(内容を吟味する為、)明日以降になるかも知れません。

どちらにしても、原発は 日本列島での建設・維持は、危険すぎます。

     
[PR]

by mohariza12 | 2016-04-16 20:37 | プレートテクトニクス | Comments(0)
2016年 04月 03日

日本列島には原発はあまりにも危険!・・・NHKスペシャルを観て

先ほど(2016年4月3日21:00~21:50)、NHKスペシャル「シリーズ巨大災害~地震列島に新たな脅威」を観て、
私には、番組の内容的には、全く新しい発見は無かったが、

改めて 巨大地震がいつ起こるか分からない<日本列島には原発はあまりにも危険!>と思った。

そもそも、日本列島が、下図のような大きなプレートで分れていると云う<従来の説>も、
世界では数少ない現状(:実態)だが、

e0267429_2229497.jpg


番組で、太平洋プレート、ユーラシアプレート、フィリッピンプレート、北米プレートの4つのプレート他にも、
その他多数のプレートに分かれている可能性があり、
その(マイクロ)プレートの境で、巨大地震が起こる可能性がある、との 学者の説も、そのデータから さも あり得、

そもそも、日本列島の成り立ちからして、列島が過去数億年掛け、合体し続けたので、

<下図の列島の地質図参照>


e0267429_2254493.jpg



それぞれの合体の境は、今だ ストレス(:歪み)があり、
その境で、大地震は過去にも起こってきた筈だ。


観測・計測されていない活断層は、日本列島には、まだ 無数にあり、
今後、列島内で未知の活断層で、直下地震が起こる可能性がある。

番組では、その可能性を謳っていたが、
その大地震によって、
また東日本大地震によって、フクイチが壊滅し、
今だ 終息せず、メルトダウン・メルトスルーしている現実を告げず、

現在ある原発が、如何に危険か!
を 全く 伝えていなかった。

(・・・ドイツは悟った様だが、
古い地層の欧米諸国も、その地質的<:プレートテクトニクス的>な歴史的な変遷から、いつ その境が別(分)れる
<:その際、巨大地震が起こる>可能性があるかも知れないコト
<:その際、原発がどうなるのか!コト>
を知るべきと思う・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2016-04-03 23:24 | プレートテクトニクス | Comments(2)
2015年 06月 01日

土曜日午後8時半23分頃の小笠原諸島の地震について・・・

2015年05月07日付けの最新の<宇宙を含む地球システム図>掲載延期の件に記したように、

宇宙を含む地球システム図>は、

「日本語の原理」(英語のアルファベットによる<子音+母音>の解析表) >を修正したり、

その他、仕事以外の遣り繰り等があり、全く手が付いていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

但し、中断中も、最新の書物を読み込んだり、それらの図解を考察したりは、しています。

つい この前(150530)の土曜日 午後8時23分頃の 小笠原諸島の海域の海洋性プレートの沈み込みの より深い所で起こった M8 以上の大地震で、東京も 結構 長い間 横揺れが起こりましたが、

今後共、この様な地震や、列島中 連続して起きている火山の噴火は、

日本列島に棲む人間、生命の宿命で、

これまでも(ペルム紀等 太古から)、他の地球上の地域では、考えられなかったコトが、数多く起こったと思われ、

私は、土曜の地震の際、東京のスナックに居ましたが、
成すがまま・・・、で鎮まるのを待つしか、ありませんでした・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

宇宙を含む地球システム図>は、

<「日本語の原理」(英語のアルファベットによる<子音+母音>の解析表)>の修正版が、ほぼ完成しましたので、(修正版は、明日でも公表します・・・。)


<その他 色々関わらざるを得ないコトは まだあるのですが・・・、>

早く 手掛けたいと思います・・・。

<宇宙を含む地球システム図>には、

今回の小笠原諸島(マリアナ海溝)の地震を含めた プレートテクトニクスの原理も 描がかれ、今回の大地震を理解するのに役立つかも知れません。
[PR]

by mohariza12 | 2015-06-01 22:49 | プレートテクトニクス | Comments(0)
2015年 05月 28日

今の現状・・・(ほとんどが同時進行の中・・・)

