mohariza12メモ

mohariza12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:世の中( 60 )


2017年 06月 03日

グローバル世界の意志と地球生命体としての意思・・・「パリ協定」からの離脱について

米国のトランプ大統領が、日本時間6月2日未明に 地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」からの離脱を表明した。

私は、2017年 5月16日付けの「<フクイチと阿倍問題>での展開は、機が熟してからに・・・」の中に記した 様に、

<副島隆彦+SNSI副島国家戦略研究所著の「エコロジ-という洗脳」(地球温暖化サギ利権を暴く[12の真論])(2008年初版/成甲書房)>
の中に記してあった
現在の環境問題も、世界的に人るが直面する地球規模(グローバル)の危機として煽られて、なぜか世界共通で世界共通で人類ひとりひとりが皆一緒に対応しなければならない「環境問題」としていつの間にかキャンペーンが張られ、メディアで喧伝され現在にいたるのである。(p133)>を挙げ

CO2増加による地球温暖化」対策への世界的事業への道と云うキャンペーンは、一種の地球全体を巻き込んだ詐欺と思っていた。

そう云う中で、
自国(米国)の元副大統領ゴアを神輿に挙げ推進していたキャンペーンを、 堂々と否定したトランプは、中々 と思うが、

このままでは グローバル世界の勢力からは、世界の常識的でまとも(?)とさせる学者やマスコミを巻き込み、

益々 トランプバッシングが進む様に思われる・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

私自身は、建築の世界で生きていて、一種無駄なものの生産を推進するグループに属し、
世界のグローバル戦略の片棒をかついでいる様なモノだが、

今の世界は、一地方、一国家の思惑(:意思)では どうしようも無いほど 他の世界と絡み、

グローバル多国籍企業の意志が、

生命体としての地球や自然環境としての地域の意思を上回り、

地球環境の一部でしか無い生命体としての人間の<ただ生き続ける>と云う生命の意識を無視し、

虚無と云って良い<妄想の世界観(:象)>を創り出している、

と 思っている。

もはや 人類は、虚無=妄想(:虚像)を追い求めないと 生きる価値を見いだせない のかも知れないが、

地球生命体としての尊厳>を第一にするコトを見失うことは 避けるべき、と 思っている。

そう云う意味で、
今回の表明は、

トランプ大統領とは、<反グローバル>な<一国第一主義>かも知れないが、

あるがまま>な <人類主義者>かも知れない・・・、と 思った。


だから、もはや グローバル社会世界は、黙って見ている訳は無い、と 思っているのだが・・・。

[PR]

by mohariza12 | 2017-06-03 23:46 | 世の中 | Comments(0)
2017年 03月 16日

その中で、SF(小説)で心を安らかにしたい、と思っているこの頃だ・・・

「安倍晋三記念小学校」問題は、だんまりを決めていたテレビ、新聞とも マスコミが各社一斉に乗り出し、
16日にはとうとう、籠池氏が国会に出て、阿倍首相(?)の「寄付金100万円」について話をする展開になったようだ…、が。

何故、この様な急展開があったのか?
不思議に思う この頃である…。

私自身は、阿倍晋三たる人を信用はしていないが、
この急展開は、やはり、外圧か・・・、と思う次第である。

政治には、ほとんど興味は無い(:関わりたくない)のだが、
(「全世界が良くなれば、(個々は犠牲になっても、)何でも良い」と云うマヤカシの)「グローバリズム」と云う世界教条主義は大嫌いで、
個々の人間の心情を大事にして生きて行きたい、と 思っている人間にとっては、

トランプ(へのマスコミ等の)攻撃も、プーチン(へのマスコミ等の)攻撃も、北朝鮮の金正恩(へのマスコミ等の)攻撃も、
同じムジナの攻撃か?、と思われ、
急な阿倍攻撃も、同種なのか…?と、思ってしまう・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ世界から1か月離れているが、
この様な急展開を眺めつつ、

私自身は、それに関わらないか?のように、

SF小説の大家 スタニスワム・レムの「ソラリス」(1961年ポーランド初版)の沼田充義新訳(2004年新訳初版、2015年ハヤカワ文庫初版)を通勤中 読みつつ、

副島隆彦+SNSI副島国家戦略研究所著の「エコロジ-という洗脳」(地球温暖化サギ利権を暴く[12の真論])(2008年初版/成甲書房)を読んでいるところだ。

東芝をはじめ、詐欺(まがい)は、世界全体で起こっている様で、
その中で、SF(小説)で心を安らかにしたい、と思っているこの頃だ・・・


[PR]

by mohariza12 | 2017-03-16 23:20 | 世の中 | Comments(0)
2016年 12月 31日

年越しの合間に・・・

恒例の年越しの年賀状作成の合間に、私の今年のブログ記事等を振り返ると、
2016年 04月 11日付けの記事(http://mohariza12.exblog.jp/24295347/)の、

