mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:広告( 11 )


2016年 12月 01日

電車の広告考(産業能率大学の編)

またまた 久しぶりの投稿になります。

余り肩を張らず、軽い気持ちで投稿します。

今回は、「電車の広告考」として、2016年11月21日に手帳にスケッチした<産業能率大学の広告>について、記します。

e0267429_18250868.jpg

この広告では、<BEFORE>の左の女性が、<4Years AFTER>(:4年後)には、

きっと4年後の私は、ブランディングで 地域の未来を明るくする 存在になっているはずだ。」として、希望の道に進む姿を示しているようだが、

この<4Year AFTER>の図では、左の女性像が 緑青色の切り抜きの像になっており、輪郭のみを対象にさせている。

しかし、その輪郭は、私には 左の写真の女性像よりも(猫背のようで)歳取って観えた。

それはたぶん 右側の像は、髪の毛の細やかさや衣服の細やかさを省略させた輪郭線 となっている所為と思われる。

そもそも4年後には、建物等背景も変わっていると思われ、
目鼻立ちがはっきりせず、衣服もしっかりしてない像では、
人間としての存在感が無く感じた。

影絵には、バリ島の影絵の様に、生き生きとした影絵もあるのだが、

e0267429_18303990.jpg

この絵には、輪郭を繊細に描かず、安易に 希望の色(?)の緑青色 に頼った為、
その様な印象を与えている と思う。

たかが 広告でも、字等で幾ら訴えても、絵心なり、繊細な感覚が欠けていると
この様な印象を与えるので、注意が必要と思う・・・。







[PR]

by mohariza12 | 2016-12-01 19:39 | 広告 | Comments(3)
2016年 04月 03日

「銀座カラー」の広告

前回に続いて<広告>のスケッチ・記事です。

銀座カラー」は、<女性専用脱毛サロン>らしいのですが、
そのJRでの週変りの広告は、中々意味深と云うか、ストーリーがある様で、その広告を観ていました。
下図は、最初に見たのが、(2016年)2月22日で、三日ほど掛け、スケッチし、3月2日に一応仕上げました。


e0267429_20113171.jpg


赤ずきん(ちゃん)」をストーリーにして、広告の題材にしている様で、上図の男役の藤ヶ谷太輔くんには狼の耳が付いているのだが、

藤ヶ谷太輔(くん)が 中々のイケメンだが、赤ずきんちゃん役の女性も目が隠れているが、中々の美形だ。

この広告を作った人(メンバー)が何を意図としたか?は、
女性の「赤ずきん(ちゃん)」のストーリーの<怖いもの見たさ>を演出しているのか?
藤ヶ谷太輔(くん)のイケメンで、女心をそそっているのか?
実際には よく分らないが・・・、

私には、

イケメンの藤ヶ谷太輔(くん)の目も(たぶん)女性的な目に修正し、
女性の目を赤ずきんでわざと隠し、♂♀の別を曖昧にし、
ある種、この頃の女子の好きな(?)<BL(ボーイズラブ)>を裏に隠ししている様に思った・・・。

意味ありげに エロスなりを秘めて、人間(男女)の心を擽るのが、
広告の秘訣の様だが、
銀座カラー」の広告は、その意味では、上手い!と思った。

・・・・・・・・

ネット上に「銀座カラー」の2月の広告が出ていましたので、
元の広告を載せます。
(スケッチは、それなりに原画を描いていたと思いましたが・・・。)
e0267429_19440465.jpg


[PR]

by mohariza12 | 2016-04-03 20:56 | 広告 | Comments(1)
2016年 03月 31日

さすが サントリーの広告!「よーーい 金麦」(追記あり)

1週間に1度位の投稿になっていますが、今回は久しぶりの「広告」の記事です。

(「フクイチ」絡みは、その内に・・・。)

