mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

「スマトラ沖プレートに新たな割れ目」では無く、復活!

2012年09月27日付けの<「スマトラ沖プレートに(新たな)割れ目」について(前段)>の続きです。新たな図も入れ、解説します。


9月27日の夕刊の朝日新聞に、
「スマトラ沖プレートに(新たな)割れ目」「巨大地震発生の恐れ」と云う記事が出ていました。
e0267429_22133163.jpg


27日付けの投稿後、ネット上にも、この記事の内容がマスコミ等のネットで流され、ブログ記事もありました。

・・・・・・・・・・・・・

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2904202/9591194

【9月27日 AFP】
インドネシア・スマトラ(Sumatra)島沖で今年(2012年)4月11日に発生した大地震は、「横ずれ型」地震としては観測史上最大で、インド洋の海底下にある巨大プレート(岩板)が2つに分裂しつつあるとの説を裏付ける証拠だとする分析結果が、
26日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 米ユタ大学(University of Utah)のキース・コーパー(Keith Koper)准教授とカリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California, Santa Cruz)のソーン・レイ(Thorne Lay)教授は、4月のスマトラ島沖地震の規模や発生地点を詳しく分析。
当初はモーメントマグニチュード(Mw)8.6とされていた地震の規模が、Mw8.7だったとの結論に至った。
解放されたひずみエネルギーの大きさは、当初の推測より40%も大きかったという。

 これは横ずれ断層型地震としては観測史上最大で、他の断層型地震を合わせても過去100年間で10番目の規模だという。

 これほどの大地震は通常、プレートの沈み込み帯でプレートが縦方向にずれて発生し、津波を引き起こす。
やはりスマトラ島沖で2004年に起きた大地震ではインド洋大津波が生じ、多数の犠牲者を出した。
だが、今年4月の地震では2時間後にもMw8.2の地震が起きたが、いずれもプレートが横方向にずれたため津波は起きず、震源がインド洋海底下だったこともあって死者は10人と少なかった。

■インド洋下の岩板に巨大な割れ目

 今年の地震の発生経緯の詳細分析によれば、積み重なり互い違いに交わった少なくとも4つの断層が、ほぼ同時にずれたと考えられる。
これらの断層では「雁行(がんこう)割れ目」と呼ばれる多数の割れ目が生じ、2分40秒間に次々と裂けたとみられる。

 さらに大きな発見は、この割れ目の生じた地点が地球をジグソーパズルのように覆うプレートとプレートの境界ではなく、インド・オーストラリアプレートの真ん中だった点だ。
地震によりできた割れ目は最大で幅40メートルで、研究チームでは、これこそインド・オーストラリアプレート分裂説を裏付ける証拠だとみている。

 インド・オーストラリアプレート分裂説は長く唱えられてきた。
同説によれば、プレートは数百万年前から分裂し始め、西側の部分はユーラシアプレートに衝突して止まったが、東側部分はスマトラ島の下に沈み込み続けているとされる。
(c)AFP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、前に記したように、<長くプレートテクトニクスを観て来た私には、ピンと来るものがあり、
過去の大陸移動図のブログ記事の図や、手元の地図、新しいプレートテクトニクスの図からは、
決して新たなものでは無く、
過去の割れ目の残存がまた活動し出したのでは?と思われた。>のだが、それを記したネット記事は無かった。

最新のプレートテクトニクス(と云うより、より詳細にプレートを分けた)の図解が下図です。
e0267429_22195636.jpg

・・・この図を見ると、インド・オーストラリアプレートは、一枚のプレートとは云えないようです。

私の海底の地図でも、
e0267429_22214135.jpg

・・・ミャンマーからスマトラ島北部にかけ、海底の割れ目があり、その延長線上に新聞で指摘の割れ目らしきものが見えます。

そして、<過去のインド亜大陸の移動に際し、インドを動かしていた海嶺があった。
・・・大きな動きとしては、現在は目立たなくなったが、その海嶺の残存が今年4月のスマトラ沖の大地震及び新たな割れ目に関係しているように思える。>と前に記したように、
現在の中央インド海嶺の前に、ゴンドワナ大陸からインド亜大陸を分裂させた海嶺があった、のは学術的に論証されているようです。

