mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

さすが サントリーの広告!「よーーい 金麦」(追記あり)

1週間に1度位の投稿になっていますが、今回は久しぶりの「広告」の記事です。

(「フクイチ」絡みは、その内に・・・。)

・・・・・・・・・・

さすが、<広告界の大御所のサントリー!>と思わせる広告です。




e0267429_19205202.jpg

この広告は、今は見られなくなったのですが、
最初に観たのが、今年の3月3日で、1週間近く見られた
春(:桜)爛漫の季節感は、今も通じる中々の広告です。

車体の側面広告の4連を長大に使い、
発泡酒の「金麦」の缶を上手く使い、
桜色の桜並木と「金麦」の麦の金の穂と4缶の水色~青色を上手く繋げ(:色で曲面を表しながら、全体が繋がる手法で)、アレンジし、
春を迎える気分をよーーく 表していると思いました。

よーーい 金麦」と云う字の表現とピンク色の服をまとう女性もピッタリ決まっていると思いました。

そして、つい最近まであった次のバージョンの「金麦」の広告が下図です。

e0267429_19304633.jpg

先の広告を受け、桜散る中を女性が舞っている広告で、
先の広告では「金麦」のラベルをさりげなくしてましたが、

麦の金の穂を輪にして、「金麦」を目立たさせ、
左側に、桜の花びらを散らせながら、
(花びらと呼応し、所々、文字を傾けたりして、)色々なメッセージも載せ、
これも中々の出来と思いました。

舞う女性の廻りに 舞う桜の花びらが、私には♂の精子の様にイメージされたのは、
品が無い♂的発想と思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160331追画・追記)

今日(160331)先ほど、昨日買った上記の春の桜をあしらった「金麦」の350mlの缶をスキャンした。
e0267429_21055646.jpg
この缶の桜のデザインは、はっきりと云って、JRの広告に比べて、<陳腐だ>と思う。

中々センスのいいデザインは難しい!と思った。




[PR]

by mohariza12 | 2016-03-31 21:10 | 広告 | Comments(1)
2016年 03月 23日

3.18のテレ朝のNSを観て・・・

先ほど、YouTubeで、3月18日のテレ朝のニュースステーションで放映された
<ワイマール憲法から学ぶ自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ>
http://www.dailymotion.com/video/x3yonfg
を観た。

<・・・すぐ、削除されると思われるので、観なかった方は、早めに観られることをお勧めします。>

古館等面々は、相当の覚悟で放映した、と思った。

ほぼ、納得できる放映内容だった。

ドイツのエーリヒ・フロムの「自由からの逃走」を 学生時代(途中までだが…)読んでいるので、
古館等が云わんとすることは、よく 分かるし、

ボウ首相は、まさに やらんとしている様にも 思える・・・。

人間に絶対権力を与えてはならず、

不合理でも 三権分立なりで、権力は分散しなければ、

ナチの時代が いつでも 来るコトを 鑑みる必要がある、と思う。




[PR]

by mohariza12 | 2016-03-23 21:13 | 世の中 | Comments(0)
2016年 03月 21日

<真実>は一つで無い、と云うコト

今日起きてから ふと 思った。

<真実>は一つで無い」と、云うコトを・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去の歴史も、現代から観た視点での<史観>でしか無く、
過去、色々な<史観>によって、書き換えられて来た。
(そう云う「歴史の書き変え」があったコトを知らない輩が多くなっている様に思っている・・・。)

<9・11>など、マヤカシでしか無いコトが ほぼ明らかになり、
同じように<3・11>も その内 公に晒されるだろう・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所詮、<真実>とされているモノ・コトは、
人間の<史観>(:都合)でしか無く、
または 人間においての体制側(:既得権者、マジョリティ(majority:「多数派」)の論理での正義なりでしか無く、

人間以外の生物、人間においてのマイノリティ(少数派)におっての正義とはならない のは 明らかなコトだ。

絶対的な正義なり真実など、ある訳は無く、

これが「絶対的な<正義>なり<真実>」を叫んでいる人がいたなら、まずその人なり組織を疑った方が良い、と思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合、日本人の立場にいるが、親戚の関係上、純粋の日本人だけの立場で観ている訳で無く、
人間であるが、ガイア思想(史観)や 地球史を深く知っているので、

人間の立場だけで、地球の歴史を観るコトは無く、
人類が永遠に繁栄することが正しい、など 考えるコトは無い。

また、宇宙の成り立ちなど、宇宙や4次元以上の観点で、モノゴトを観る癖があり、
地球(生命等)だけで この世界なりが成り立って良い、とも 思っていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所詮 人間は、<真実>とされているモノ・コトを 今居る(:属している)立場なりでしか 観られない<偏見>(:バイアス)があるので、

より多くの立場の人の意見を聞き、様々な意見の中で、

真実(もどき)>を捉えるしか 無いのか・・・?と思っている。

そして、重要なコトは、世間で流布している<真実(もどき)>への反対の立場の人(組織)の意見(主張)を聴き、その一理を知るコトか・・・、と思っている。
[PR]

by mohariza12 | 2016-03-21 13:25 | 世の中 | Comments(0)
2016年 03月 20日

真実を伝えるコトとは・・・?

