mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

この くに の行く末・・・(フクイチの件ー2)

2015年07月02日付けの<フクイチの件ー1 >で

真の情報が国民に伝えられて無く、今後、どんな状況下になるか?全く 予想がつかない と云う現状です>と、触れましたが、

・・・・・・・

信頼できるブログ等を通じて、色々 過去等の情報
(:公のマスコミ等は、取り上げていない<真実>と思われるコト)を
今さながら 読み、実態を知り、

・・・・・・・・・

推測するに、

フクイチ>の件を、

本当に、どう 処置(:対処)するつもりなのか・・・?!
>、


そして、庶民にとって、

(日本)国と云う 組織 が、

如何に 怪しげで、

本当に、 どう 治める(:対処する ) つもりのか・・・?!、

不信に感じました・・・。

・・・・・・・・・・

しかし、(今・・・ )

此処へ来られる 多くの普通と思われる方に、

刺激的なコト(:真実実態)を どう 伝えるべきか?、

まだ、熟慮中です・・・・。

・・・・・・・・・・・・・

手遅れ」 に だけには、 したく無い!のですが・・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-31 22:29 | 生き方 | Comments(0)
2015年 07月 30日

<鳥の声、樹木の声、蝉の声・・・>

2015年07月08日付けの<鳥の声、雨の声、虫の声・・・>の続編です。

7月8日以降、土日や平日深夜等、近くの公園で、タバコを吸いに行って、
聴こえた<鳥の声、樹木の声、蝉の声、虫の声>の音(:声)等の観察記録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150712 19:02 蝉の声 メモ)

・・・蝉の声が、4~5日前から聴こえだしていたが、

shyyy shyyy shyyy shylm・・・ 〕と、〔shy〕系の声が聴き取れた。

なお、〔shy〕系の声以外の本来日本人が蝉の声としている代表的な〔my(ミイ~)〕の声も混ざりだしていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150712 20:39 樹木の声 メモ)

樹木の声と云うより、樹木の葉等が風で振動し、音となって聴こえる声なのだろうが・・・、

shhhi shihhi shhhwy・・・〕と、

聴こえた。

風は穏やかで、透き通った声だった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150712 23:59 虫の声 メモ)

何の虫の声か?分からなかったが・・・、

twy twy tww tww tyy tyyy・・・〕と鳴く 虫の声が聴こえた。

秋の虫のような寂しさを呼ぶような声では無かった・・・。

・・・世界の語族に依って、虫や他の動物等の声の聴こえ方は違い、
また、言葉としての表記は違うのだろうが・・・
、とも思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150719 16:40 蝉の声等 メモ)

公園に蝉の声が広がり(:響き渡り)、夏になった、と思った。

アゲハチョウが飛んでいるのも 観え、バッタが地面を跳ねているのも 観えた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150719 22:40 蝉の声 メモ)

蝉の声は、

swyyyyyyy shwyyyyy shwwwyyyyii shmmmmyyyiii・・・〕と 聴こえた。

〔shy〕系の声に〔my〕の声がはっきりと混ざっていた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150720 11:37 蝉の声 メモ)

この日 公園に最初に来た時には、蝉の声は、
聴こえず、昨日の蝉は死んでしまったのか?と思ったが・・・・、耳を澄ますと、

klky shyy shy ・・・〕と、
shyyl swyl kyky・・・〕と鳴く声が聴こえた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150720 11:42 鳥の声 メモ)

そして、鳥の声がした。

その声は、

kkklchy kchy kkchy kkchy chchy・・・〕と聴こえた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150722 02:27 蝉の声 メモ)

深夜も、昼間の蝉が全部鳴いているのでは無いのだろうが、蝉の声が鳴り響いていた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150723 02:26 蝉の声 メモ)

深夜、〔hhw hoow ・・・〕と 云う 強風の中、

が、必死に木の枝にしがみつきながら(か・・・?)

