mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:光と影( 13 )


2017年 05月 16日

太陽光と月光は、性質が違う!/月光の影を観て…

とある 夜、タバコを吸いに 家のベランダに出ると、

ほんのり 外は明るく、

そして、ふと目に入った ベランダの縦格子の影が気になった・・・。

影の方向を逆にたどると、隣の家の屋根の上に 満月があった。

・・・そして、考えた。

太陽は、地球から観ると、月食や日食がある様に、ほぼ同じ大きさだが、

太陽は、よりもずっと遠くにあり、
<太陽は 地球よりもずっと大きく、>
その光(:太陽光)は ほぼ平行線と云って良いように)して、地球に到達し、

太陽がある方向全体から光が射し、その方向から平行光線として 家屋等に影が出来るが、

の場合は、<地球よりも小さく、>
月の大きさの点光源として、地球に光を送っているのでは無いか・・・?
の明かりは、太陽から光の反射であるコトは 当然だが…。)

そう考えて、その満月方向を観ると、満月の光源から 放射状に影が出来ているような…、
(ベランダの縦格子の影も平行で無いような…、)

気がした。

・・・但し、ベランダから出て、外を駆けずり回って、影を追い、
その考えを確認した訳では無いのだが…。


どちらにしても、太陽光(:日光)と月光とは、光の性質が違うのは、

その明りの強さばかりで無く、地球からの距離(:遠近)が関係し、

人間の情緒(:民族の情緒?)にまで 影響しているように思われる・・・。


[PR]

by mohariza12 | 2017-05-16 22:17 | 光と影 | Comments(1)
2015年 07月 21日

訃報:<バー「T」>のマスターの死去の件ー3

バー「T」 >のマスター(:享年73歳)が、
e0267429_12181743.jpg


7月3日(金曜)深夜 亡くなったことをお伝えしましたが、

先週 7月18日(土曜)に、店にて、マスターと仲の良かった山登りやスキーの仲間が主催で、
お別れの会」が催され、
(午後3時開催だった様で、私は時間を知らず、4時15分ぐらいに紛れ込んだ・・・)その会には、マスターの奥さん(:ママ)も同席していて、仲間の皆さんと、マスターを懐かしみながら、8時過ぎまで呑みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、事前に仲間の皆さん用に、過去に<バー「T」 >で描いた<光と影のスケッチ>の中から これは・・・と云うモノを2~3枚ずつ カラーコピーし、コピーを廻してもらい、好きなモノを自由に選んで、持って帰ってもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・

私の方は、

マスターの長男が、「明日、店は内部を壊してしまうので、好きなモノを持って行って良い」と、 云うので、

店にあった酒や民芸品を譲り受けました。

民芸品は、まず、

e0267429_18282276.jpg

のスケッチに描いてある
アフリカの黒檀の彫像>と
このスケッチでは、詳しくは描いて無かった<ヨーロッパ製(?)の女神と小人達のプラスチック製の人形>を貰いました。

・・・・<アフリカの黒檀の彫像>は、身近に初めて観ましたが、
私の過去のスケッチの様な
e0267429_1844547.jpg

女性的な顔では無く、顔(:目から下の部分)は 平坦でやや鋭角な感じなのを知りました。

また、西洋の民族衣装を着た小人達も初めてじっくり観たが、中々面白い格好で、魅力的だと思いました・・・。
(・・・小人達は、マスターが店のお客さんから土産として貰い、飾ってあったものでした。)

そして、
e0267429_2217520.jpg

のスケッチに描いてある<フクロウの(本物の)ステンドグラスの置物>を記念に貰いました。

(・・・これらの品々は、その内、改まって スケッチし、披露するつもりです・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ、マスターの死から 立ち直れないでいて、土曜以後、自宅等で、荒れはしないが、ずっと酒で
寂しさを誤魔化している状態です・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-07-21 22:36 | 光と影 | Comments(0)
2015年 02月 02日

早朝、夜空で 多くの星がキラキラ光っていた

世の中、物騒になっているようだが、世間の(カラ)騒ぎのニュース等は、
全く見ないので、
浮世離れしたことを考え、見聞している毎日だ・・・。

(・・・一応は、今回の事件<?>は、知り合いのブログ等で、観てはいるが・・・。
ジョゴ氏の写真(その時は、もう一人の写真か・・・?と思っていたが・・・、)は、
2月1日以前(1月22日)から見ていた・・・。
合成だった・・・、とは・・・、あまり血を見ることが苦手なので、冷静に観られなかったのかも・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(150201 05:18 メモ、補記、追記)

珍しく 、夜寝て、朝早く起きた。

まだ 東の空が明るくならない時間の朝に目が覚め、

2階のベランダで、タバコを吸いに出たら、

これまで、家からの夜空では観たことが無い

多くの星がキラキラ光っていた

2倍以上の星の輝きが、数だけで無く、輝き具合も強烈に感じた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、14~5年は経っていると思うが、

東北 岩手の衣川村で観た夜空一面の星空を思い出した・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故、太陽が出る間際に、
(この後、30分後には、東の空が明るくなっていた・・・)
星の数が多く観えるのか?は、
よく分からない・・・。

冬、太陽が出る前に、大気の気温が下がり、大気(空気)の鮮度が違うから・・・?(水蒸気等が少なくなる・・・?)

