mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

2012年を振り返って

私の場合、年越しに当たって、1年を振り替え、反省するとか、新年において、その年の抱負を心に刻むことは、してなかった。

しかし、還暦を間近に迎え、少しこの1年を振り返ってみた。

1月から3月、4月前半までは、仕事の忙しさもあったが、精神的に追い詰められていた。
(心の)「メモ」も結構記していた。
(ブログへは非公開のものが多いが・・・。)

3月前半に、旧ブログ「mohariza07メモ」を自己の操作の誤りで消去してしまい、
2012年3月24日にこのブログ「mohariza12メモ」を新たに開設した。
6年近く更新していたブログ記事が消去してしまい、過去の貴重なデーター等も、私のパソコンの中の「マイ ピクチャ」に入っている画像以外は、ほぼ消えてしまった。
過去に私が思って記した記事(:記憶<?>)も消えてしまった。
これが、今年最大な事(:事件)かも知れない・・・。
しかし、過去は過去の事として、過去に縛られず、今後、このブログで、<世の中の何故?を模索>を模索したい、と思っている。
(「mohariza07メモ」時代の気負いは、今は無い・・・。
アクセスは1/5以下に減ったが、アクセスを増やそうとのことは考えていない。今は私的なブログで納めている。)

4月に会社の検診を受け、その検診書に「十二指腸の異常」がある、との診断があったが、
しばらく、様子見としていた。
しかし、内臓(下腹)の痛みがあり、7月、病院(一応安心できる大病院:三井記念病院)に行き、8月初旬、大腸の内視鏡検査をした。
結果、S字結腸の所にポリープが見つかり、切除した。
その後も、胃の辺りの痛みが続き、9月に胃の検査をし、食道裂孔ヘルニアと診断された。
(ヘルニア自身は、直ることも無いようで、現在、内服薬で加療している。だいぶ痛みは消えたが、酒は止められず、薄めの酒しか呑んでいないが、量を過ぎると、胃に違和感が出て来る・・・。)
60近くになると、身体のガタが来るとつくづく思った。
(その間、脚、親指等の痺れもあって、10月に脳のMRI検査をしたが、脳の異常は無かったが・・・。)

10月末、大学の関東支部の総会で、支部長に選任された。
(去年の10月支部の同窓会で、まだ体調不良も無かった時、次期の支部長になってもよい、と云ったので、選出されたのだが、体調を考えると、迷いもあったが、残された人生でやれることはやろう、と思い引き受けた。)
11月には、大学の総会で福岡に行った。

現在、年賀状作成中・・・。
(10月12日<?>に初案を作ったが、年賀状として送り出すには、まだ、時間が掛かりそうだ・・・。)

<家族の今年は、来年1月には、掲載する「2013年年賀状」で・・・。>

・・・・・・・・・・・・・・・

以上は、私の私的な今年の主な出来事だが、
世の中も色々なことがあった・・・。

3月から毎週金曜日に国会前で原発再稼働に反対するデモが行われ続け、
当初300人程度からはじまったこのデモに徐々に国民の注目が集まり、
1960年の安保闘争の国会デモに次ぐ数万人規模にまで拡大した。
当初無視し続けたマスコミも、とうとう報じるようになったが、扱いは小さかった。
(しかし、大飯原発は再稼動し、12月の総選挙でも、マスコミも扱いは重要な争点として「反原発」を扱うことは無く、原発推進の自民が圧勝した。)

私は、消費税増税には反対の立場だが、8月10日、民主党の野田政権が自公の合作で、公約違反の消費税関連法が成立させた。

日本の尖閣列島(中国名:釣魚島)国有化に対し、9月15日以降、中国で大規模な反日デモが起こり、その影響で、中国での日系メーカーの自動車販売台数が大幅に減り、日中双方を訪れる観光客が急減し、経済や文化など様々な人的交流も中断するなど、その被害が広がり、日本の貿易もその影響も受け、2012年は大幅な赤字となった。
私は、今後は、日米重視から東南アジアが中心となった経済協力が大事だと思っているが、
国土の問題は、日中の国民と国自身のナショナリズムに関わり、慎重な政治的判断が必要と思う。