swyyy shmyyy・・・・〕 と 鳴いていた・・・。

・・・・・・

〔・・・続く・・・〕
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-30 21:03 | 言葉 | Comments(0)
2015年 07月 27日

Eテレのスーパープレゼンテーションの「コンピューターの中に手を入れて ピクセルをつかもう」を観て・・・

昨日(日曜深夜1時のEテレの再放送)のスーパープレゼンテーションの<7.22 ON AIR>の
Jinha Lee(イ・ジンハ)の<Reach into the computer and grab a pixel>
コンピューターの中に手を入れて ピクセルをつかもう」を観た。

<データを実体化して扱うことで日常の活動がどう変わるのか想像するとワクワクする。
データがただの情報ではなくなり、現実世界の一部となって、人間と接触する。そんな日が来るだろう。 >と云う主旨なのだが、

今普及しているi Pad なりで、キーボードやマウス無しで、画面上の指の操作で、パソコンを操作できる世の中になっているが、
(・・・但し、私は、i Pad は持って無いのだが・・・、)
もう少し したなら(:5~6年もしない内に?)、画面上で無く、パソコン上の画面の中(:内側)に手を入れ、)画面を観ながら、パソコンで立ち上げた画像等の世界の中で、手で自由に操作する (:機器が目の前にあり、手先が機器の前で、画面を通し、手先の動きで、創作物が形成されるのを確認しながら作業が出来る)時代が来るだろう! との内容だった・・・。

今、私が手で紙に描いている大陸移動図なり、ガウディ関係の図及び立体図(:3D)や(図をスキャンすれば出来ると思っている)3Dプリンターなども、
色々な思考錯誤を重ね無いでも、(:時間を掛けなくても、)簡単な操作で、思い浮かぶ思考と手の自由な操作が連動し、思い通りに 描くなり、立体を立ち上げるなりを、
一般社会において、安価な機器で出来る世界が、もう少ししたら来るのだろうか・・・?
、と思った。

(150729追記)・・・そうしたなら、イ・ジンハが云っていたように、「創造力」こそが最も需要になる世界になり、創造力の(力量の)差が歴然となり、( 唯 電子機器に長けたオペレータ的能力の人間は重要では無くなり、
今度は、そのコトによる格差社会」が生まれる気がするのだが・・・。


また、その時、同時に放映されていた
Joseph DeSimone(ジョセフ・デシモーン)の<What if 3D printer was 100x faster?>
もし3Dプリンターが100倍速かったら」の
3Dプリンターの進化を含め、

まだまだ、人間社会において 文明の利器は進化して行く様で、

まだ、死ぬには早すぎるのか・・・? と、思ってしまった。

と、云って、
今考えている案(考え)を分かりやすく公表するのに、それらの機器類等が広まるまで待っていると、
創造しているものが、徐々に脳のネットワークから外れて行く(:忘れて行く)可能性があるので、

脳が活性化している間に(:いつまでも、脳が活性化し続ける、と云う保証は無いので、
今やれる時に まだるっこく感じても、手でコツコツやらざるを得ないのだが・・・。


[PR]

by mohariza12 | 2015-07-27 23:34 | 生き方 | Comments(3)
2015年 07月 22日

新国立競技場デザインコンペの最優秀賞の<ザハ・ハディド案>廃案に関して

新国立競技場デザインコンペの最優秀賞の<ザハ・ハディド案>は、
結局、某首相がこれ以上世論調査で支持率を下げたくない為 (?)、
採用は却下されましたが・・・、

<・・・私は、マスコミ等の世論調査は、ほとんど信用していないく、各マスコミの思案の賜物で、ボウ首相に対して圧力気味た世論結果を駄目出しのように突きつけられ、焦って、親分に泣きつき、廃案にした、と 個人的には想像しています・・・。>

(まあ~、それは、どうでも良いことで、)