・・・・・・・・・・

さすが、<広告界の大御所のサントリー!>と思わせる広告です。




e0267429_19205202.jpg

この広告は、今は見られなくなったのですが、
最初に観たのが、今年の3月3日で、1週間近く見られた
春(:桜)爛漫の季節感は、今も通じる中々の広告です。

車体の側面広告の4連を長大に使い、
発泡酒の「金麦」の缶を上手く使い、
桜色の桜並木と「金麦」の麦の金の穂と4缶の水色~青色を上手く繋げ(:色で曲面を表しながら、全体が繋がる手法で)、アレンジし、
春を迎える気分をよーーく 表していると思いました。

よーーい 金麦」と云う字の表現とピンク色の服をまとう女性もピッタリ決まっていると思いました。

そして、つい最近まであった次のバージョンの「金麦」の広告が下図です。

e0267429_19304633.jpg

先の広告を受け、桜散る中を女性が舞っている広告で、
先の広告では「金麦」のラベルをさりげなくしてましたが、

麦の金の穂を輪にして、「金麦」を目立たさせ、
左側に、桜の花びらを散らせながら、
(花びらと呼応し、所々、文字を傾けたりして、)色々なメッセージも載せ、
これも中々の出来と思いました。

舞う女性の廻りに 舞う桜の花びらが、私には♂の精子の様にイメージされたのは、
品が無い♂的発想と思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160331追画・追記)

今日(160331)先ほど、昨日買った上記の春の桜をあしらった「金麦」の350mlの缶をスキャンした。
e0267429_21055646.jpg
この缶の桜のデザインは、はっきりと云って、JRの広告に比べて、<陳腐だ>と思う。

中々センスのいいデザインは難しい!と思った。




[PR]

by mohariza12 | 2016-03-31 21:10 | 広告 | Comments(1)
2016年 02月 17日

去年JRで見た面白い穴のある吊り広告群

<社会情勢が混沌としており、記すべきことがあるのですが、このブログで記すべきか?今だ迷いつつ、(別ブログを立ち上げ、記すか・・・?と思いつつ、)いる今日この頃です・・・。>

・・・・・・・・・・・・・

久しぶりに<広告>のスケッチを掲載します。

e0267429_21165711.jpg


このスケッチは、去年、JR京浜東北線に乗っていて面白いと思い、
その場で手帳にスケッチしたものが最初でしたが、
それを拡大し、その広告群のみで無く、車両内全体を遠近画法で描き直そうとし、また、広告群の廻りの色々なパーツ(:天井の縦長の空調吹き出し口やつり革のステンレス等)も 一応 描きだそうとして、収拾がつかなくなり、
JRの電車に乗った際、時々、ふと 思った時に追画して行ったもので、まだ 未完のモノです。

当初のスケッチ自身に、車内の細部を描き出すと 色々な矛盾があるコトが分かり、まだまだ 完成まで時間が掛かりそうですし、この際、掲載するモノです。

そもそも何故、このスケッチを描こう!と思ったか?と云うと、

この<化粧品の広告>群が、JR京浜東北線のある車両内の吊り広告全部に吊るしてあったのに遭遇した時、
その広告の中央部に穴が空き、広告群全体がその穴を通して、透けて見え、
広告群が<ピンク調から深紅~紫調と色の変化を伴いながら、>一体になっていて面白い!
と思ったからです。

この面白さは、吊り広告でしか出来ない芸当で、
デジタル広告では不可能なことで、この広告の様な発想のモノが今後出るのか?中々難しい、と思っています。
この広告は、裏表重ねてあり、その穴も裏表微妙に違い、立体的になっており、穴を通して遠近感のある空間 になっていて、各広告は微妙に色を変えていて、

もはやその色の微妙さを色の記憶が定かで無いので、私のスケッチでは再現できませんが、
一枚の広告は、並びの広告との色具合を考え、絶妙な色変化で、その広告群全体で、<色のハーモニー>を奏でていました。

