mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:年賀状( 14 )


2017年 01月 10日

2017年年賀状(続く…)

ほとんど 年賀状を投函しましたので、此処に 2017年(平成29年)の年賀状を掲載します。

e0267429_23412253.jpeg
ネタ(:図柄)としては、基本的にガウディのコロニア・グエル教会の地下聖堂の図の上に地上の塔を光で示した図(:<G図>)に、私の考案した2億4000年万年前のプレートテクトニクスの図解(:<P図>)を嵌めこみ、
<G図>の塔(及び、<P図>に隠れた<G図>の塔)からの光が、地球(<P図>の下の地殻等のエネルギー)を含め、
外部(:宇宙)に放たれ図を描いています。

この年賀状での図及び言葉の配置等については、後日記します。


(170109 記)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(170110追記)

上記の年賀状の原画は、下図です。

e0267429_22461367.jpg
<G図>に嵌め込んだ<P図>の拡大の(原)図は、下図です。

e0267429_22465544.jpg
年賀状用に<ペイント>で着色する前の<P図>の元の原図は下図(:<P原図>)です。

e0267429_23342994.jpg
そして、年賀状用に<ペイント>で着色する前の<G図>の元の原図は下図(:<G原図>)です。

e0267429_23275543.jpg
これらの図から年賀状を作成したのですが、いつもの年賀状と同様に、家族の言葉と組み合わせる為、個々の図柄は、言葉の配置等で修正し、色調を含め、全体のバランスを考えたのですが・・・。

(170110 追記・・・続く)
[PR]

by mohariza12 | 2017-01-10 23:55 | 年賀状 | Comments(0)
2017年 01月 05日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・

今年の年賀状は、年越しの1月2日夜に完成し、2日の深夜(:3日の郵便局の集配前の午前中)に、
1月1日に来た年賀状の相手+α の人へ、直筆の宛名書きと多少の手書きのメッセージを添え、投函した。

その年賀状の絵柄とそれに込められたメッセージ等は、
ほぼ出すべき人へ、昨日(4日)に投函したので、近日中に紹介します。

・・・・・・・・・・

今年6月の郵便料金改定で 来年からは、年賀状は1月6日まで投函しないと10円上がる様なので、
年賀状は年越しで良い、との悠長なことは云ってられ無くなるようで、

年賀状は、(今年は出す人数を結構絞ったが、)そろそろ年賀状作成に掛けるエネルギーを減らすようにしないと、体力上も持たなくなってしまう…様な気がしている・・・。

絵柄等へ考察へはエネルギーを使っても良いが、案がほぼ確定したなら、一気に仕上げる様にしたい、と思っている。

また、宛名は手書きから、パソコンに住所宛名を入力して、パソコン印刷で済ませようか?と思っている。

絵柄を自ら創出し、印刷するだけでも、大変な作業なので、多少の手抜きは、もう 失礼に当たらないのだろう…、と考えているので・・・。


[PR]

by mohariza12 | 2017-01-05 18:15 | 年賀状 | Comments(0)
2016年 01月 16日

過去の年賀状を公開するにあたって・・・

2016年01月16日付けの「<2016年 年賀状>公開」にあたり、

消失した<mohariza06メモ>に過去に公開した 私の過去の年賀状も一部 公開します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0267429_21375928.jpg


e0267429_2138236.jpg


e0267429_21384513.jpg




e0267429_21393577.jpg


e0267429_21413368.jpg


e0267429_2142613.jpg


e0267429_21443099.jpg


e0267429_21445668.jpg


e0267429_21452670.jpg


e0267429_21463763.jpg


e0267429_2147150.jpg


e0267429_21472018.jpg


e0267429_21474719.jpg




e0267429_2157464.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上の年賀状は、2000年までは 全て手書きによる プリントゴッコ等に依る多色刷りの一枚一枚の個別印刷だったので、ほぼ2日に渡る徹夜作業で大変だった。

多色印刷の中で、印刷できたモノで 完全に満足できるモノは、百数十枚の中で10枚もあったか?だった・・・。

しかし、今も同じだが、1年にいっぺんの、
年賀状の案を考察し、書物等から気に入った画像等を選出し、手書きで色々な画像等の案を出し、言葉を入れた 年賀状として
はがきサイズの一つのある種 芸術作品として作り出していく過程を楽しんでいた・・・と云うのが 実際のことだと思っている。