2500億円(最終的には、4000億円を越えるかも知れないと云われた<ザハ・ハディド案>が消えたことは、歓迎されることで、

建設費に2500億円以上も掛け、維持管理費が毎年20~40億円掛かり、
年に陸上競技場として使えるのが20回かそこらで、
陸上の国際競技大会としてやるには、また臨時のサブグランド(:サブトラック)を臨時に造らないといけず、
国内のインターハイ等の競技大会においても、サブトラック無しでは、競技者に大問題を起こす恐れもあった案が
廃案になったことは、

棚から牡丹餅で、結構なことと 思っています。

<そもそも、コンペにおいて、陸上競技等 スポーツに通じる人間がいたのか?不思議で仕様がありません。スポーツに通じてない ずぶの素人が、国立の国際陸上競技場案として、これが最優勝!と決められるのか・・・?、不思議です。(当然、親分は、素人と思っています・・・。)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、東京で誘致の際、モニター等で使用したとされる<ザハ・ハディド案
e0267429_2085390.jpg

の内部パースは、

e0267429_2365815.jpg


わざとキールアーチを目立たなくさせているパース(:絵)で、実現していたなら、こんな華麗(?)で<スマートで?>軽やかな空間には、ならなかったと、私は思っています。
(・・・そもそも、外部と内部のパースは、一致していない(:別物)、と思っています。)

<150724追記: 建築構造を知っている人間なら、内部パースのような浅い(:ゆるい)アーチでは、とても 屋根構造に無理があり、梁成(:梁の高さ)を高くしないと、構造的に無理があり、パース上はその高さに見合った深い陰影が出て来る筈で、それらが反映されていません。

下の実施設計の内部パースにも、同じコトが云えます。

実施設計には、シドニー・オペラハウスの実施設計をやり遂げたアルプ構造設計事務所が参加していたので、かなりスレンダー化はされていたのかも知れませんが、

内部パースのようなゆるいカーブは、かなり無理があり、パースの巨大アーチを補助するアーチは、より背の高いごっついものにしないと、地震国日本では、却って不安感を与えるように思っています。

両案とも、アーチの根本(ねもと)の所が細すぎ、無理があります。
観客席を大きく削るように出っ張ってこないと、構造的に無理がある、と思います・・・。


また、実施設計案
e0267429_20105332.jpg


の内部パースも、
e0267429_2393641.jpg


外部のパースから察するに、この様な内部空間にはならない、と思っていました。

そもそも、施主等に提示する建築設計(案)には、( 妄想(:幻想)を懐かせる <非現実で>姑息な )<>(の表現等)が 罷り通っていますが、

外部と内部が一致した建物は、そう多く無く(:ほとんど無く)、

外部と内部が一致していない建物は、どこかで<歪み>があり、欠陥商品(:建物)として、

負の遺産となる、と思っています・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

コメントで追記を記しましたが、

その中で扱っていた

<建築エコノミスト 森山のブログ>の中の 「新国立競技場建設コンペをめぐる議論について 8」での

千駄ヶ谷駅降りてみると、東京体育館の背景には空も樹木もない! 」の合成写真を観て、
e0267429_22133629.jpg


余りにも、景観を無視し、地域住民の環境を阻害している
設定条件及び<ザハ・ハディド案>と、思いました。

(東京体育館の設計者の槇文彦氏が怒るのも、もっとも と思いました・・・。)

・・・しかし、解せないのは、審査員長の安藤忠雄が何故、これを最終的に選んだか・・・?、その常識だ、と思うのですが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-22 23:18 | 建築 | Comments(10)
2015年 07月 21日