2016年01月19日付けの<今後の「ブログ」をどの様にするか?(チョッと) 思案中・・・>で記した後、
ずっと、<真実を伝えるコトとは・・・?>を考えつつ、飛び飛びにブログ記事を記している状況が続いています。

・・・・・・・・・・・・・・・

真実>とは、その重要さが重いほど、すぐ皆に知らせるべき、とは限らないのかも知れませんが、

知らなかったコトで ことの被害が甚大になり、不特定多数の多くの人の不幸に繋がるなら、

知りうる機関は、公にすべきと思うが、

今だ 公にしないのは、外部からも 圧が掛かり、

グロ-バルな事態として 事態の推移を ただ見守り、

民 一人一人より グローバル的観点のみで 事態の収拾を図ろう…、としているのか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・

何れ 多くの人が認識するコトになるのだろう…が、

世の中の真実(:事の重大さ)を知らず、

他のどうでも良いコトに 右往左往しているのは、

どうも イライラするばかりで

ナチスの二の舞 だけは避けたい、と 思っているこの頃だ・・・。





[PR]

by mohariza12 | 2016-03-20 22:39 | 世の中 | Comments(0)
2016年 03月 17日

フクイチの真実-1

世界を代表するイギリスの通信社であるロイターの16年3月10日付けの記事で、
フクイチに関し、下記の記事が出ているとのコト。

『アングル:福島原発の「グラウンド・ゼロ」、廃炉への長い道』
([10日 ロイター] -Business | 2016年 03月 11日 11:02 JST )
http://jp.reuters.com/article/japan-disaster-decommissioning-idJPKCN0WD03X

<福島第1原発の原子炉で、溶融した高放射能核燃料を発見するべく送り込まれたロボットは「息絶えて」しまった。地下水の汚染防止をめざして、破壊された原発の周囲を囲む地下の「凍土壁」はいまだ完成していない。

そして、原発の敷地の周囲に増え続ける一方のタンクに貯蔵された高濃度汚染水をどう処理すればいいのか、関係当局は依然として途方に暮れている。

5年前、史上最大級の地震による10メートルの津波が福島第1原子力発電所を襲い、複数の原子炉が炉心溶融(メルトダウン)を起こした。東日本大震災による死者・行方不明者は約1万8500人、関連死を含めると犠牲者は2万1000人を超える。16万人が住居と生計の手段を失った。


現在も福島第1原発の放射線は依然として非常に強く、炉内に人間が入って、非常に危険性の高い溶融した燃料棒の塊を発見・除去することは不可能な状態だ。

福島原発を運営する東京電力(9501.T)は、損傷した建屋から数百本の使用済み核燃料を撤去するなど、ある程度の前進を見せている。だが、同発電所内の他の3基の原子炉で溶融した燃料棒の場所を確定するために必要な技術はまだ開発されていない。

原発の内部にアクセスすることは非常に難しいと、東電で廃炉事業を指揮する増田尚宏氏は、ロイターとのインタビューで語った。最大の障害は放射線だという。

溶融した燃料棒は原子炉内の格納容器を突き抜け、現在の正確な場所は誰にも分からない。原子炉のこの部分は人間にとって非常に危険である。そこで東電では、溶融した燃料棒を探すために、水中での移動が可能で、損傷したダクトや配管のなかで障害物を乗り越えることのできるロボットの開発に取り組んできた。>

(真実の全ては記してないかも知れないが・・・、)この世界に公になった記事を真摯に受け止めるコトが大事だと思う。




[PR]

by mohariza12 | 2016-03-17 21:20 | 原発問題 | Comments(0)
2016年 03月 10日

明日は、3.11のちょうど5年目

明日は、3.11から ちょうど5年目。

政府、政治家、マスコミ等為政者側が隠し通して来たコトが、
白日の下に曝け出されるかも知れない・・・。

もはや隠蔽は、限界に来ている、と思うし、

私が知っている真実を伝えるブログ等の記事を冷静に読み、

後日、此処に記すつもりです・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2016-03-10 20:59 | 原発問題 | Comments(1)
2016年 03月 06日

映画「ラスト、コーション」を観て・・・(追記あり)

久しぶりに映画のコトを記します。
(<160306>・・・<160302初稿>の記事を大幅に手を加え、追記し、画像等の添付をしました。)