「男言葉・女言葉」(英語篇) >をネットから知り、このブログに来られた方で、
他の記事を読んだ人は、言葉について記した記事もあるが、それ以外の記事があり、
前後のコメント記事に脈絡が無く、途惑う方が多いと思います。

要は、私は自分が興味があるコトは、専門書等を読み、ネットでも調べ上げ、
ドンドン深く掘り下げ 徹底的に追及して、本質的なコトを知りたい人間で、

生半可なことは出来ない人間だ。

多くの人(?)は、大学教授(特に東大の・・・)やテレビに出て来る(と称している)知識人の云う云うコトは、
真実に近い、と <錯覚している>様に思えるが・・・、

私は、(どこかに記していたと思うが、)そのような輩は、ほとんど(:全くと云ってほど、)その言動は、信用していない。

私は、もはや、大学出は ほとんど当たり前になり、価値はほとんど無く、
(・・・現実社会でも、大学出か?どうか?は、その人の価値には、全く関わり合いが無く、)
例えば、大学に行ったとして、その人間がどの様に 大学時代を送り、(一部でも)自分のモノにしたものがあるか!だ、と 思っている・・・。

(・・・以上は、今回のコメント記事の前置きみたいなモノです。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(本来は、大学時代の忘れ物の<ガウディ>に関して、ブログで、前の消滅してしまった<mohariza6メモ>の様に記すべきかも知れませんが、
まだ公に出来ないコトや、私も含め、個々人の実名が出て来て、支障が出そうなので、
このブログになってから、ほとんど記していません。
・・・<ガウディ>に関して 興味のある方はおられるかも知れませんが、
私の大学時代の忘れ物の<ガウディ>に関しては、去年から今年に掛け、協力者との具体的な行動作業によって、大いなる進展があり、確実に実になるモノになりそうで、
興味がある誰でもが、<ガウディ>に関して、アクセス して、多くの情報等が得られ、生に近いモノを体験できる組織を、協力者と模索して、今年中には、公になる、と思います・・・。)

(・・・また、本題から外れたようです・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今なお、<「日本語の原理」(英語のアルファベットによる<子音+母音>の解析表)150519版>の改訂版作成は、
今の建築現場への通勤中等で 行っていますが、

同時に2015年05月07日付けの『最新の<宇宙を含む地球システム図>掲載延期の件』で記した図を、見やすくするばかりで無く、より最新の学術的な知識を得、より深い点でその図を補充しようとして、
ここ1か月ほど、近所の市立図書館で<プレートテクトニクス>等の本を借り、
より最新の知識を得ている所です・・・。

・・・・・・・

それらの本を読み、

2014年12月22日付けの<5億4000万年前(カンブリア紀前期)の大陸移動図>(141222) に記した

何処かに消失した私が描いた<5億4000万年前(カンブリア紀前期)からの大陸移動図>から、
日本列島の成り立ちを解明しようとしていたコトに関して、
最新のプレートテクトニクスを網羅し、体系的にまとめた本
(東大出では無いが・・・)かなり色々な学説を読み込み、自分のモノにし、より本質的なプレートテクトニクスに触れた
堤之恭氏の『絵でわかる日本列島の誕生』
かなり深く読み、刺激され、
この本を基に、より 私が途中まで 描いた 地球の<プレートテクトニクス>の変遷を、深めたい!と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の建築現場での作業上の最新の建築知識等でも忙しいのですが、

ほとんど 同時進行の状態で、

皆さんに、、(ためになるか?は知りませんが・・・、)一般常識の世界から離れた面白い記事を

纏まった段階で、順次提供したいと 思っています。
[PR]

by mohariza12 | 2015-05-28 22:49 | 生き方 | Comments(0)
2015年 05月 07日

最新の<宇宙を含む地球システム図>掲載延期の件

2015年04月27日付けの記事の『宇宙を含む地球システム図>掲載予告』 で、

<平成25年12月13日初校のプレートテクトニクス学の最新の本に描かれていた「固体地球の内部構造」を大幅に手を入れ、
宇宙を含む地球システム図≫としていたA4の図解を、
A3に拡大して、文字等を見やすくし、図は文字を大幅に消し、より分かり易くするようにした図解を
ただ今、制作中。