なお その内、納得できる絵(スケッチ)になったら、ここに完成版として、掲載するかも知れません…。
[PR]

by mohariza12 | 2016-02-17 21:33 | 広告 | Comments(1)
2015年 09月 01日

ポスター「京の引力」の魅力

久しぶりに、電車(JR)内で描いたポスターのスケッチを掲載します。

e0267429_2211936.jpg


このポスター「京の引力」のスケッチの面白い所は、

これら3枚のポスターが、電車の横の壁の曲面部に貼られ、

その局面を生かした 女性の曲面美、竹のしなやか、庭の小道など、

電車の壁~天井部の凹面に、ポスターが貼られ、多少歪んでも、少しも違和感無く、

しっくりと凹面に溶け込んでいた、ことだ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、<東京五輪エンブレム>が問題化し、何がオリジナリティーか?が問われているが、
このポスターの写真は(加工はされているかも知れないが・・・)文字無しでも、中々着想が良い オリジナリティー溢れていたポスターだった・・・。

<東京五輪エンブレム>は、英語のロゴ等なら、何処か似てしまう、と云う宿命を持ち、 全くオリジナリティーの欠片も無いもの、と思っていたが、不採用になったのも、致し方無い気がする。
(そもそも、仲間内での談合採用だった様だし・・・。)

英語のロゴ<今回は、" T "だったが・・・>をアレンジして、全く独自なものを作るのは、ほぼ不可能と思う。

ましてや、日本人が アルファベット使用がずっと古い西洋人に対して、アルファベットの全く独自なアレンジなど、挑戦し、独自性を問うことは、土台無理だった、と思っている・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、このスケッチは 今年の2月19日、20日に掛けてスケッチしたが、

その内、そのポスターが無くなり、他の細部等描きって無い所があり、そのまま 未完成のまま、手帳に描かれたままだったのを

今回、拡大コピーにし、若干色付け等したものです・・・。

(もう一枚 この時期に描いたポスターのスケッチの拡大図もありますが、
何故、そのポスターをスケッチしたか?は、それなりに手を加えないと、意図が伝わらないと思い、
後日、色付け等した後、公開します・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2015-09-01 22:41 | 広告 | Comments(1)
2013年 06月 09日

<docomo healthycare>の広告は、胸くそが悪い!

2013年06月06日付けの<何でも見えるようになって怖くなった・・・。
(http://mohariza12.exblog.jp/20611236/)の追記のコメントで、

≪<続き>を引き続き記す予定でしたが、別記事を立ち上げました。

なお、続きの内容は、2013年06月04日付けの<大塚食品は、即、「ビタミン炭酸 MATCH」の広告を撤去すべき! >とほぼ同じ内容で、
特に<docomo healthycare>の広告が不快で、
また、その他の金融機関の広告も同じく不快に感じ、JRの車両内全体が不快な広告に溢れていたので、
とても広告群を見る気がせず、外の景色を観ないと、堪らなかったことを記す予定でした。

此処に記したので、続きは記さない予定です。≫と記しましたが、

ネット新聞(?)の<ビジネスジャーナル >のEXドロイド(5月27日)で、
ドコモ「NOTTV」エロ番組の“意外な充実ぶり” 中年スマホユーザー向けに壇蜜、イジリー岡田を起用
(http://biz-journal.jp/2013/06/post_2271.html)
を見つけ、下記の記事を読み、私の不快感の基 、docomoで実際やっていたようなので、
記事として取り上げました。

(以下、全文引用。色字等は私。適宜、改行。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2012年4月から「日本初のスマホ向け放送局」として鳴り物入りで開局した「NOTTV」の会員数が100万人を突破した。
開局当初こそ、対応エリアの限定やコンテンツ不足から「オワコン」の声も囁かれていたものの、1年をかけてAKB48やEXILEといったタレントを起用したオリジナル番組を充実させてきた。

なかでも、NOTTVで最近力を入れているのがエロ系のコンテンツ

壇蜜やイジリー岡田、セクシーアイドルなどを起用した18禁番組が数多く配信されており、
中高年層から高い支持を獲得。
やはり新たな媒体には、エロコンテンツの充実が普及のカギを握るようだ。

 しかし、この100万人突破にはあるカラクリがあるらしい……。
本記事でコメントを寄せる携帯ショップ店員は、
「ドコモ端末にMNPすると一括0円などの特典が受けられますが、その条件としてNOTTVへの加入が必須となることが多い」と内情を暴露。
“抱き合わせ”のようなこの契約方法でドコモではユーザーの“解約忘れ”を狙っているのではないか……と邪推する向きも多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「エロ」を取り扱うのは、常套手段としては、いい戦略とは思うが、
多くの人が観る公衆の面前で、堂々と撒き散らすのは、大変不快だ!