11月12日、「「国民の生活が第一」の代表の小沢一郎氏に対する政治資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反(虚偽記載)で、控訴審で東京高等裁判所は無罪判決を出し、検察役の指定弁護士が上告を断念したので、氏の無罪が確定した。
検察の捜査理由も、単なる期ズレで他の政治家なら修正申告で澄むような内容だったので、無罪は当然だったと思うが、小沢一郎氏の2009年の強制捜査開始時点からのマスコミ等が作り上げた負のイメージは大きく、12月の総選挙では、氏の属していた「日本未来の党」は、敗北した。

そして、11月16日の野田首相の突然の解散表明によって行われた12月16日の総選挙で、小選挙の妙で、比例代表選挙で見ると全有権者のわずかに16%に過ぎない自民党が圧勝し、自公で2/3を占める事となった。
民主の敗北は致し方ないと思うが、安易に石原慎太郎と結んだ「維新の会」は、やはり小選挙の妙で、思ったほど票は伸びなかった。
自民の安部晋三首相には、積極的な景気対策を行って欲しいが、自公で2/3以上と云う過信に陥ること無く、原発をはじめ、国民の声を聞きながら慎重に行動して欲しい。

2012年(平成24年)は、今日で終わるが、新しい年に向け、良い年が訪れることを望んでいる。
私自身も、心を新たにし、新しい年を過ごそうと思っている。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-31 23:54 | 日々 | Comments(2)
2012年 12月 30日

カラオケは、<ある時代を共感したい>と云う気持ちで歌っているのか?

12月28日は会社の仕事納めで、会社内で飲み会があり、その後、神田のバー「T」で落ち着き、
W駅近くのスナックに行った。

結構 歳を食った客が多かった。

吉田拓郎の若い時の歌を歌っている客がいたが、
拓郎も60歳を過ぎている筈。

しかし、歌っている客自身は、その歌を聴いていた時の歳の時代に戻り、
その時感じていた心で歌っているのだろう・・・と思った。

何故、(日本人なりは)カラオケを歌いたがるのだろうか?

自己発散のだろうが、
若い時なりのその昔の世界へ遡りたいと気持ちから
ある時代を共感(共有)したい>と云う気持ちで歌っているのか?

自分は、まだ気持ちでは、<若い!>と云う気で歌っているのか・・・?

と思った。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-30 12:49 | | Comments(2)
2012年 12月 27日

濁音記号「゛」を「だ」から切り離して発音しようとすると・・・

(121226、121227メモ、補記、追記)

日本語の 「た」に付く濁音「゛」がある「だ」は、
“ta” の音の“t”が変換して“d“となり、単に“da“と発音されるのか?

「゛」と云う発音記号による発音は、単に濁る音だけでは無い気がした。

「だ」(と云う発音記号と云う字)は、「た」と「゛」(と云う発音記号と云う字)で音として分けられるのでは・・・?

無声音、有声音、濁音と云う口及び舌等から発せられる音の区別で、濁音「゛」の「だ」ができたのでは無いのでは?
(日本語の表記の妙のように思える。)

そう考えながら 実際発音しながら、「゛」を切り離して発音しようとすると、摩訶不思議な音の世界に入って行く。

英語の“t”が“d”となり、“h”が“b”と(無声音から有声音になって?)発音されるのとは、
日本語の「た」に付く濁音「゛」の「だ」は、違う表記表現では?

半濁音の「ぱ」の「゜」も、英語での“h”が“p”となる字上も発音上も違うのとは違う。

日本語のローマ字の字が、世界で一番合理的な語表記と思っていたが、

濁音「゛」と半濁音「゜」のある日本語のひらがな表記は(カタカナ表記も)、表記としては世界でも合理的な表記のように思える。

(参考:ことばや教え方の質問箱「 濁音・半濁音って… 」
日本語の知識「濁音記号の有無」によって有声音・無声音が判別可能
日本語の濁音と半濁音>)
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-27 22:52 | 言葉 | Comments(0)
2012年 12月 26日

モノ作りをしない人間は、人間の根本から外れているのか?