訃報:<バー「T」>のマスターの死去の件ー3

バー「T」 >のマスター(:享年73歳)が、
e0267429_12181743.jpg


7月3日(金曜)深夜 亡くなったことをお伝えしましたが、

先週 7月18日(土曜)に、店にて、マスターと仲の良かった山登りやスキーの仲間が主催で、
お別れの会」が催され、
(午後3時開催だった様で、私は時間を知らず、4時15分ぐらいに紛れ込んだ・・・)その会には、マスターの奥さん(:ママ)も同席していて、仲間の皆さんと、マスターを懐かしみながら、8時過ぎまで呑みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、事前に仲間の皆さん用に、過去に<バー「T」 >で描いた<光と影のスケッチ>の中から これは・・・と云うモノを2~3枚ずつ カラーコピーし、コピーを廻してもらい、好きなモノを自由に選んで、持って帰ってもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・

私の方は、

マスターの長男が、「明日、店は内部を壊してしまうので、好きなモノを持って行って良い」と、 云うので、

店にあった酒や民芸品を譲り受けました。

民芸品は、まず、

e0267429_18282276.jpg

のスケッチに描いてある
アフリカの黒檀の彫像>と
このスケッチでは、詳しくは描いて無かった<ヨーロッパ製(?)の女神と小人達のプラスチック製の人形>を貰いました。

・・・・<アフリカの黒檀の彫像>は、身近に初めて観ましたが、
私の過去のスケッチの様な
e0267429_1844547.jpg

女性的な顔では無く、顔(:目から下の部分)は 平坦でやや鋭角な感じなのを知りました。

また、西洋の民族衣装を着た小人達も初めてじっくり観たが、中々面白い格好で、魅力的だと思いました・・・。
(・・・小人達は、マスターが店のお客さんから土産として貰い、飾ってあったものでした。)

そして、
e0267429_2217520.jpg

のスケッチに描いてある<フクロウの(本物の)ステンドグラスの置物>を記念に貰いました。

(・・・これらの品々は、その内、改まって スケッチし、披露するつもりです・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ、マスターの死から 立ち直れないでいて、土曜以後、自宅等で、荒れはしないが、ずっと酒で
寂しさを誤魔化している状態です・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-21 22:36 | 光と影 | Comments(0)
2015年 07月 17日

今後の記事の方針・・・

「訃報:<バー「T」>のマスターの死去の件」の記事は、今後とも 思い付いたら 記載しますが・・・、

ある時期から このブログでは、これまで伏せていた

日本を含め、マスコミ等で扱わない 大きな問題が、日々(常に)起こっています・・・。

私は、ここでは、それらを糾弾せずにいましたが、

左近の国会等の動きを観、

かなり、不安に思い、危惧していますので、

今後は、

<某元首相の様に、(新国立競技競技場建設等、)影で操り、
利権(?)を 今だ 掠め取るのは、言語道断と思っています>し、

私の死後、今後

<日本と云う国 及び世界が どうなって行くのか・・・?!>、

(身内に危険が及ばない範囲で・・・、)

機会があるごとに 記して行く覚悟です・・・。

(・・・・ そうしないと、亡くなった マスターに申し訳ない、と思われるから です・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、記載するのを忘れない内に、1か月以内に携帯(電話)に記した「メモ」を記しておきます。

・・・・

(<1507??>メモ、付記)

たぶん、食物等の炭水化物等は、<発酵したモノ (:酒も含み・・・)>の方が、

その質量単位等からの比較でも、

エネルギー量が 高く、エネルギーがコンパクトに蓄積され、

また、植物等の自然の食材そのモノのより、

発酵により産み出され、また 発酵時に、時間経過によって 付加された 栄養素も含み

生物(:動物)が摂取するためのエネルギー価値も 高い、と 思われる。

・・・・・・・・・・・・・

自然食物の<炭水化物等の発酵した食物

<:成人以上とか 云わず、若い人間でも摂れる (脱アルコールの)発酵食品)>が、

今後、 (緊急事態の日本以外でも・・・)

必要とされる、と 思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<TPP問題>も含め・・・、

<衣食住>は、生きていく生物(:人間)として 基本的なコトなので、

今後とも、深く 考えて行きたい と思っている・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-17 20:27 | ブログ | Comments(0)
2015年 07月 15日