「この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは・・・ 」で記した

<2016年03月20日 付けの <真実を伝えるコトとは・・・?
(http://mohariza12.exblog.jp/24236553/)を記した状況から、

世の中は変わらずと云うか?訳の分からない<メクラ騙し>の世迷言(よまいごと)が次々と出て、
何が本質(:大事)か? が、朦朧となっている・・・。
一日の仕事が終わると、この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは、
世の中の この意味の無い 焦点ボケのツクリゴト(:<少しでも>真実に近い部分はあっても・・・)が 勃発しているからか・・・?
何か イライラが募って来て、今やるべきコトに 身が入らないこの頃だ・・・。>から、

このブログで、さっぱり(月 1~2回程度になり)、
ブログ記事を書かなくなった様で、

わざわざこのブログに来られた方には、新しいブログ記事の内容が少なく恐縮してます。
(時事等を含め、)その時点での 多少の思い等 の<記すこと>は あったのですが、
<「記すべきこと」>はその内容で検証し無くては 記されない内容が多く、
どこ(:誰)までその記す内容が及ぶか・・・?を 、考えると 面倒になり、
そのまま 記さないで終わったことが多かったように思います。

来年は、多少 その束縛を緩め 時期に即した思いを記して行こう とは思っています。

時期を逸しては意味無いことが起こりそうなので・・・。
[PR]

by mohariza12 | 2016-12-31 20:36 | 世の中 | Comments(0)
2016年 08月 22日

映画「シン・ゴジラ」を観て・・・(追記あり…)

今日、関東は、久しぶりに台風が直下したが、今日、仕事場の事務所から早めに退社して、今、噂の「シン・ゴジラ」を観て来た。
e0267429_23311225.jpg

総監督・脚本はアニメの「エヴァンゲリオン」の監督の庵野秀明氏で、
監督・特技監督は、「ガメラ 大怪獣空中決戦」(1995年上映)や「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」(1999年上映)等の特撮監督を手掛けていた樋口真嗣 氏だったので、

その怪獣映画としての出来は、前評判に違(たが)わず、わざわざ 映画館で高い金を掛けても、大画面で観る価値ある作品と思った。

私自身としては、怪獣映画では、最初の映画「ゴジラ」が特筆の最高傑作と思っているが、
e0267429_23410776.jpg
庵野版の「シン・ゴジラ」は、たとえ 今回の作品が、当初の「ゴジラ」の人間が入ってのヌイグルミのゴジラでは
e0267429_23401908.jpg

無かったが、
特撮監督 円谷英二版(プロデューサー:田中友幸)「ゴジラ」へのリスペクトが垣間見え、音楽も 伊福部昭へのオマージュがあった。
最初の「ゴジラ」ファンでも満足できる映画だったと思う・・・。

(続く・・・)
[PR]

by mohariza12 | 2016-08-22 23:54 | 世の中 | Comments(3)
2016年 07月 27日

<「ポケモンGO」と「超監視世界」>考(追記あり)

私自身は、世の中の出来事には ほとんど興味は無く、「ポケモンGO」が日本で解禁され、若者等がそれに熱中しようが、<我関せず>なのだが、

「ポケモンGO」の真の狙いとは
の中の(以下一部引用、色字は私):

<「ポケモンGO」こそが独裁者の果たせぬ夢超監視社会」の実現に他ならないのだ!
かのオリバーストーンも指摘しているようにそれは「史上最も成長スピードの速いビジネス」であるともいえる。
つまり日々の「データマイニング」がこのゲームを使って行われ、これに参加しているすべての若者?が何を買ったか、好きなものは何かを集め、とりわけ日頃の行動についての情報を収集・分析することによって膨大なデーターベースが構築されているのである。>等を読むと、

<我関せず>とも云えなくなる。

私自身は、色々なポイントが付くとは云うご利益があるコトは知っていても、<Tカード>等の 私の行動を特定できるカードは、<SUICA>と ある1枚のカード以外は持って無く、
私がどの様な所でどの様な買い物等をしたか?は、外部の機関では調べられないようにしている。

この様にネットでのブログはやってはいるが、もちろん FACEBOOKもやって無い。

私は、世の中の人々は、くれぐれも「超監視社会」で如何に自己を曝け出しているか! を認知すべきか・・・、と思っている。

(160725)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160727追記)

7月22日付けの Spotlightハマるニュース&エンタメメディア) の記事の<「ポケモンGO」は“全人類奴隷化”への監視装置である可能性。ルーツを辿ると…>に依ると、

<以下一部引用、色字等は私>

「すでに
SNSなどを通じても人々の行動・通信記録は収集されており、それは ビッグデータ として一部で活用されているのだが、“観賞”のレベルを超えて“操作”するためには、『ポケモンGO』は実に理想的なツール であるという。