(121211メモ、補記、追記)

第3次産業の日本での割合は、今は7割(平成22年で、70.2%)、第2次産業は、25%(同年で24.8%、ピークは、平成4年の34.1%)、第1次産業においては、4%(同年で、4.0%)でしか無い。

頭のみを使い、言葉等テクニックのみで生きている人間が多くなっている。

1次産業や2次産業のように、自ら生産すること無く、モノを作ると云う 人間としての営みを行うこと無い者は、

人間としての根本から外れ、金(かね)のみで生きている人間なのか・・・?

・・・・・・・・・・・・

建築設計と云う行為も、モノ作りに近いが、図面のみを使い、言葉を弄し、
最近は、(シャープペンなりを使う)手作業から離れ、コンピュータを弄することが多くなって、典型的な第3次産業と云って良いだろう・・・。

現場では、職人の苦労は、知ることは出来るが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-26 00:33 | 人間 | Comments(0)
2012年 12月 24日

年に1回の「芸術活動」なので、焦らず・・・

昨日(23日)年賀状作成の作業をしたが、色は次男坊のおかげで、印刷でやっと鮮明な色が出るようになった。
しかし、原画のスキャンでは、色が不鮮明なので、新たに色を重ねないと不鮮明なのが分かった。

そして、Pixciaからbtmp に変換できないことも分かった。
他に変換してから、btmp に変換出来ないか?今日試してみるつもりだ。
(出来なければ、Pixciaに直接 字を入れるか、多版刷りを考えなければならない。)

年に1回の「芸術活動」のようなものなので、こつこつと、地道にやるしかない・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-24 13:19 | 年賀状 | Comments(0)
2012年 12月 23日

クリスマス時期に年賀状作成に入ったが・・・

どうにか、年賀状の原画を家でスキャンし、電子画像として取り込み、それをBTMPとし、製図用のJWWの画面に貼り付け、言葉を入れた。

どうにかバランス良く、文字を入れ込んだが、
コンピュータで色付けする前にスキャンした原画で印刷してみたが、色が出ず、どんな仕上がりになるか?予想がつかない状態だ。

次男坊にコピー機の色インクを補充してもらったが、それでも色が出ず、「市販のインクを買わないといけないかも?」と云われた。
自前の色インクの補充の方が、市販の色インクを買うより、1/10以下の値段で出来るのだが、高くついても、もう市販のでも良いと思っている・・・。

同時に22日午後から、電子化した画像をpixiaと云う画像処理の上に載せ、色付けをし出しているところだが、ソフトが変わってか、どうも以前のように機器の操作が上手くいかない。
3連休中にどうにか、ハガキサイズで見られる色付けをしようと思っていたが、
まず機器の操作に慣れないと、前に進まないようだ・・・。

(以前に比べれば早い)クリスマス時期に完成図に向かい、年賀状作成の糸口を付けたが、
前途は遠く、まだ完成には長い時間を要するようだ・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-23 02:10 | 年賀状 | Comments(1)
2012年 12月 22日

テレビを観ない生活は、現役でも 隠居(隠遁)生活・・・?

夜11時位、家の居間のソファーに横になり、そのまま寝てしまった。途中まで石油ストーブが点いていたが途中で消え、毛布は掛けていたが、寒くもあり、早く起きて、寝室の布団で寝なければ・・・、と思いつつ、夢を見て、その夢の中でも、横になり、ウツラウツラしている自分が居て、
早く起きなければ・・・、と云う自分がいた。
(午前4時にはようやく寒さで、目が覚めたが・・・。)

・・・・・・・・・・・

今日(もう午前4時を過ぎたので、昨日との感覚があるが・・・<今日は冬至なのでまだ暗いが、夏では白々して来る時間帯だ・・・>)21日は、
カミさんがパートの会社の忘年会があるので、夕飯を作ることが出来ない、と云うことで、夕飯は外食することにした。

午後6時半過ぎに、久しぶりに、神田のK(:小船津)と云う居酒屋に行った。
今はママさん1人でやっていて、先客が1人しかいなく、
(昨日はマスターの何周忌かで、たくさん客が来ていたらしいが・・・、)
途中で帰ったので、ママ1人相手に呑むことになった。