訃報:<バー「T」>のマスターの死去の件ー2

私にとっては、<バー「T」>のマスターが亡くなったことは、大変な損失で、

過去の年賀状は、いつも <バー「T」>で、年末前の4か月前位から、酒を呑みながら、構想を練って、
(ママが店に出ていた時は、ママに・・・、)その構想のネタを披露し、批評を受けたりし、原画が出来上がるまでの工程を知っていたし、集中していた時は、静かにして 声も掛けず、
長時間、そんなことを店でやるのを許してくれた・・・。

もう、そんな 自由な店は、見つからないだろう・・・。

・・・・・・・・・・・

マスターは戦中生まれで、戦争絶対反対の人間で、
私も戦後生まれだが、盆暗ボウ首相と違い、第三次世界大戦がいつ来るか?!の恐怖をベトナム戦争やキューバ危機で思い知った人間で、同じ考えを持ち、

他に客が居ない時、かなり 突っ込んだ議論をしたものだ・・・。
(顔見知りの常連の客が加わることも、時々あったが・・・。)

( もし、明日の成り行きを知り、マスターと話たなら、どんな話へ向かうのだろうか・・・?

世の中に 常識あるとされている人間は居るのだろうが、マスターは身近に話し相手になる<常識人>だった・・・。

・・・もちろん、私は、自分のことは、決して<常識人>とは思ってはいないが・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・

親友Y氏のコメントの <客の会話を聞かぬふりで、黙々と自分の仕事に専念している、空気のような存在・・・・・・>は至言で、人の話に口出しはしないが、話掛けると、ちゃんと話は聞いていて、
信頼できる客には、 自己の考えを話していた・・・。

決して、上から目線では無く、自己の体験からの 一般庶民としての<常識な人>としての考えを話していた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念至極だ・・・!
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-15 23:08 | Comments(2)
2015年 07月 13日

訃報:<バー「T」>のマスターの死去の件ー1

私のこのブログで、度々 <バー「T」の光と影>のスケッチ等で、名前を出していた <バー「T」 >のマスター(:当年73歳)が、
先々週の7月3日(金曜)深夜 亡くなったのを、先週金曜日に知った。

いつかは その日が来るとは思っていたが、とても残念で、まだ心が痛み、心が晴れない。

<バー「T」>のマスターは、関東(東京)近郊では、私の本心を語れる、極 限られた人だった。

このブログでは 扱わないと決めた 政治・宗教等(他 自己の本心、社会の裏の実態等(・・・フクイチとか、ムサシとかも)・・・、その時 私個人がが直接が知った事実等・・・) も、
2人だけになった時は、マスターには話していた・・・。

(店に来る人<:常連客>も、全てとは云わないが<・・・?>、偏見がある人は少なかった、と 思い、時々、客が居る中で、マスターと喋ったことも ある・・・。)

政治・宗教等は、個々人の思考 他で 様々で、一つの方向が 正しい!とは云えないが、

私とマスターの基本的な考えは、ほぼ一致していて、<安心して話せる>、と云うことは、大事なコトだった。

・・・宇宙の本質(:仕組み等)とかも、マスターは かなり 興味があり、また 幅広い知識(知見)があり、理解力もあり、
私の考えを披露したり、私の宇宙論のスケッチを見せたりしたことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私が、<バー「T」>を気に入って、しょっちゅう 行っていたのは、

(最近<ここ2年ほど>は、勤務先が変わったり、小遣いが減った所為等もあり、以前ほど行けなくなったのだが…、)

大学時代の行きつけのスナックと 雰囲気が似ていて、

<木のカウンターと白い(漆喰調の)壁、そして ( カウンターに蝋燭の火まで要求しなくても…、蛍光灯を使わない、)裸電球等のランプで 壁・天井を照らす光(そして その陰影)が、気に入っていた コトが、第一だが、
(・・・その様な店は、新宿と岡山にあったが、皆潰れ、私が知っている店では、唯一残っていた店だった・・・。)