今度、また確かめて観ようと、思っている・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2015-02-02 22:02 | 光と影 | Comments(0)
2014年 11月 14日

物質を消去した影のみの鏡像世界・・・バー「T」のスケッチ

今回の投稿も、スケッチをお送りします。

前の消滅したブログにも投稿したかも知れませんが、

<???>のSF的世界を楽しめ、疲れ切った頭をリフレッシュできるかも知れない世界へ導くかも知れません・・・。

e0267429_22565161.png


この絵は、前はよく行った バー「T」の鏡に映った世界を、

物体も光も消去し、影のみで描いたスケッチです。

原画で無く、スキャンしている画像なので、粒子が荒く、(スーラーの絵のような)点描写風になっていますが、
黒鉛筆のみで線状に描いた重ね画を、細い消しゴムで物質や光を線状に擦るように消して、
物体(物質)や光を極力消し去り、陰影のみで
描いたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カウンターの後ろにある 棚の上のボトルやグラス等は描かず、消去し
棚の後ろの鏡に映ったモノを描き、
また、ガラスの棚に映るボトル等の陰影も、影のみで描いています。

鏡に映った(私の目に映る)画像は、カウンターの反対側の壁の壁掛けのシャンデリアであり、
額縁に飾られた絵であり、そして、壁に掛けられた(1/4円の)鏡の対で、
鏡に映った世界の裏側に通じる世界を描いています。

上の天井面も、棚の鏡に映った世界で、天井に吊るされているシャンデリアは、
そのものは描かず、シャンデリアに照らされた(また)陰影を描いています。
天井にあるダウンライトも、その光の光源は描かず、その光の線は、影のみ(:光(粒)子の跡)の軌跡を描くように表現しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この世界を、物体のみに囚われず、また、光のみで捉えのでは無く

モノの陰影を捉え、そのモノの実態を捉えようとすると、

このようなスケッチで描かれた<SF(?)の世界>へ、導かれるかも知れません・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2014-11-14 23:24 | 光と影 | Comments(1)
2013年 06月 28日

30分前(?)に気がついたこと・・・

今日(昨日?)も色々あり、メモ紙なり、頭のメモ(?)に記したが、

それら諸般の事情で帰りが遅くなり、且つ、余計なコメントに対して時間を割き、

とうに一般人間として寝る時間を過ぎたので、寝ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30分前(?)に気がついたことのみ記しておきます。

(前のブログに記したかも知れませんが、)メガネに映る光の輝きは、自分のどちらかの黒目玉の反射が、メガネのガラスに映った反射の(画)像と云うことが、
その反射の目玉の廻りの皮膚のひだひだとか、を
確かめ、確認した。

目玉で無ければ、何なのか?

まさか、オバケでもあるまいし、宇宙の暗黒星雲なり、ブラックホールが、メガネに映っている訳は無い・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-06-28 04:18 | 光と影 | Comments(0)
2013年 06月 08日

昨日、バー「T」に溢れる「光と影」に幻惑されてしまった。

6月5日夜、バー「T」に行って、
<カウンター奥から観て店のシャンデリアの天井のガラスに映る 向こうの景色が映る反射の画面に、目の前には居る人(影)が映ってない>現象は、
6月7日にバー「T」に行って、最初、奥のカウンターから2番目の席では起こらず、
奥1番目でも必ずしも起こらず、奥のある位置に限られているらしいことを確認した。

最初2番目の席に居て、店の入り口近くの一人の客をシャンデリアの天井のガラスの反射を観ても、客は見え、5日の現象は錯覚だったか?と思い、
また、客がどっと入って来て、一番奥に動いても、それらの客は ガラスの反射に映り、全くの錯覚か?とも思ったが、