夕飯のつもりで、来たので、ニンニクの芽の肉炒め、チーズのカリカリ焼き、湯豆腐を食べ、お腹いっぱいになった・・・。
途中、焼酎の薄めのお湯割を何杯か、呑んだが、

その店は、カウンターから見える位置にいつもテレビを点けていて、昨日は、(私には全然興味の無い)ニュースの後、
全日本フィギュアスケート選手権をフジテレビでやっていて、結局、最初から最後まで観てしまった。

昨日は男子のショートプログラムのみだった。
私は、女子の真央ちゃんのスケートは、テレビで生でたまたま観ることはあるが、
元来テレビを見ることが家では無いので、最近の日本男子のスケートは初めて観た。

ショートプログラムトップだった18歳の羽生結弦(・・・今回、中々の出来と思った)とか、2位だった先日のGPファイナルで日本男子初優勝を飾った高橋大輔(・・・貫禄の演技と思った)とか、3位の小塚崇彦とか、4位の無良崇人とか、5位の織田信成とか、
初めて観るスケーターだった。
ママは、誰々は、何々だから・・・、とか云うが、私はテレビを観ていないのでさっぱり分からず、
でも、話上、「全然知りません!」とも云えず、唯、うなずきながら、話を合わせっていた・・・。

・・・・・・・・・・・・

そう云えば、政治家の顔もテレビで生で観ることも少なく、この前の総選挙の選挙結果のテレビ中継が、政治家を観る久しぶりの場だったが、日本維新の会代表(元都知事)の石原慎太郎の目をパチクリやる姿も久しぶりだった・・・。

・・・・・・・・・・・・

まだ現役で、東京の会社に行っているが、テレビを観ない生活をしていると、(ましてや、新聞も碌に読んで無く、)
世事に疎く、世の中の動きを知らず、まるで、隠居(隠遁)生活をしている、気がした・・・。

完全に退職をしたら、どんな生活になるのだろうか・・・?、とも思った。

(却って、暇なので、テレビを観る生活になるのだろうか・・・?)
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-22 05:45 | 生き方 | Comments(0)
2012年 12月 20日

歳を取ると、神経が太くなるのか・・・?

(121220メモ、補記)

歳を取ると、感性(:繊細な神経)が鈍るのか?

世の中の荒波で生きて行くためには、か細い神経で対応する(:神経が鋭敏すぎる)と、ある歳になると、身体が付いて行かず、必然的に感性が鈍るのか?

(若い時のように、一々過敏に対応していくと、ある歳になると、身体が持たなくなるから・・・?)

つい1年 には、まだ細やかな感性があったつもりだったが・・・。

歳を取ると、神経が太くなるのか・・・?

それは、生命体としての必然なのか?

生きて行くためには、繊細な神経では長く生きて行けず、必然として、感性が鈍るのが、生命体としての必然と云うことなのか・・・?

そう、思った。

何か、虚しさを感じたが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-20 23:20 | 人間 | Comments(4)
2012年 12月 20日

年始まで10日あまりとなりとなったが・・・

とにかく、総選挙の結果が出、これが国民の審判なのだ(!)と思い、

17日(月曜)は、バー「T」で呑んだ。

と云うより、サボっていた年賀状の最終チェックをした。

そして、(3時間ばかり、カウンターで格闘し、)
だいぶ描き直した。

ホワイトもたくさん使い、消しゴムくずが一杯出た・・・。

(マスターには消しゴムくずが一杯、床に落ちたのを謝った。)

今までも 最初の案のまま、済んだためしは無いが、
しかし、落ち着くところへ、落ち着いた感がした。

今日(19日)もバー「T」でチェックをし、印刷方法の構想も練った。

年始まで10日あまりとなり、時間は無いが、今年は(も)博多には戻らない予定なので、
焦らず、正月休み中もあり、1日過ぎてから出しても良い、との心構えで、

自分に満足する年賀状を作るつもりだ・・・。

・・・・・・・・・

自己満足の世界の「年賀状作り」に浸れるのは、いつまでか?分からず、やれる時(:歳)に、やろう、と思っている・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-20 00:49 | 年賀状 | Comments(0)
2012年 12月 18日