しかし、やはり その店のマスターが 信頼に堪える人か?が、大事だった が、

その点、関東(東京)近辺では、完璧に信用できる唯一の呑み屋の主人(:マスター)だった・・・。

(・・・今後、信頼に足る 私の真の鬱憤等を聞いてくれ る呑み屋(:スナック等)を探すのは、かなり 困難で、時間が掛かる、と思っている・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<経緯:150710>

7月10日(金曜) 夕方 神田に用があり、用を済ませた後、<バー「T」>へ行ったら、
外に看板が出ておらず、
ふと 不安になり、階段を登って行くと、ドアに張り紙がしてあり、よく見ると、「店長亡くなり、閉店します」 との内容の掲示。

中が明るく 人が居るので、ドアを叩き、中の人(:マスターの娘の亭主とのこと)に聞き、
先週 木曜、店を締めた後、神田駅のプラットフォームで倒れ、そのまま亡くなった、とのこと。

自宅は、大体の場所は知っていたが、アパートの何号室か?は知らず、電話番号も知らず、
日曜に、久しく会っていないマスターのママに会い、焼香に行こうと思い、
頼んで、聞いた。

先週 木曜、<バー「T」>へ久しぶり(:2週間ほど空いた?)に行って、呑んで、マスターと会話し、

「先週 体調を崩し、1週間程休んでいて、今週 またやりだしたが、ちょっと具合が悪いので、明日、病院に行き、もしかして、そのまま金曜は休み、土曜も休むかも…」と、言ってたのを 思い出した。

マスターは、「昔、肺を患い、その後遺症か・・・?」とも、言っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<経緯:150712>

日曜、自宅のママに会い 焼香して来た。
マスターは、当年73歳とのこと。

7月2日(木曜) 深夜、(<翌日は、出て来れないかも知れないとは思っていても・・・、>翌日店に出て来ても良い様に・・・)店を綺麗に片付け終わり、

日付上、7月3日の終電に乗ろうとして、プラットホームで倒れ、そのまま亡くなった、とのコト。

死因は、心臓麻痺(心筋梗塞?)で、長く苦しむこと無く亡くなったのが、救いか…?

ママが云うには、「2日午後、店に出掛ける時、団地の窓から ふらつく事無いか?見守り、木曜は大丈夫だったけど…。」

「土曜はもう全休にしたら…。」と言っていたが、

マスターは、「土曜に来るお客さんがいるので、中々、そう云う訳もいかない。」と言っていた、との事。

私が木曜 店でマスターに会って話した時、「もうそろそろ 土曜全休を考え無いと、体がもたないかも…。」と言っていたが…。

木曜は、最後の客では無かった(後から、2人の客が来たと覚えているが・・・)けど、

マスターと、常連客として、30分近く(以上・・・?)話せて 良かった、と思っている。

今週、土曜 、マスターと仲の良かった山登りやスキーの仲間が主催で、

「お別れの会」が催される様なので、私は紛れ込む予定だ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・なお、<バー「T」>の本当の名前は、
ちゃんと店がたたまれるまで、公表は控えます・・・。

バー「T」>で描いた思い出の<光と影>等のスケッチは、後日、思い出の記録として、
このブログに掲載します。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-13 22:50 | 世の中 | Comments(3)
2015年 07月 08日

鳥の声、雨の声、虫の声・・・

2015年07月01日付けの『公園等で聴いた<鳥の声>-2 』 の続編です。

2015年07月06日付けの『近況・・・(追記あり)』でも記した様に、仕事等で忙しい身ですが、

自宅に戻ってから、タバコを吸うには、夏に向かい、(自宅でも)近所でも窓を開けている家があるので、
近くの公園でタバコを吸うことが多くなって、

その時、(心の浄化の為とは 思ってはいませんが・・・、)