橋下大阪市長の胡散臭さにも通じ、

(参照:kappaさんのブログ<f-kafkappaの日記~緑と青の風にのって~>の
2013-06-08付けの<「日本イチンの怪」を応援しましょう????? 22:55>
(http://d.hatena.ne.jp/f-kafkappa/20130608)の記事及びネットニュースを参照・・・)

その人間の厭らしさが、隠しているようで、公衆の前で見え見えなので、厭らしい!

エロは、陰で、密やかな行為として、育むものと思っている。

(但し、shemoho こと さんのように、堂々と訴えるのは、度胸が据わっているので、
隠してやる行為とは違うので、許せる・・・。)

とにかく、陰でこそこそやり、それが見え見えなのは、人間の行為として、隠微(いんび)無礼と思う!
<同じ「いんび」でも、「淫靡(いんび)」とは全く違う!

docomo は、胸くそが悪い!

まだ、ソフトバンクのコマーシャルの方が、「犬を亭主にして、胸くそが悪い!日本人を舐めている!」と云う人間もいるが、可愛げがある、と思う。
[PR]

by mohariza12 | 2013-06-09 02:22 | 広告 | Comments(0)
2013年 06月 04日

大塚食品は、即、「ビタミン炭酸 MATCH」の広告を撤去すべき!

私にとって心を不快にさせる広告は、世の中に溢れ、
それを一々取り上げたら、このブログがそれらの記事に溢れ、
益々不快になるので、極力避けて来たが、

今回の広告は、人間の深層心理や、(性的なものを含めた情動にも関わり、
その広告の裏に隠されたもの(:不快なもの)が、意識下にまで刷り込むように意図しているので、此処に取り上げました。

それは、ブログ<日比野庵 本館>の2013/06/01 付けの「退化する中国 ~戦争は平和なり 自由は隷従なり 無知は力なり~」(http://kotobukibune.at.webry.info/201306/article_1.html)の中で取り上げられた

<ジョージ・オーウェルの名著「1984年」では、その舞台となった、
仮想の超大国「オセアニア」は、思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられ、
市民は常に「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビによって、
すべての行動が当局によって監視されていた。>にも繋がり、

昔(以前)、ブログ仲間のアワビが繰り返し 訴えたこと:<思考犯罪>や<自由は隷従なり」といったスローガンなど掲げられるはずもない>にも繋がる
思考犯罪」と思われる広告だからだ。

車両なりの広告と云う万人が見せられる場で、意識下にまで刷り込むように意図している「思考犯罪」は許されない!と思う。

もしかして、広告を作った人間の単なるお遊びかも知れないが、
私には、その広告の裏側を観て行くと、単なるお遊びでは済まされない「ある意図」があるように感じた。

この手法は、紛れもない「思考犯罪」に繋がり、その意図が見え見えだ。

大変不快だ!

大塚食品が求めている広告の意図とは違う広告になっているので、

大塚食品は、即、この広告を撤去すべき!と思う。

・・・・・・・・・・・・・・

以下に、その「ビタミン炭酸 MATCH」の広告で気がついた怪しい箇所の記録を載せます。

e0267429_211116.jpg


・怪しいものが、橋の欄干の上、及び裏側に潜んでいる! UFO・・・? そんな子供欺しでは無い!

・向こうの川岸と思われる所が、意図的に、綺麗な直線になり、ある垂直な線を境にほぼ左右対称になっている。大変 不自然だ! 自然な景色からかけ離れている! 気持ち悪い!不快だ!