ブログ滞りの理由の弁・・・そして、20%動けば・・・の念

どうも、ブログへの投稿のサボり癖が出て、4日ぶりの投稿となってしまった。

金曜日(14日)は、会社の忘年会があり、会社の人間と1次会の後、2次会でカラオケに行き、その後、W駅に着いた後も、近くのスナックに寄って、遅くなり、ブログは記せなかった。

2次会では若者中心になり、若い人間の歌に付いて行けない感を感じ、(私の歌った Steppen Wolf の"Born to be Wild"は、若い者には受けたが・・・、 )

そして、1人で行った3次会は、客で一杯だったが、何故か、孤独感を味わった。

客が連れ合いとの話しに夢中になっていて、争ってカラオケを歌うので無い雰囲気では、私の声も届かず、歌っていても虚しさだけが響いていた・・・。

・・・・・・・・・

土曜日(15日)は遅く起き、同窓会支部WEBサイトへの原稿をどうにか、記し、メールにて送った。
1ヶ月前には、記すべきものだったが、バタバタしていて、どうしても!と云う切っ掛けが無く、遅れていたのを、締め切り間際に記した。

記して、その文で良かったか?は、迷った。
しかし、具体的な公約みたいなのを記しても、民主党の実行できないマニュフェストみたいなので、支部総会で用意していた原稿の「理念」の部分を記した。

ようやく肩の荷が下り、明後日は朝が早いので、遅くまで起きっておられず、

本当は、「明日の総選挙では、自民党圧倒的に有利とのマスコミの報が出て、気力が無くなっていてもしれないが、是非、投票に行くべきで、2割の国民が動けば、どう転ぶか分からない!」と記そうと思ったが、私も気力が無くなっていた・・・。

・・・・・・・・・・・・

日曜日(16日)は、投票には、昼に行ったが、地方区は、「無し!」と記して来た。

その後は、選挙の帰りに買った発泡酒を3本呑み、(カミさんがパソコンをしていたので、)選挙速報が気になっていたが、時間があり、テレビをウツラウツラしながら見た。
途中から、偶々やっていたBSTVのWOWOWの黒澤明の「七人の侍」を途中から観た。
黒澤映画では、一番好きな映画だったが、途中からだったからなのか? (刀が如何にも切れない紛れものの白さが目立ったり、)少し古めかしい・・・、とも思ったが、やはり名作だ、と思った。

8時になり、テレビ朝日の選挙速報を見たが、圧倒的な自民圧勝が即出て、「あ~あ~」と思った。

その前にも、投票率が低いのは分かっていたが、

国民の審判は、「民主はあまりにもダメなので、今回は、自民へ」の風が吹いた、と思った。

途中他のチャンネルも見たりしたが、明日(月曜)は、朝、6時ちょっとには起き、出かけなければならず、10時過ぎには風呂に入り、11時には寝た・・・。
(結局、ブログを記す暇は無かった。)

・・・・・・・・・・・・

月曜日(17日)は、朝4時近くに一旦目が覚め、6時にはまだ時間があると分かり、また寝、6時15分前にはどうにか起きた。
どうしても7時4分にはW駅から群馬に会社の用で行くことになっており、朝刊はチラッと見たが、バタバタとして、家を出た。

途中、駅で(読売、日経、毎日は買う気がせず、)東京新聞を買い、列車で選挙結果を読んだ。

やはり、得票率は、60%を切り、自民圧勝の報が出ていた。
(100%の開票率の結果はまだ出て無かったが・・・。)

ただ、「脱原発の民意と隔たり」との政治部長の言葉が虚しく、記してあった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

18日0時過ぎ(気持ちでは今日だが)に家に帰り、総選挙の得票率が、戦後最低の59.32%と知る。

前回より約10%下がっていた。

国民は、諦めていたのだろうか・・・?

自民党の優勢は動かなかっただろうが、もし、20%が動いていたら、自公で2/3は行かなかっただろう・・・。

「未来」も少しは上がっただろう・・・。

原発促進で無い<脱原発の>党、増税賛成の党で無い<反増税の>党がもっと伸びていただろう・・・。

ただただ、残念だ・・・。

自民党には、経済だけでも、押し上げて欲しい。

それ以外は、暴走しないことを願う・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-18 03:14 | 日々 | Comments(0)