2人の客が奥近くに来たので、あまりにも近いのは厭やなので、
席をより奥にずらすと、ガラスの反射光から、人間の人影は消えていた・・・。

何故、そう云う現象が起こるのか?は、論理的には証明出来ていない。

・・・・・・・・・・・

バー「T」には、高品質の強い裸電球が天井等に付けられ、その光が溢れ、

様々な陰影を壁面等に映し出し、それらが重なり、どれがどの光源のランプかららもたらせるのか?はよく分からない。

奥にあるギリシア<?>(地中海風)の壺の影が、壁面に映し出す影は、
e0267429_12181743.jpg

(上の写真の奥のカウンターのステンドガラスのランプの後ろに置かれている壺の「光と影」は、)
手をかざしてみて、壺の下部の上塗り(?)の色の部分で反射し、それが壁の影では 明るく光って見えていることは分かった。

光と影」は、単にものの影を創るのでは無く、ものの反射等も含み、

てかりながら<光と>影を映し出しているのが、理解された。

それは、バー「T」の入り口近くの壁面に出来る「光と影」のスケッチ

e0267429_1251885.jpg


上のスケッチの壁面にある右端のフックの影と壁のシャンデリアの影が、
織りなす複雑な影がどう出来ているのか?今だ解明出来ていないことに繋がる
奥の深い(しかし、原理は単純かも知れない)現象なのだろう・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バー「T」では、団体の客が一時帰った後、入り口近くの最近時々見かける
(5年近く通っているらしい)高年齢(50歳中~後半、もしかして私より高年齢?)の客が、
私の席の隣に寄って来て、新聞・マスコミ等の話等を話し出したが、
一般常識のごく普通の(しかし問題意識は持ってはいるが)新聞の記事に囚われた人間で、

日本のマスコミが全く信用出来ないことを私は告げたが、完全に理解できたか?は疑問だった。

ごく 一般の人間は、今だ マスコミの情報に振り回されているようだ。

中々、卒業するのは、不可能のようだ・・・。

それは、スマートフォンなりで、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9)
私は本来は「SNW」と思っている し、
「service」が付くから、思想なり変な情報操作が行われている
ように思っている・・・>

等で逐一情報を仕入れている現代の若者にも云えることで、

ネット情報も、薄っぺらな(マスコミ)情報でしか無く
真実は中々捉えることは出来ない、と云うことだ。

自分の頭で、「何が真実か?」を見極める嗅覚が、今後益々、ネット社会に嵌まって行くと必要になると思われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バー「T」で憩いを求めていたが、バー「T」に溢れる「光と影」に幻惑され、ウィスキー水割り2杯を頼んだが、2杯目はほとんど口にせず、帰った・・・。

(そして、W駅近くのスナックへ行ってしまった・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2013-06-08 12:24 | 光と影 | Comments(0)
2013年 01月 21日

帰宅の電車のSUSの手すりの縦の棒に映った瞬間の夜景の<ドラマ>

今日(20日)、やり遂げないといけない仕事の為、午後1番に会社に出た。
ギリギリの時間(午後11時)まで仕事をした。
やった仕事をメールにて送信したが、会社を出るまでは、送信不能(:相手が受け付けない状態)だった。
<私のパソコンではしょっちゅうあり、せっかく、仕事を終わらせたのに、成果が送信できないと、頭に来る!・・・早く、能力のあるパソコンに変えたい!もうしばらくの辛抱だが・・・。>

・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭に来て、神田駅への帰り道で、コンビニでウイスキーの水割りの缶を買い、
帰りの電車で、すぐ座席に座れ、チビチビ呑んだが、
ふと仕事の事が気に掛かり、手帳にメモしたが、
時々のメモを記した後、目の左側のステンレスの手すりの縦の棒の<光と影>が久しぶりに目が行き、
<何故?>気になるのか?と思い、手帳にスケッチした。
(帰宅後、色付けした。観たイメージをそのまま、色付けは出来なかったが・・・。)

e0267429_124956.jpg


今まで、<過去のmohariza07メモ>では、何度も<電車等のステンレスの棒に映る「光と影」>のスケッチを掲載したが、

e0267429_1434137.jpg


e0267429_1441318.jpg


e0267429_1452223.jpg


電車の座席から見上げたステンレスの棒に映る「光と影」は、あまりスケッチしたことが無かった。

今回観た「光と影」は、やや左側の縦の軸に、電車の外の夜景が映り、
プラットホームでは、その駅のプラットホームの蛍光灯や広告の光が映り、
動き出すと、外のビル等の光が次々と変わって、映っていた。

それは、私が好きな 映画「ブレード・ランナー」や

e0267429_148424.jpg


映画「タクシードライバー」の最後のニューヨークの夜景のシーンでの、バックミラーに映る瞬間の主人公トラヴィスの顔のように、
瞬間の夜景の<ドラマ>を映し出している、ように思えた・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-21 01:51 | 光と影 | Comments(0)
2012年 08月 18日