今後 いつまで この様な年賀状を作る作業ができるか?は、分からないが、

年賀状を作ると云う行為が出来なくなったなら、

私としての一つの生きる意義が一つ欠けるような気がしている・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2016-01-16 22:49 | 年賀状 | Comments(0)
2016年 01月 16日

<2016年 年賀状>公開

遅まきながら、ブログ上で、<2016年 年賀状>を公開します。

e0267429_19292134.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月10日前後には、年賀状を送った人に賀状は届き、
このブログに 賀状の中の個人情報を伏せ、公開する積もりだったが、

画像+文字等を入れ込んだ(設計用のソフトの)JWWに入れ込んだ<画像(:原画)+言葉>のモノ(:画像)を、(ブログ上に貼り付けられる)JPEGに変換する操作が、中々できず、
諦め、一旦、A4大に出力し、それをスキャンし、ようやく 今回 公開することにしました。

(・・・因って、JWWの元の画像より色等が変わっていて、不鮮明と思います。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来は、一旦、年賀状で投函したモノへの解説は不要で、
受け取った人が、個々人で感じて頂ければ 良いものなのですが、

ブログ上 公開したので、

今後、その年賀状に込めたモノを記したい、と思います・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2016-01-16 19:47 | 年賀状 | Comments(0)
2013年 01月 12日

ブログ上での新年の年賀状でのご挨拶

どうにか、会社で、後輩に教わりながら、四苦八苦して、年賀状をjwwから(いろいろな過程を経て、)jpegに変換しました。

と、云う訳で、ようやく、

ブログ上での新年の年賀状でのご挨拶をします。

e0267429_211095.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうにか、公(おおやけ)の年賀状は、コメントを含め、上図のように仕上がりましたが、

それまでは、かなり苦労しました。

・・・・・・・

去年10月18日頃の発案の図柄は、下図でした。

e0267429_2291418.jpg


基本的には、この発案に近い年賀状になったように思います。

・・・・・・・・

その後は、下図のような過程で、今回の年賀状になって行きました。

・・・・

今年の干支の蛇の図柄をどうするか?迷いましたが、
(ほとんどが、スナック「T」での思案でしたが…、)
箱根等の経験を生かし、

11月16日に、「T」で、ほぼ満足行く 蛇の図柄が決まりました。

e0267429_2473953.jpg


その図を近くのコンビニでコピーして、色を付けて行きました。

最初の方は、下図でした。

e0267429_2514422.jpg


アンモナイトをイメージしながら、虹を色合いとして、調和を求めました。

・・・・・・・・

しかし、最初の頃のアンモナイトの図柄では、どうしても、色合いとしての渦の繋がりが悪く、
12月24日近くに、混沌とした渦の繋がり(:カオスの調和)を求め、下図の図柄に変えました。

e0267429_2334999.jpg


・・・・・・・・

その後、パソコンのソフトに入力し、色付けをしました。

e0267429_2582477.jpg


・・・・・・・

しかし、家族のコメントを入れるには、下地としての色が強すぎると、字が死んでしまうので、

「地」としての色合いを考え、色はパソコンのソフト上、何回も変えました。

結果、下図のようのような色合いにしました。

e0267429_328185.jpg


・・・・・・・・・・・・・

これに、家族のコメント等を入れ、多少、図の調整等をして、今回の年賀状になりました。
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-12 03:37 | 年賀状 | Comments(2)
2013年 01月 10日

残念ながら、機械オンチの為、今日の時点で、まだ、年賀状は公開出来ません。

私は、昔から 機械音痴なので、
(と云うか、歳の所為で、もの覚えが悪い所為もあるかも知れないが・・・、)
会社では、パソコンを使っていても、使い慣れない操作はできず、
後輩に教わっても、すぐその場でメモらなければ、すぐ忘れてしまう。

1月10日以降に、今年の年賀状を公(おおやけ)にしようと思っていたが、
jww(製図用ソフト)に入れ込んだ画像+文字を
このブログの画像として取り込むには、JPEGで無ければならず、
家のソフトでは、jwwからJPEGには出来ず、(pdf化は出来るのは、先ほど次男坊に教わったが・・・、)会社のパソコンで無ければならない。
3日前に、USBにjwwデーターは取り込んだが、
同時に、画像データーのbtmを取り込んで無かったので、会社では、画像が再生出来なかった。

