mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 10日

2017年年賀状(続く…)

ほとんど 年賀状を投函しましたので、此処に 2017年(平成29年)の年賀状を掲載します。

e0267429_23412253.jpeg
ネタ(:図柄)としては、基本的にガウディのコロニア・グエル教会の地下聖堂の図の上に地上の塔を光で示した図(:<G図>)に、私の考案した2億4000年万年前のプレートテクトニクスの図解(:<P図>)を嵌めこみ、
<G図>の塔(及び、<P図>に隠れた<G図>の塔)からの光が、地球(<P図>の下の地殻等のエネルギー)を含め、
外部(:宇宙)に放たれ図を描いています。

この年賀状での図及び言葉の配置等については、後日記します。


(170109 記)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(170110追記)

上記の年賀状の原画は、下図です。

e0267429_22461367.jpg
<G図>に嵌め込んだ<P図>の拡大の(原)図は、下図です。

e0267429_22465544.jpg
年賀状用に<ペイント>で着色する前の<P図>の元の原図は下図(:<P原図>)です。

e0267429_23342994.jpg
そして、年賀状用に<ペイント>で着色する前の<G図>の元の原図は下図(:<G原図>)です。

e0267429_23275543.jpg
これらの図から年賀状を作成したのですが、いつもの年賀状と同様に、家族の言葉と組み合わせる為、個々の図柄は、言葉の配置等で修正し、色調を含め、全体のバランスを考えたのですが・・・。

(170110 追記・・・続く)
[PR]

# by mohariza12 | 2017-01-10 23:55 | 年賀状 | Comments(0)
2017年 01月 05日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・

今年の年賀状は、年越しの1月2日夜に完成し、2日の深夜(:3日の郵便局の集配前の午前中)に、
1月1日に来た年賀状の相手+α の人へ、直筆の宛名書きと多少の手書きのメッセージを添え、投函した。

その年賀状の絵柄とそれに込められたメッセージ等は、
ほぼ出すべき人へ、昨日(4日)に投函したので、近日中に紹介します。

・・・・・・・・・・

今年6月の郵便料金改定で 来年からは、年賀状は1月6日まで投函しないと10円上がる様なので、
年賀状は年越しで良い、との悠長なことは云ってられ無くなるようで、

年賀状は、(今年は出す人数を結構絞ったが、)そろそろ年賀状作成に掛けるエネルギーを減らすようにしないと、体力上も持たなくなってしまう…様な気がしている・・・。

絵柄等へ考察へはエネルギーを使っても良いが、案がほぼ確定したなら、一気に仕上げる様にしたい、と思っている。

また、宛名は手書きから、パソコンに住所宛名を入力して、パソコン印刷で済ませようか?と思っている。

絵柄を自ら創出し、印刷するだけでも、大変な作業なので、多少の手抜きは、もう 失礼に当たらないのだろう…、と考えているので・・・。


[PR]

# by mohariza12 | 2017-01-05 18:15 | 年賀状 | Comments(0)
2016年 12月 31日

年越しの合間に・・・

恒例の年越しの年賀状作成の合間に、私の今年のブログ記事等を振り返ると、
2016年 04月 11日付けの記事(http://mohariza12.exblog.jp/24295347/)の、

「この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは・・・ 」で記した

<2016年03月20日 付けの <真実を伝えるコトとは・・・?
(http://mohariza12.exblog.jp/24236553/)を記した状況から、

世の中は変わらずと云うか?訳の分からない<メクラ騙し>の世迷言(よまいごと)が次々と出て、
何が本質(:大事)か? が、朦朧となっている・・・。
一日の仕事が終わると、この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは、
世の中の この意味の無い 焦点ボケのツクリゴト(:<少しでも>真実に近い部分はあっても・・・)が 勃発しているからか・・・?
何か イライラが募って来て、今やるべきコトに 身が入らないこの頃だ・・・。>から、

このブログで、さっぱり(月 1~2回程度になり)、
ブログ記事を書かなくなった様で、

わざわざこのブログに来られた方には、新しいブログ記事の内容が少なく恐縮してます。
(時事等を含め、)その時点での 多少の思い等 の<記すこと>は あったのですが、
<「記すべきこと」>はその内容で検証し無くては 記されない内容が多く、
どこ(:誰)までその記す内容が及ぶか・・・?を 、考えると 面倒になり、
そのまま 記さないで終わったことが多かったように思います。

来年は、多少 その束縛を緩め 時期に即した思いを記して行こう とは思っています。

時期を逸しては意味無いことが起こりそうなので・・・。
[PR]