2月26日(金)たまたま深夜 (…途中で寝ようと思ったが、結局最後まで観て、観終わったのは 早朝4時を過ぎていました・・・) WOWOWの映画で、2007年のアメリカ、中国、台湾、香港合作映画(Rー18指定)の李安(アン・リー)監督の「ラスト、コーション」を観た。
e0267429_1419368.jpg


その後、ずっと、「ラスト、コーション」と云う題名の意味が分からなかったが、今日(160302)ネットで調べ、
ブログ「映画評論 ラスト、コーション(色、戒)」で、
・・・なお、このブログ記事は、ネタばれが多く記されているので、未見で観たい方は注意してください。

「ラスト」は、LAST(最後)ではなくLUST肉欲)で、これは(欲情)のことで、そしてコーションはCAUTION(警戒、警告)で、(戒律)のこと、と知った。
・・・題名が「ラストコーション」でも 「ラスト・コーション」で無く、「ラスト、コーション」であることが、この映画の奥深さの味噌、と思う。

<(160306追記:)映画の解説としては、「池内ひろ美の 映画大好き!」の中の<奥山篤信による「ラスト、コーション」の方が概説として、理解しやすい、と思った。>


凄まじいセックスシーンが描かれているが、戦時下(:日中戦争)の究極の場での肉欲を通しての男女の情が見事に描かれていた、と思った。

(<160308追画> 一通りのストーリーを知る予告編としては、下記の動画を・・・一応16歳以上のものか?
https://www.youtube.com/watch?v=WrJB0zLPKwM

http://jp.xvideos.com/video359883/sex_from_lust_caution> (・・・この動画へのアクセスは、20歳以上に限ってください。

日々極限状況での任務達成を強いられる 親日の特務機関の幹部の易(イー)役の梁朝偉(トニー・レオン)の押えた演技と激しい情動の演技が良かった。
女学生の王佳芝(ワン・チアチー)(:イー宅に潜入しマイ夫人を演じる)役の新人の湯唯(タン・ウェイ)の初初さだけで無い迫真の演技も良かった。

どちらも目の演技が冴えている、と思った。

(<160308追画> 目の演技を観るには、下記の動画を・・・18歳以上のものか?
https://www.youtube.com/watch?v=Abr7zuxmr_I


・・・・・・・・・・・・・・・・

これと似た戦時下の狂気の下での男女を描いた映画では、
過去に1973年制作のイタリア映画 『愛の嵐(英題: The Night Porter)』
e0267429_15261164.jpg

(監督:リリアーナ・カヴァーニ)でのダーク・ボガード演じるナチス親衛隊の将校マクシミリアンとシャーロット・ランプリング演じる 強制収容所で弄まれたユダヤ人の元少女ルチアの関係に近いと思った。

また、デヴィッド・クローネンバーグ監督の中国の文化大革命当時の史実を元に描いた1993年作の米国映画 『M(エム)・バタフライ(M.Butterfly)』での

e0267429_1533243.jpg

ジェレミー・アイアンズ演じる白人の外交官と、京劇舞台で「蝶々夫人」を演じる女優かつ女装した中国のスパイ(ジョン・ローン)との関係にも観られる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

どちらにしても、戦時下等 その極限状態においては、人間関係も男女関係も異常な極限状態になる、と思う。

昨今の戦争を好む人間(:戦争オタク)は、その極限状態に耐えられるのだろうか・・・?と思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160306追記)

なお、日本映画で<戦時下等の極限状態の男女>を描いたモノとしては、

「二・二六事件」があった1936年(昭和11年)5月18日にあった阿部定事件(あべさだじけん)(:仲居であった阿部定が、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件)を題材の

愛のコリーダ

e0267429_21192769.jpg

(1976年公開の日本・フランス合作映画の大島渚監督、藤竜也、松田英子主演)及び、
<『愛のコリーダ』より出来が良い、と感じる>
1975年の日活ロマンポルノ作品『実録阿部定

e0267429_2132079.jpg

(監督:田中登、主演:宮下順子、江角英明)も、
日本では少ない極限状態の男女を描いていた、と思う。

(註:監督:田中登作品については、moharizaメモでの|2006-12-06 の<故 映画監督「田中登」氏について>を参照)

・・・・・・・・・・・・・

(なお、<男女を描いた映画>については、今後他で、追記があるかも・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2016-03-06 21:27 | 映画 | Comments(1)
2016年 03月 04日

今後は未定か・・・

現在、パソコン内がウイルスに汚染され、(以前からだったが・・・、)

途中まで、投稿記事を記しても、途中で上手く作動しなく、投稿を諦める事態が頻発しています。

ウイルス駆除がどこまで出来るか?分からず、

ブログ記事が継続的に記すコトが出来るか・・・?

よく分からない状況です。

<とりあえず、現況 報告です。>

(なお、知り合いのブログも、よく 見られない状況でもあります・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2016-03-04 21:02 | ブログ | Comments(0)