そこで、またUSBにbtmのデーターを取り込もうと、2日前からやったが、うまく取り込めなくなった。

(今日、次男坊に聞いて、<前 出来たのは、偶々だったようで、>USBを入れる端子が間違っていたのが分かったが・・・。)

仕方無く、CDロームに入れようと思い、昨日、試みたが、今日開いたら、入力されてなかった。

今日、次男坊を横に立たせながら、操作方法が間違っていたのが、ようやく、分かった。

まったく、2~3日を無駄にしてしまった。

今後、益々電子化が進む中、電子機器が高度化し、私が知らないソフトが出たなら、
次男坊なり、会社の若い者がいなければ、操作出来ない可能性がある。

(ソフトの説明文を読んでも、理解不能だ・・・。
益してや、機器同士のコードをどう結んでよいか?は、さっぱり分からない。)

困ったもので、今後、次男坊が独立したり、会社を退職したら、
誰に聞けばよいものか?と思っている。

・・・・・・・・・・・・

と、云う訳で、残念ながら、今日の時点で、まだ、年賀状は公開出来ません・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-10 23:42 | 年賀状 | Comments(0)
2013年 01月 05日

アメリカから喪中に新年のカードが来たが・・・

今日、アメリカの(亡くなった父の下の弟にあたる)叔父から、クリスマス(&新年)のカードが届いた。

e0267429_23125824.jpg

e0267429_2313362.jpg


昨年12月末(クリスマス時期)に 父の1歳上の叔父が亡くなった後に、投稿されたカードなので、
アメリカでは、喪中ハガキは無く、新年の挨拶のハガキを出しても良いのか?と思った。

ネットで調べ、「喪中にクリスマスカードは非常識?」に

アメリカでは近親者が亡くなった際に、クリスマスや新年の祝いを避けるという習慣はないようですし、キリスト教の教えにもクリスマスカードを送ってはいけないということはありませんので、送ってはいけないということはないかと思います。」とあり、

アメリカで育った父の兄弟親戚にとっては、近親者が亡くなったからと云って、新年の挨拶のカードを避けることは無いのか、と思った。

今年は、アメリカの親戚へは、年賀状は避けようと思っていたが、アメリカでは避ける風習が無いのが分かり、

明けましておめでとうございます 本年もよろしく申し上げます 平成二十五年」と云う文の年賀状を、
2013年新年を迎え、ご家族皆様のご健康とご幸福をお祈り申し上げます」と云う文に変え、

年賀ハガキから普通ハガキに変え、バックの画像を明るめの画像から、色調を落とした画像にし、印刷した。

明日、宛名を書き、アメリカへ送付するつもりだ。

国が変わると、風習も変わるものだ、と思った。
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-05 23:40 | 年賀状 | Comments(2)
2013年 01月 04日

やっと年賀状を投函した・・・、この達成感の為、やっている?

3日午後から、pixiaの年賀状の画像の最後の修正をして、それをJPEGに変換し、さらにBMP(btmp:ビットマップ)に変換し、製図JWW(Jw_cad for Windows:製図用ソフト)に入れ込んだ。
しかし、年賀ハガキに印刷するには、それぞれのハガキサイズの枠に違いがあり、当初の見込みとは違っていて、それぞれの段階で、修正をし、何とか、年賀状の出来上がりの画像として見られるようにした。
あらかじめJWWに入れ込んでいた文字も少し修正した。

今までの経験で、周りの余白(字を目一杯入れないこと、外回りの画像が多少切れても、年賀状ハガキの印刷の際、平気な画にすること、印刷の際のズレに対応した画面構成にすること等)が大事なことは分かっていたので、それぞれの段階で、修正が効いた。

しかし、いざ年賀状ハガキ(インクジェット紙だったが・・・)に印刷すると、字及び(蛇の)線に多少のズレが出ていた。
ハガキで無い普通の紙では問題無かったので、その原因は分からなかったけど、今さら、どうしようも無く、そのまま印刷した。
(印刷し終わり、改めて見ると、それも、印刷の妙で、プリントゴッコの時代にはよくあったことで、却って味がある、と思った・・・。)