・・・・・・・・・・・・・

以下、岩波講座 地球科学11 「変動する地球Ⅱ-海底-」(上田誠也他編/岩波書店/1979年第1版)の海洋プレートの運動史のインド洋で掲載されたインド洋の海底拡大史(Johnson et al. 1976 による)の図を載せます。

まず、130MA(My:1億3000年前)から80MAの図解です。
e0267429_1784034.jpg

…まず、インド亜大陸(In)は、EW(南極)とAu(オーストラリア)が分裂する前、InとEW
・Auプレートの境界で分裂し始めました(:海嶺が出来きました)。

64MAの図解です。
e0267429_17124810.jpg

…前の海嶺からJump して、Auとの境に、新たな海嶺が出来、発達し出した。

53MAの図解です。
e0267429_17281257.jpg

…新たな拡大軸が発達し、インド亜大陸が北北東へ移動します。

32MAの図解です。
e0267429_1732165.jpg

そして、今度は、AuとEWの分裂に伴い、インド亜大陸の分裂の軸は、AuとEWの境に変わって行きます。

そして現在です。
e0267429_1738944.jpg

…現在では、AuとEWの分裂の軸(南東インド洋海嶺)が発達している、との説です。

しかし、衰えたと云え、64MA頃のInとAuの境に分裂の痕跡はあり、いつ、また活動してもいいと云う地質的状況だったと思われます。

私が以前記していた東南アジアの海底等の海嶺等を記した図を掲載します。
e0267429_17472323.jpg

…2004年12月にもスマトラ沖でM8.9の地震がありましたが、ミャンマーからスマトラ島への海底の分裂の先に、この地震の南東側の海底に分裂があるように思い描いたものです。

2012年4月の大地震から、インド・オーストラリアプレート分裂説を導き出している学説は、
新たに分裂し出したのでは無く、過去の分裂の跡がまた分裂し出した、と考えるのが、妥当と思われます。


・・・・・・・・・・・・・・・・

<以下、上記に記した内容の理解の為、新たに130MA(1億3000年前)からを追画し、1MAまでのインド亜大陸の移動図を掲載します。>

e0267429_18354246.jpg

e0267429_18361063.jpg

e0267429_18362921.jpg

e0267429_22304458.jpg

e0267429_2231410.jpg

e0267429_22312610.jpg

e0267429_22315373.jpg

e0267429_22322112.jpg

e0267429_22325846.jpg

e0267429_22332461.jpg

[PR]

by mohariza12 | 2012-09-30 18:46 | プレートテクトニクス | Comments(2)
2012年 09月 27日

Andy Williams が参加した三重唱としての「スカボロー フェアー」(再掲)

今日(9月27日)夕刊にアンディ・ウィリアムス(Andy Williams )が84歳で、25日アメリカミズリー州の自宅で亡くなった、との記事が載っていた。

アンディ・ウィリアムスは、私が小学校高学年(~中学校?)時代、テレビで、アンディ・ウィリアムスショーを観てから、耳に心地良い歌(洋曲)を聴かせてくれた。
馴染みのバー「T」でもよくかかる歌だった。

追悼として、過去の2012年05月13日付けの<S&G, Andy Williams の「スカボロー フェアー」>で載せた(たぶん若かかりし頃のAndy WilliamsとS&Gの)Andy Williams が参加した三重唱としての「スカボロー フェアー」を貼り付けます。



http://youtu.be/c_T7HgZKZjo

・・・一小節目は、 もしかして、Garfunkelの独唱の形で、Andy Williams が少し声を乗せ、
二小節目はGarfunkelとAndy Williamsが主旋律をはもり、三小節目からは、Andy Williamsが主旋律を唄い、サビの「反戦のメッセージ」を、SimonとGarfunkelが交互に追唱し、はもり、見事な三重唱となり、S&Gのレコードと同じ位の質を保っていた。

中々、聴ける三重唱で無い・・・。

アンディ・ウィリアムスの死去を心からお悼みします。
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-27 23:39 | | Comments(2)
2012年 09月 27日

「スマトラ沖プレートに(新たな)割れ目」について(前段)

