mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:文字( 3 )


2013年 06月 14日

下→上 の文字は、全く違和感の無い 文字

2013年04月29日付けの<一瞬、異次元を感じた「あかしやようちえん」の看板
http://mohariza12.exblog.jp/20649840/
で記した

『2013年02月23日付けの「(地球人類の)世界の文字で、下→上の文字はあり得るのか? 」で載せたように、
古代エジプト「ヒエログリフ」の世界でも、下→ 上だけは無かったが、

Right to left, vertical, bottom to topの<Ancient Berber>文字や、

<Tagbanwa>語など、

過去にあったと云うのは、

その語族は、現代ないし、他の過去の多くの語族(人間)とは、頭の構造が違うように思われ、
そこは、 別世界に行ったように感じ、

私には、「あかしやようちえん」の看板は、一瞬、異次元を感じたのだろう・・・。』と云う感覚は、

縦文字社会の人間が感じる感覚でしか無く、

横文字社会(今のヨーロッパ等の欧州人、及び 急速に伸びた 現代日本人の横文字 ワープロ 社会の人間の社会

では、おかしく感じない感覚かも 知れない、と思い直した。

但し、欧米(インド・ヨーロッパ語族)の文字は、左→右の横文字配列が常識で、

文字を上→下に記す習慣は、ほとんど 無く、

(縦文字社会の)私が感じた 下→上 の違和感も感じることは無い のだろう・・・。

私の場合は、設計製図で、横文字配列の左→右に感覚上染まり、且つ、文字列は、図面上、上→下ばかりでなく、

図面は 右側からも見る習慣が身につき、文字列は、下→上で無いと、違和感を感じてしまう。
と云うことは、

Right to left, vertical, bottom to topの<Ancient Berber>文字や、<Tagbanwa>語などの文字は、

横文字を右方向から見て、下→上 と 記していた と 思えば、全く 現代人にとっても、違和感の無い 文字(列)と云え、

少しも <異次元>を感じることは無い、と云える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間は、重力なり、何らかの束縛から 自由になり、言葉、文字を 使うべき と 思った。
[PR]

by mohariza12 | 2013-06-14 20:06 | 文字 | Comments(0)
2013年 05月 26日

今後は横書きの文字列用の文字に移行しないといけない!

(130526メモ、補記)

現代の女性の<ギャル文字や丸文字>の
丸っこい文字は、(左→右の)横書きの文字列から<現代版 女くずし文字>として 発達した文字のように感じた。

今までの縦書き(列)文字とは違うと思う。

今までの縦書き(列)文字では、(左→右の)横書きの文字列には、違和感がある。

今後の日本の世の中の文字は、時代にあった(左→右の)横書きの文字列用の文字に移行しないといけないように思う。

すなわち、縦書き(列)文字の縦長の文字では無く、横長(少なくとも、ギャル文字や丸文字のような丸つこい四角におさまる)の文字にする必要がある と思われる。

そのような文字を、コンピュータのword なりのソフトに組み込むべき と思う。

私も ようやく (左→右の)横書きの文字列に合った文字を自身の手で書けるようになった・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-05-26 22:56 | 文字 | Comments(0)
2013年 04月 29日

一瞬、異次元を感じた「あかしやようちえん」の看板

昨日は、かなり重い記事を書き、メール等もして、28~29日も(:延べ4.5日)、頭のシナプスがウンウン唸るよう活動し、全てが繋がっていたので、すっかり疲れてしまった。
脳の使い過ぎで、体重も1.5kgほど減ったようだ。

別の方に、脳を切り替えないと、過負荷で、脳の血管がぶち切れそうな感じがする。

昨日の記事等の反応が、どうなるか?は、じっくり見るしかない、と思っている。

何も行動が起こらなければ、日本もお終い、だろう・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と云う訳で、頭を切り換えて、まったく、別の記事を記します・・・。

(130425メモ、補記)

千葉からの現場の帰り、車中の道路沿いに、一瞬、私には、変な光景が一瞬見えた。
すぐ、スケッチをした。
(私は車の運転が出来ないので、後ろの座席で、横を見ながら、スケッチ出来た訳だが・・・。)

e0267429_2238533.jpg


左のスケッチが、その時見えた「あかしやようちえん」の看板なのだが、

やはり、日本語と云う語の配列は、左→ 右は、あっても、下→ 上は、あり得なく、
左の語の配列(語が傾いて無く、直角<水平?>な場合、)その並びによって、下から上に読むようにさせるのは、感覚的に不自然な感じがする、と思った。

そう云う訳で、右のスケッチなら、まだ、左→ 右でも、右回りで放射状に語が配列されたなら、読みやすかったのでは・・・、と思った次第だ。

2013年02月23日付けの(地球人類の)世界の文字で、下→上の文字はあり得るのか? で載せたように、

古代エジプト「ヒエログリフ」の世界でも、下→ 上だけは無かったが、

e0267429_22493388.jpg


Right to left, vertical, bottom to topの<Ancient Berber>文字や、
e0267429_22522058.jpg


<Tagbanwa>語など、
e0267429_22553251.jpg


過去にあったと云うのは、

その語族は、現代ないし、他の過去の多くの語族(人間)とは、頭の構造が違うように思われ、
そこは、 別世界に行ったように感じ、

私には、「あかしやようちえん」の看板は、一瞬、異次元を感じたのだろう・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-04-29 23:08 | 文字 | Comments(1)