印刷は、夕方には終わり、後は、(自宅の住所氏名の印刷で、それは前からソフトを入れていたので、一応、簡単に印刷は出来た・・・ので、)宛名書きだけになった。

長男坊が11ヶ月ぶりに家に戻って来たので、夕飯やら、途中で中断したが、宛名書きは、今だ手書きなので、それに時間が掛かり、途中、印刷漏れが見つかったりで、宛名書き及び親しい人への裏のコメント入れを含め、年賀状が完成したのは、翌日4日の午前1時半近くになった。
<明日(4日)に宛名書きをしても良かったが、早く起きる自信も無く、午前の便に間に合うことは無理と思い、
結構時間が掛かる宛名書きをし続けた・・・。>

1時半過ぎに、近くのコンビニにある郵便ポストに年賀ハガキを投函した。

160枚、年賀ハガキを買ったが、印刷ミスや宛名書き間違い(1枚のみとした。1枚は、カッターで誤字の部分を少し擦り、良いとした・・・。<その人には悪いと思ったが・・・。元後輩なので、スマン、とした。>)
は、16枚で、10%はダメで、使えたハガキは、(もう年賀状が少なくなり、今回宛名書きを止め、年賀を出さないことにしたもいたが、)今日届けた人のギリギリだった。
明日は、郵便局は開いているので、目が覚め、午後に、ダメになった年賀ハガキを持って行き、新しい年賀状に換え、今回出さなかった人や今後新たに来た年賀の返信用、今回新たに出そうと思う人用に、20枚程度は買おうと思っている・・・。

どちらにしても、年賀状を投函し終え、どっと、疲れが出た。

コンビニで買ってきた発泡酒が美味かった!

達成感はあったが、(今年は正月休みが長いので、何人かは、休み中のギリギリに着く人がいる程度なのだが・・・・、)
スレスレの年賀状作り(創り)は、歳と共に、しんどくなると思う・・・。

楽な年賀状にしたいのだが、やった<達成感>の醍醐味は、まだまだ味わいたいので、数年は、性懲りも無く、今のままやるのだろう・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、当ブログへの今回の年賀状の紹介は、このブログを見ている方で、年賀状を送った方もおられると思うので、
(九州、沖縄、北海道の方等の)その方の楽しみを奪いたくないので、10日以降とします・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2013-01-04 03:39 | 年賀状 | Comments(1)
2012年 12月 24日

年に1回の「芸術活動」なので、焦らず・・・

昨日(23日)年賀状作成の作業をしたが、色は次男坊のおかげで、印刷でやっと鮮明な色が出るようになった。
しかし、原画のスキャンでは、色が不鮮明なので、新たに色を重ねないと不鮮明なのが分かった。

そして、Pixciaからbtmp に変換できないことも分かった。
他に変換してから、btmp に変換出来ないか?今日試してみるつもりだ。
(出来なければ、Pixciaに直接 字を入れるか、多版刷りを考えなければならない。)

年に1回の「芸術活動」のようなものなので、こつこつと、地道にやるしかない・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-24 13:19 | 年賀状 | Comments(0)
2012年 12月 23日

クリスマス時期に年賀状作成に入ったが・・・

どうにか、年賀状の原画を家でスキャンし、電子画像として取り込み、それをBTMPとし、製図用のJWWの画面に貼り付け、言葉を入れた。

どうにかバランス良く、文字を入れ込んだが、
コンピュータで色付けする前にスキャンした原画で印刷してみたが、色が出ず、どんな仕上がりになるか?予想がつかない状態だ。

次男坊にコピー機の色インクを補充してもらったが、それでも色が出ず、「市販のインクを買わないといけないかも?」と云われた。
自前の色インクの補充の方が、市販の色インクを買うより、1/10以下の値段で出来るのだが、高くついても、もう市販のでも良いと思っている・・・。

同時に22日午後から、電子化した画像をpixiaと云う画像処理の上に載せ、色付けをし出しているところだが、ソフトが変わってか、どうも以前のように機器の操作が上手くいかない。
3連休中にどうにか、ハガキサイズで見られる色付けをしようと思っていたが、
まず機器の操作に慣れないと、前に進まないようだ・・・。

(以前に比べれば早い)クリスマス時期に完成図に向かい、年賀状作成の糸口を付けたが、
前途は遠く、まだ完成には長い時間を要するようだ・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2012-12-23 02:10 | 年賀状 | Comments(1)