自民党の総裁選挙で盛り上がっている新聞・マスコミですが、

今日(9月27日)夕刊の朝日新聞に、
「スマトラ沖プレートに(新たな)割れ目」「巨大地震発生の恐れ」と云う記事が出ていた。
e0267429_22133163.jpg

(記事詳細は後日に…)

しかし、長くプレートテクトニクスを観て来た私には、ピンと来るものがあり、
過去の大陸移動図のブログ記事の図や、手元の地図、新しいプレートテクトニクスの図からは、
決して新たなものでは無く、
過去の割れ目の残存がまた活動し出したのでは?と思われた。

<詳細は土日なりの後日に・・・。
当座、関連の図を貼り付けます…。>

まず、最新のプレートテクトニクスの図解。
e0267429_22195636.jpg

・・・この図を見ると、インド・オーストラリアプレートは、一枚のプレートとは云えないようです。

私の海底の地図でも・・・。
e0267429_22214135.jpg

・・・ミャンマーからスマトラ島北部にかけ、海底の割れ目があり、その延長線上に新聞で指摘の割れ目らしきものがある。

そして、過去のインド亜大陸の移動に際し、インドを動かしていた海嶺があった。
・・・大きな動きとしては、現在は目立たなくなったが、その海嶺の残存が今年4月のスマトラ沖の大地震及び新たな割れ目に関係しているように思える。

<以下、66MA(6600万年前)から1MAまでのインド亜大陸の移動図。>

e0267429_22304458.jpg

e0267429_2231410.jpg

e0267429_22312610.jpg

e0267429_22315373.jpg

e0267429_22322112.jpg

e0267429_22325846.jpg

e0267429_22332461.jpg


今日の所はここまでとしておきます・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-27 22:40 | Comments(1)
2012年 09月 26日

そろそろ、年賀状の草案を考える時期に掛かっているが・・・

今日は、胃が痛く、会社を休んだ。

この頃、胃等の痛さもあり、深い考え、長文のブログを記す気力が無い。

健全な身体からしか、健全な考え(精神)は生まれないのか?

(そうは思いたくないが…、現実は…。)

そろそろ、年賀状の草案を考える時期に掛かっているが、その余裕は無い・・・。

このまま、今年が過ぎていくなら、最悪の年になりそうだ・・・。

復活しなければ・・・。

まず、身体からか・・・?

完全復活には、ほど遠いように思うのだが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-26 22:13 | 日々 | Comments(0)
2012年 09月 25日

夢で、「今度家を造る時、大きな便所を造るぞ!」と云ってしまった。

この頃、11時位に寝て(過ぎに寝ても)、深夜2~3時位に夢で一旦、目が覚めることが続いている。夢を反芻しながら、また、寝るのだが、その後の眠りは、浅いのが続いている。

今日(9月25日)深夜3時40分位に夢で目がすっかり覚め、「夢メモ」を記した。
小便をし、台所で冷たいお茶を飲み、ベランダでタバコを吸うと、眠気がすっ飛んだ。
(そして、薄い焼酎のお湯割りを呑みながら、ブログをこうして記している…。)

・・・・・・・・・・・・・・

(今日観た夢はこう云うものだった・・・。)

大きな別荘(?)に私は居て、小便をしたくなり、便所を探したが、まだ、不案内で、分からなくなった。
ここかな~と思っても、違う部屋のドアだったり、物入れだったり…。
「便所は、隣の旅館の方の奥ですよ。」と云われ、入ると、左手に奥まっていて、
奥に子供連れの親等3~4人が並んでいた。
その奥に行くまで、両側は、木の棚があり、色々な調度が飾られていた。
私は、「今度家を造る時、大きな便所を造るぞ!」と思わず云ってしまった。
(言外には、大きな便所を作り、棚にお面や調度、本も飾りたい!と思ったのだが…。
もう歳で、家を造る余裕は無いのだが、思わず云ってしまった。

そう云ってしまい、ほぼ、夢から<眠りから>覚めていた・・・。)

実際は、便所は、その奥(先に入った部屋は、洗面所だったようで)の右にまた入り口があり、
小便器が3つほど並び、先客も居た。小便器は、Uの字型(Uの字は、Jの方が背になった形の…)だった。
左には、風呂への入り口のようなものがあった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかく、朝までずっと寝続けることが少なく、途中で夢で覚め、その後は浅い眠りの毎日が続いている・・・。