鳥やそして、近頃聴こえるようになった虫の声を聴き、それを携帯電話にメモの形で残しています。

耳を澄まし、鳥や虫の声等を聴くことは、精神的にも良いか?とも思っています。

音を その音のまま、(偏見無しで、)客観的に聴くことは、精神の集中にも繋がり、精神の安定にも繋がるかも知れません・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150705 06:34 鳥の声 メモ)

早朝、小雨の中、鳥達が低空で飛びながら、時に 地面を歩きながら、囀(さえず)る声・・・

gyy gyy・・・〕、〔tytyty tUy tUy tlutly・・・

・・・・・・・

(150705 06:49 鳥の声 メモ)

tym tym tym・・・〕、〔qwly qwly ・・・〕、〔kqy kqy・・・〕、〔kll kll・・・〕、〔tym tym・・・〕、
tychu tychu tychu・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150705 07:08 雨の声 メモ)


tm tm ttutu tll ttu tutll・・・〕、〔tydada tyty dada・・・〕


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150705 12:32 鳥の声 メモ)

pychuy pychu chu chu pypy・・・〕、〔skyo skyo ・・・〕、〔kyo kyo kykllchye・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

(150705 12:51 鳥の声 メモ)


zezecho zezecho ・・・〕、〔pyo pyo・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150705 23:08 虫の声 メモ)


mmy mlyy mmy mlye myy myy ・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・様々な音、声に自然界は満ち溢れている と 思っている。

謙虚に、耳を澄ますことが、心の浄化にも繋がるかも知れない・・・。

[PR]

by mohariza12 | 2015-07-08 20:51 | 言葉 | Comments(0)
2015年 07月 06日

近況・・・(追記あり)

この頃、このブログへの投稿が減っていますが、

近況として、(退職後、しばらくは 暇を持て余し、プレートテクトニクスや数学等の研究<?>で時間をつぶしていましたが・・・

還暦は過ぎたのですが、

<失業手当が切れる間際に決まった 今担当している ある建築現場の監理の>
仕事が忙しく、

(・・・手抜き<?>をしようとすれば、判子だけで済むコトも可能ですが、
それは、生き方として出来ず、食扶ちの仕事上の書類等で、

(今までの設計事務所での習性なのか?、一応の定時で帰っても良いし、手当が付く訳でも無いのですが・・・、結局、以前と変わらず、)

夜遅くまで、
<但し、(就職に当たり、<就職手当の責任を明確にし、その金に見合う以外の>責任は回避したので・・・、)
ストレスは溜めず(:帰る時間が遅くなっても、書類等の期限を守り、現場対応が出来れば、自分が納得するまで時間を掛けても、文句を云う人間は居ず、ストレスは溜まらず、)、納得するまで・・・、>仕事をやっています。)

また、

同窓会関係等も役職等を引き受け、
今年は、大学時代(:私の人生において、最も自由奔放にやっていた時代)
の熱気を取り戻すべく、(今、やるコトが 色々重なっていますが、時間等、一日を)集中しています。<:いつ死んでも良い、との意思で 毎日を過ごしています。>


また、大学時代の忘れ物<ガウディ関係>にも、道筋がほぼ出来、それへの着地点へ向け、
焦らず進めています。

・・・・・・

還暦前には、こんなに忙しくなるとは思っていませんでしたが、

2~3年前、ブログに嵌り込み、他のブログも徘徊したり、深夜ブログ記事を記していた時とは違い、
その余裕が無いのが、実情で 
(:今現在、家ではパソコンを使っていませんので、深夜パソコンにのめり込むことも無く、
歳なのか、体力が無くなり、以前ののような3時間未満では無く、それなりに<3.5~5時間以上>睡眠をとっているので、)

ここに来られた方には、済みません、としか 云えません・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-06 23:11 | 日々 | Comments(0)