ヒマヤラ ネパールの大地震があったばかりだが、
その構造システムも網羅されているもの。

完成しだい、連休明けには、このブログに掲載したいと思います。>と記し、

連休中、休み明けを目指し、図からは文字を大幅に(:ほとんど)消し、より分かり易くするようにした図解にしよう、と していましたが、

・・・・・・・・・・

文字をホワイトで消し、文字が消えていた所を補う為、図に新たな線や色鉛筆で補正等して行き、

多数の文字が消え、図のみで、地球及び宇宙を描いた図として、改めて 客観的に観ると、

図解は、自分で、個々で思いついた 注記の言葉で、図解の重要な部分を補っているように思え、

スケール感においても、(寸法値で誤魔化しでは無くても、)宇宙を含め、地球圏全体の図解で観ると、
齟齬(そご)をきたしているように思え、

改めて、その様な図解を描きだした本等文献を見直した。

見直して、私がインスピレーションで描いた図解に、幾つか、合理的に合わない所が見つかり、
それを修正して行くと、全体の図解として、
文字等の意味するコトと、<宇宙を含む地球システム図>としていた図解に矛盾が生じて来そうに思えた。

そこで、今 図書館で前借りていた本を読み直し、且つ コピーしていた図等を見直し、
全体の整合性を取っている所です。

また、それらの仮定の中から、何か 今まで見落としていたコト

(すなわち、地球を保護している空気、二酸化炭素等の大気及びオゾン層、電荷した原子・分子のイオン層等、及びヴァン・アレン帯を含む地球の外側の大気等<全体>の重要性、思考検討が足らなかったコト
が、ほぼ明らかになり、

前の図解を見やすくするコトが今回の目的でしたが、

前の図解を今現在、かなり修正しだし、再検討している箇所もあり、
連休明けの掲載は、延期するコトにしました。

・・・・・・・・・・・・・・

しかし、所詮、学説等 新たな発想で、図解等で 説明しようとすると、

その説明では相対的に、またその説明の部分においては、その通りかも知れないが、何処か、曖昧な部分(:その論理では、理屈に合わない事象が見えていて、それを説明出来ていない所)が垣間見えることが多々ある、と思っています。

今回、文字等で補っていた部分を削ぎ落とし、図解のみにしたおかげで、曖昧さが拭い去れ、
より 真理に近づいた<宇宙を含む地球システム図>になって行こうとしている、と思っています。


よって、今しばらく、私が納得する図解になるまで、『<宇宙を含む地球システム図>掲載』は、お待ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、文字が多く、図解として見苦しいと思いますが、
誤解を恐れず、連休前に完成していたと思っていた<宇宙を含む地球システム図>を掲載します。

e0267429_21204045.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この図において、地球のプレートテクトニクスの概要が、
大陸下に溜まったコールドプリュームが 下部マントルから、流体の外核へ落下して行った事象(現象)の積み重ねで成り立っている云う概念で示され、
海嶺を含む ホットプリュームの発生は、それらの現象から発生しているコト。

内核内の電磁力線が重要なコト。

内核内の元素等に、地球外の宇宙からの超微粒子が当たり、その衝突によって、新たなエネルギー等が発生し、地球自身が活性化して来たのでは・・・?と云う仮定。

あらゆる粒子等は、宇宙に還元し、ブラックホールに取り込まれ、別次元へ行くのでは?、と云う仮定。

・・・等、色々な発想が盛り込まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、上記の図解は、かなり修正はしますが、基本的な発想はそのままです。

より、最新の学説を理解吸収し、より 素人でも 感覚的に理解しやしい図解しようと、思っています。

今しばらく、お待ちください・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-05-07 22:05 | プレートテクトニクス | Comments(0)