(今日はこれからまた眠りに付くのか?このまま起き、ネット徘徊するのか?決めていない。
まだ、眠気はない・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-25 05:05 | | Comments(0)
2012年 09月 23日

「お立ちね」が、「います。」

(120922メモ、補記)

<錯覚>

帰りのバスに乗った際、バスの窓に「ドアが開いてから、席をお立ちねがいます。」との注意書きが貼ってあった。

ふと、私は、「お立ちね」が、「います。」と読んでしまった。

自分では気がついて無いが、そう云う勘違いは、よくあるようだ・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-23 20:19 | 言葉 | Comments(0)
2012年 09月 22日

神林長平の「ぼくらは都市を愛していた」は読み終えたが・・・

SF作家の神林長平の「ぼくらは都市を愛していた」(/朝日新聞出版/2012年7月30日第1版)は、今日(9月21日)読み終えた。

「情報震」と云うデジタル社会の破滅世界のTOKYOを舞台とし、情報軍の双子の姉のアナログの手記と、
内視鏡カプセルによって腹部に通信用の人工神経網を設置され、互いの考えを読み合い交信できる「体間通信」によって覚醒した公安の弟の思いが考察交錯 した物語だったが、

最後の収斂の仕方は、今一、ガッテンが行かなかった。

今、脳が活性化してないので、読みが足らなかったかも知れないが、
個人の思いと「都市」の機能が、何かあっさりと関連し過ぎ?と思った。

もう一度、読み直しだしたが、

今のモヤモヤの気分を晴らす方には、その 結末は行ってなかった、 私の気持ちを晴らせず、気分として、結末に収斂出来そうも無い と思った。

130506追記:結局、本を読み終えても、気分として、結末に収斂出来無かった。
再度、時間を置き、読むと、収斂出来るのかも、知れないが・・・。

[PR]

by mohariza12 | 2012-09-22 00:29 | 書籍 | Comments(1)
2012年 09月 20日

痛みをも日常として、生きるしかない、のか?

19日の医者の検査報告では、「胃のヘルニアで、胃酸が多く出っている。」とのこと。
胃酸を押さえる薬の処方箋を貰い、薬を買った。
「ヘルニア」と云われ、その場は納得したが、よく考えると、訳が分からず、
ネットで調べるが、今一、納得せず、今度、医者に詳しく聞こうと思っている。

現在、右親指の痺れもあり、脚全体も痺れている。
身体でまともな所の方が少ないのかも知れない・・・。

2012年09月14日付けのブログで「長い生きはしたいとは思わないが、痛みと一緒に生きるのは勘弁だ・・・ 」を記したが、

ある歳を取ると、まともな所が少なく、
痛みをも日常として、生きるしかない、のか?と 今日思った。

まだ、死ぬには、やり残したこともあり、
「痛み」をただ淡々と受け入れることが必要なのか?と思いつつある。

節制もしないといけないが・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-20 22:13 | 生き方 | Comments(2)
2012年 09月 17日

夢の中でしか思考は深められないのか?

3連休中、昼間、思考を深めることは出来なかった。

但し、土曜早朝なり、寝て見た夢の中に、今後の生き方のヒントがあったように感じた。

深い思考は、今の私には、夢の中でしか、深められないのか?と思うこの頃だ・・・。

日中は、暑さの中で、惰性のように時間を過ぎるに任せ、過ごしたように思った。
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-17 22:45 | | Comments(0)
2012年 09月 16日

とりあえず報告・・・

(遅くなりましたが、)とりあえず報告だけはしておきます。

14日の胃カメラ(胃の内視鏡検査)では、特に削除する異物は無かったようです。

(十二指腸は、荒れていたようですが…。19日に詳しい検査報告を聞くことになります。)

それでも、14日は まだ十二指腸付近が痛いのが続いたのですが、

15日は、痛みは和らぎました。

やはり、精神的なストレスから来ているのか…?と思いました。

今日(16日)は、そんなに痛みはしませんが、違和感は残っています。

酒の所為もあるのかも知れません。

(でも、酒を呑まずの生活は、まだ、考えられません…。)
[PR]

by mohariza12 | 2012-09-16 22:03 | 日々 | Comments(0)