店を閉じたスナックの残像としての「光と影」

昨日は、明日明後日は休みだし、仕事も一区切り付いたので、バー「T」でゆっくり過ごした。
酔いも廻り、家に帰る途中の近所のスナックが、最近、外のライトは点いておらず、果たして、潰れたのか?と思い、以前、店の女の子(おばちゃんだが・・・)に携帯番号を教えて貰っていたので、電話したら、3月一杯で、店を畳んだ、とのこと。

バー「T」と同じ、木のカウンターで、白壁を基調に、電球色の内装の落ち着いた雰囲気の店が無くなったのは残念だ。
(その女の子は、夜の仕事はやっておらず、昼の仕事のみ、とのこと・・・。)

バー「T」を出て、家の近所を一通り回って見たが、店の構えや、中から聞こえる声、音を聞いても、私に合う店は無さそうで、諦めた。

カラオケの歌える店が一軒は、近所に欲しいのだが・・・。
(もちろん、私の好みの雰囲気に近い店で・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・

と 云う訳で、無くなった店を思い出として、その店でスケッチした「光と影」を掲載しておきます。

e0267429_537249.jpg


e0267429_5373765.jpg


e0267429_5361476.jpg


e0267429_539980.jpg


e0267429_5393588.jpg


e0267429_5395592.jpg


e0267429_5412545.jpg


e0267429_542498.jpg



・・・なんと云っても壁に映るライトの光と影は、ずいぶんと描いたものだ・・・。

(その内、別の経営者が現れ、内装は同じで、店が復活するかも知れないが・・・。
過去、何度か、あった・・・。)

・・・・・・

<なお、この記事は、昨日の夜、パソコンが空かず、下の寝床に行く前に食卓で寝てしまい、4時過ぎに目が覚め、その後、道路でタバコを吸った後、記したものです・・・。
ずっと、起きていて記したものでありませんので、ご心配いりません・・・。>
[PR]

by mohariza12 | 2012-08-18 05:53 | 光と影 | Comments(0)
2012年 05月 29日

バー「T」の置物の光と影 120522

日曜日に遅くなったが、イタリア北部の地震とプレートテクトニクスに関して記そうと思ったが、
夜遅くなり、月曜は早めに起きなければいけないので、体調のため、記すのは、断念した。

(また、イタリア北部で地震があったようなので、だいぶ経った気がするが、その内、記そうと思っている。)

月曜日は、会社の飲み会が中華料理屋であり、紹興酒を呑みすぎ、とても、帰宅後、記す気力は無かった。

・・・・・・・・・・・・・・・

今日は久しぶりに<バー「T」の光と影>として、 バー「T」の置物の光と影を掲載します。

12年03月09日時点では、

e0267429_22133182.jpg


だったので、その後、三度ほど描き、ヨーロッパの街並の民家の置物にかなり手を加えたことになる・・・。

e0267429_2217520.jpg


もう配置が変わり、松ぼっくりなどが置かれたりして、もう昔の配置のままでは、付け加えて、描きれないので、
後は、詳細に描き込むことと、陰影を付けたり、色を足すぐらいか・・・?と思っている。

スケッチをしていると心が落ち着くものだが、
心の余裕が無いと、その気も起こらないものだ・・・。

早く、この感じを脱したいものだ・・・。

胃腸の検査もしないといけないようだし・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-05-29 22:29 | 光と影 | Comments(0)
2012年 05月 22日

etc.3 (金環日食)

金環日食」を今日(5月21日朝)観たが、

期待したほどでは無かった。

観れたことは幸いしたが、

てっきり「皆既日食」のように空が暗くなり、太陽が真っ暗になるのか?と思っていたので、

<途中、シャワーを浴びた風呂場の窓から、太陽が欠けつつあるのを観た時は、だいぶ期待したのだが・・・、>

(そして、動物や鳥が、空が暗くなり、騒ぎ、この世の大騒ぎのようなものを期待した が・・・、)

色付きガラスを通してはじめて、月が太陽の真ん中に入っているのが分かったが、

裸眼では、太陽は輝いていた・・・。

次男坊がスキーのゴーグルを持って来て、青色のセロハン(?)を持って来たので、

「皆既日食」の事実を理解した が、

次男坊が用意してなければ、なお 全く 、面白くなかっただろう・・・。

歳を取り、感動感が少なくなった所為もあるかも知れない ・・・。

小学校1年(または4年)の時、小学校で観た「金環日食(?)」には、感動感はあったが・・・。

(でも、もう多分、二度と観られないのだろう・・・から、観れて良し、とすべきなのかも知れない・・・。)
[PR]

by mohariza12 | 2012-05-22 01:08 | 光と影 | Comments(0)