# by mohariza12 | 2016-12-31 20:36 | 世の中 | Comments(0)
2016年 12月 13日

アルファベットと漢字について(その1)

今は年賀状作成の時期なのだが、寝る前とか、風呂の中等で、「世界言語」の本を読んでいる。

昨日寝る前に、その中のフランス人が書いた(もちろん日本語訳だが…)本(:文字の世界史」(HISTOIRE DE L'ECRITURE )(ルイ・ジャン・カルヴェ著/矢島文夫監訳/会津 洋・前島和也訳/河出書房新社/1998年初版))を読んでいたら、

日本語の漢字について、アルファベットのような表音文字では無く、語彙も多く、その表意文字が今後足枷になるのでは…?」のようなことが書いてあった。
(正確には、

日本語の文字について大論争が起きたのは第二次世界大戦後であった。占領国アメリカはその影響力を行使し始め、ラテン文字のアルファベット表記を強制しようと試みたが、結局は漢字、仮名混在の体系に落ち着いた。
・・・

重ねて言うが、仮名だけで明確に日本語を書き表わすのに充分であるが、日本に導入された歴史上の承認である漢字が、音と訓とともに永続性を保ち、それが文字言語としての日本語の取得を多くの場合困難にしていることが、これから先、人々の了解事項となっていくであろう。

その文を読んで、考えさせられ、中々寝付けなくなった。

・・・・・・・・・・

(以前も記したことがあるが、私は 小学校3年の時、言葉としてはひらがな等で良く(十分で)、漢字の勉強は無駄と思い、ずっとテスト勉強はせず、その重要性を知ったのは、高校1年を過ぎてだった。)

英語圏やフランス語圏等の アルファベット文字のみしか使って無い(ほとんどの国の人と云って良い)人達にとっては、

漢字のような複雑で、覚える為にはその数が大変多い文字は、その国の人にとって大変(:足枷)でそれが為に文化的障害(?)が起こると思うのは、

ごく当然のように思われるが、

意味を表す<(へん)>と音を主に表す(但し、語源として深い意味も示す)<(つくり)>等によって構成され、その読み仮名は知らなくても、その語意(及び大体の音)が想像できる漢字は、
明治時期に外国語を漢字に訳したように、抽象的な意味を数語の漢字で表せ、おおよその意味を読めなくても、庶民でも理解できる。

多くの人は、<旁>の語源を教わらず知らないで大人になっているが、おおよその感じは掴める筈だ。

英語圏等のアルファベット文字では、医学等の学術用語は 多くはラテン語等の語源等の文字を多数繋げた長い文字となり、ラテン語等の知識が無い庶民には、チンプンカンプンと思われる。

今後 <表意文字より表音文字が上だ!>と云う偏見を正して行こうと思っている・・・。

そして、これまで 世界の言葉(:文字)について、多数の本等を読んで来たが、
(年賀状が完成したなら、) そろそろそれらを統合して、私の(今の所の)考え(思い)を記して行こう、とも 思っている。





[PR]

# by mohariza12 | 2016-12-13 18:36 | 言葉 | Comments(0)
2016年 12月 01日

電車の広告考(産業能率大学の編)

またまた 久しぶりの投稿になります。

余り肩を張らず、軽い気持ちで投稿します。

今回は、「電車の広告考」として、2016年11月21日に手帳にスケッチした<産業能率大学の広告>について、記します。

e0267429_18250868.jpg

この広告では、<BEFORE>の左の女性が、<4Years AFTER>(:4年後)には、

きっと4年後の私は、ブランディングで 地域の未来を明るくする 存在になっているはずだ。」として、希望の道に進む姿を示しているようだが、

この<4Year AFTER>の図では、左の女性像が 緑青色の切り抜きの像になっており、輪郭のみを対象にさせている。

しかし、その輪郭は、私には 左の写真の女性像よりも(猫背のようで)歳取って観えた。

それはたぶん 右側の像は、髪の毛の細やかさや衣服の細やかさを省略させた輪郭線 となっている所為と思われる。

そもそも4年後には、建物等背景も変わっていると思われ、
目鼻立ちがはっきりせず、衣服もしっかりしてない像では、
人間としての存在感が無く感じた。

影絵には、バリ島の影絵の様に、生き生きとした影絵もあるのだが、

e0267429_18303990.jpg

この絵には、輪郭を繊細に描かず、安易に 希望の色(?)の緑青色 に頼った為、
その様な印象を与えている と思う。

たかが 広告でも、字等で幾ら訴えても、絵心なり、繊細な感覚が欠けていると
この様な印象を与えるので、注意が必要と思う・・・。







[PR]

# by mohariza12 | 2016-12-01 19:39 | 広告 | Comments(3)