・右側の橋から左側に続く縦の欄干等は、手前に近づいているので、はっきりして来る筈が、ボケていて、
右側の遠くの欄干等を意図的にくっきりさせている。
遠近法を無視した手法は、目の常識から外れるので、不快だ!

・右から左に繋がって行く 横棒2本の2段等の橋の欄干は、人間二人を過ぎると、左側では、消え行く。

大変不思議な光景になる。お化けに連れ去られた?
4次元空間に消えた・・・? 大変 不自然だ! 気持ちが悪い!

・まだまだ、怪しい隠された画像に満ちあふれている、と思われる!

こんな胸くそが悪い広告は、広告業界の面汚しだ!

この広告を作った人間!及びそれを指導、暗示を目論んだ人間は、広告業界から、追放すべき!と思う!!!

・・・・・・・・・・・・・・

人間の常識を逆手に取ることは、人間の錯覚を産み、面白い効果を生むが、

常識外れが高じ、それが、人間の情動や意識下の心理まで踏み込み、人間に不快感を与える

広告(及び美術関係にも云えるのだが・・・。)

但し、美術及び芸術の自由は守られなければならないのだが・・・。

は、やはり、

やっては行けない!ことだ、と思う。

お遊びでは済まされない!と思う。

登場人物の性の設定も大変怪しく感じられ、
性道徳>まで、当局のチェックが入れられるようになり、
不味い事態まで行ってしまう 危険性を孕んでいる!

この広告を作った人間は、そんなバカなことをやっていることに気がつかない バカ連中!!! と思う。
[PR]

by mohariza12 | 2013-06-04 02:28 | 広告 | Comments(6)
2013年 03月 20日

センスのある花りんとのパッケージ

昨日も夜11時前、(その前に私が使っていたのだが、「ちょっと使わして!」と云うので変わり、)パソコンをカミさんがやりだし、「(用が済んだので、)終わったよ」と云われたが、その前に私がソファーに横になっていたので、「ジャー、そのまま使うよ」と云ったので、
そのまま横になっていたら、眠りについた。2回ほど、途中で目がかすかに覚めたが、3種類の夢を観、蚊で(?)足を刺され、痒くなって、午前5時に起きた。

ベランダでタバコを吸いに行ったが、ほんのりと明るいグレーの夜空を見て、下階のトイレで用をたし、(夜、歯磨きは1度したが、)歯磨き粉無しで歯を磨き、また、タバコを吸いにベランダに出たら、東の空は、空全体はグレーの雲が多いが、下の方から紫がかった青味が差し出し、徐々にそのほんのりとした青味の明るさを増して行くのを見ていた。春分の日になり、夜が明けるのが早くなって行くのを体験した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この頃、食卓にカミさんのパート先から持って来た飴玉と共に、かりんとう(花りんと)が3種類置いてある。
ある日その3種類のかりんとうの色が違うパケージをじっくり見たら、中々、面白い形と色具合と思い、スキャンして、ブログに紹介しようと思っていた。

今回、他にも記すこともあったが、それを紹介します。

・・・・・・・・・

パッケージ広告では、 calligraphy_mさんのブログ「書をつま弾く、そして歌う」で時々紹介されるパッケージがセンスがあり、気に入っているが、

今回紹介する 築地ちとせ(株式会社シュクレイ) の 花りんと Goshiki は、パッケージの2色の使い方の絶妙さと花りんとの種類が違うのをパッケージでほんのりと形の違いを出し、ほんのりとその種類の違いを出しているのが面白いと思った。そして、パッケージに小さな丸い穴を開け、表からビニールに入った花りんとを見せているのだが、3種類の花りんとの色具合が違うのも見せ、パッケージの色がそれに絶妙合っているのが見事と思った。ロゴの位置も微妙に変え、センスがある。

・・・・

花りんと Goshiki ニンジン

e0267429_6251453.jpg



花りんと Goshiki タマネギ

e0267429_6242291.jpg


花りんと Goshiki ゴボウ

e0267429_6254822.jpg


・・・ニンジン、タマネギ、ゴボウの3種類の花りんとの種類によって、絶妙に色、形、そしてそのネームとロゴを変えて、違いを出しているのがお分かりでしょうか・・・。

色使いもどこか日本的な色で、きめの細やかを表現していると思う。
[PR]

by mohariza12 | 2013-03-20 06:40 | 広告 | Comments(2)
2013年 01月 30日

何故、西洋の女性は、胸をはだけた格好をしているのか?

(130126メモ、補記、追記)

電車の英会話の宣伝広告を見て・・・。

何故、西洋人の女性は、何のこだわりも無く、普通のように、胸(:おっぱい)を強調するような、首筋から胸回りを はだけた格好をしているのだろうか・・・?と、思った。

古代から、そのような(格好をする)風習があったのだろうか?


それに比べ、日本なり、東南アジアでは、胸をはだける格好(:服装)の風習は無かった、と思う。
東洋人共通の慎み深さから来ているのか?

対して、西洋人の女性は、胸が大きく、それを強調するのが、セックスアピールになり、
女性せいをアッピールすることになり、

e0267429_2481453.jpg

e0267429_2483933.jpg


同伴者(:夫)がいても、
対外的に、自分の娶<めと>った女性をアッピールしたがる、と云う風習があったのか?

日本人の女性では、着物姿で、うなじ(:後ろの首筋)をわざと見せる風習はあるが・・・。

e0267429_249496.jpg


イスラム圏
e0267429_25323100.jpg

を除き、女性の美を強調する風習は、世界様々なのだろうが、

西洋と東洋では、現代においても、かけ離れているように思う。

西洋の(ビデオなりの)テレビ番組で、一般家庭の主婦が、胸をはだけた格好をしているのは、
(私には)どこか 違和感がある。
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-30 02:59 | 広告 | Comments(0)
2013年 01月 16日

KIRINの「のどごし<生>」の「のどごし 夢のドリーム」の広告を見て<追記あり>

(130109、10、13 スケッチ)

1月9日、会社の帰りの電車の中で、立っていて、前方上の方の広告に目が行った。

KIRINの のどごし<生>の「のどごし 夢のドリーム」のコマーシャル広告だった。

気になって、2日に渡って、手帳にスケッチし、今日着色した。

e0267429_22485412.jpg


この広告の何処が気になって、スケッチしたのか、と云うと、

まず、濃いめの青地に描かれたちょっと深めの黄色の「のどごし」の字及び肌色の白抜きの「夢のドリーム」の字がくっきりと見え、鮮明だったこと。

「夢のドリーム」の字体が古い活字体で、古き良き昭和の時代を醸していたこと。

丸い青地の内と外に濃いめの細い黄色と太めの淡い肌色が、情緒を醸していたこと。

中の黄地の中の「のどごし<生>」を持っている白い手がわざとぼかされ、やはり情緒を醸していたこと。

濃いめの青地とちょっと深めの黄色は、「のどごし<生>」の缶で使われている色と同じものなのだが、

今回の地と字の関係が、缶の黄色地に青の字の鮮やかな色合いと同じだったなら、
同じようにくっきりしていただろうが、感覚は違っていただろう・・・。

KIRINの広告は、中々、気の利いた広告が多いが、今回のも上手かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<130116追記>

今日(15日深夜)帰宅の電車の中には、もう、KIRINの「のどごし<生>」の「のどごし 夢のドリーム」の広告は見かけなかったが、他の広告等があった。

やはり、青と黄の対比の広告があったが、
同じ青と黄の色合いでも、ある広告にあった、
<紫に近い濃い青と鮮やかな黄色>などでは、対比が鮮明すぎて、
(淡い肌色を使うことなど無く、)
情緒を醸す感覚は味わえなかった。

やはり、KIRINの広告は、中々、気の利いたセンスのある広告が多い、と思った。

(たかが、<色>の違いだけだが、人間の感覚には、鋭く届く、と思った。)

[PR]

by mohariza12 | 2013-01-16 01:06 | 広告 | Comments(0)