そのわけは、常に
GPSで位置情報を発信していることと、適時カメラ機能を使うことにある という。

『ポケモンGO』でスマホなどのカメラ機能を使った場合、おそらくデータベースとなるクラウド側にも映像や画像が送信されるのではないかと推察されている。

この機能によって “ビッグブラザー” (:ジョージ・オーウェルの小説「1984」に登場する支配者 側は 単純に位置情報を確認するだけでなく、その場所がどんな光景であるのか、ユーザーがどんな外見の人物なのか、周囲にどんな人々がいるのか についても把握できるのだ。

そして個々のユーザーのプレイ状況を少し検分してみれば、特定のエリアにどんな属性の人物が集っているのかが把握でき、ある人物が何を求めてどこへ行こうとしているのかも予測できることになる。

そしてもし、“ビッグブラザー
側がゲームのシステムに干渉できるのなら、ゲーム上の施設やポケモンの出現ポイントを任意の場所に設定し、そこに対応する現実の“現場”に人々を誘導することができるのだ。>

・・・・・・・・・・・

私は、常に<自由>になりたいし、幼い頃から他人から干渉されるコトが大嫌いで、権力者なり上の者の話は聞いても、云うなりの行動はしてこなかった。

時の権力者の云うなりに行動するのは、気が楽かも知れないが、自己の<自由>は無い!
私の行動が<ビッグデータ>に利用されたくは無く、監視されたくは無い!

私は ネット・ブログを使う行動自体が “ビッグブラザー” 側の<手の内の行動>だ、と云うコトは知っているが、
自己が自由であり続けるコトをなるべく心掛け、<“ビッグブラザー” 側の手の内>には入らない様にしている。

最近トミに 権力に烏合し、大衆を扇動(洗脳)する(マスコミ等の)輩が占めているが、

<自己(自分自身)で考えるコト>が無い人間ばかりになりつつある(:その傾向は、戦前・戦中も変わらないとも云えるが・・・)と思っている。

私は、一日の内、必ず 全く(SNS等を含む)世間の声に曝されない環境下 で、<自己の頭で考える時間は持つ様にしている。

人間社会においては <自己で判断する>コトは、実際はほとんど無理かも知れないが、<自己の頭で考える>コトを放棄したなら、
権力者の意のままの世界になってしまうコトを
「ポケモンGO」騒動
で気付く必要がある、と思う・・・。





[PR]

by mohariza12 | 2016-07-27 19:47 | 世の中 | Comments(0)
2016年 07月 13日

今こそ、アメリカインディアンのイロコイ連邦の民主制が重要なのか?

参議院選挙の東京地方区で、三宅洋平氏の当選は適わなかったが、
妖怪の様な(身体では無く、その精神年齢を含めた)60~70代の人間では無く、
若い30代の人間が政治等の表舞台で活躍すべき、と思う。

所で、2016年07月09日 付けの

<三宅洋平 選挙フェス>を観た(・・・追記あり)

の中のyoutubeの
三宅洋平 選挙フェスDay16 JR品川駅港南口での三宅洋平氏の演説
https://youtu.be/PWN5aLgbsdo)の中で、

一万年の旅路 - ネイティヴ・アメリカンの口承史』(ポーラ・アンダーウッド著、星川淳訳、1998年、翔泳社)や『知恵の三つ編み』(ポーラ・アンダーウッド著、星川淳訳、1998年、徳間書店)にも記されていた

『民主主義の基本は、アジア系のベーリング海峡を渡った種族<アメリカインディアンのイロコイ連邦>の民主制が、アメリカ大陸で根付かせ、それを旧大陸から渡った欧州人が見習い、それが欧州本国に伝わり、フランス大革命に波及し、ヨーロッパの<民主主義>とされるようになった』(のが 真実らしいコト)

<参照:2014年12月15日付けの 「<真の地方発信の民衆の為>の真の<民主(衆)主義> 」(http://mohariza12.exblog.jp/22652398/)>

を三宅洋平氏は話していた。

以前「緑の党」から選挙に出たこともあり、星川淳氏とも接点があって、イロコイ連邦
の民主制のことを知っていたと思うが、

政治はある種 闘争かも知れないが、粘り強い話し合いが重要だと思う・・・。

但し、不正は イタダケナイ と思う。







[PR]

by mohariza12 | 2016-07-13 20:02 | 世の中 | Comments(0)
2016年 07月 09日

<三宅洋平 選挙フェス>を観た(・・・追記あり)

明日は、参議院選挙。

その演説は今まで聞いたことは無かったが、
ネットを通じて、youtubeで、初めてその肉声を聞いた。

東京都選挙区の三宅洋平候補は大したモノと思った。

e0267429_12204678.jpg

この男なら、山本太郎と二人でも、国会を何とか改革できるのでは・・・?!と、思った。

JR品川駅港南口
20160707三宅洋平 選挙フェスDay16 JR品川駅港南口 東京都選挙区 参議院選挙
juliassange

https://youtu.be/PWN5aLgbsdo

1時間25分の演説の中で、前半で、山本太郎の自分が国会で何を知り、何をやって来たか。
そして、三宅洋平が 何に突き動かされて参議院選に立候補する気になり、国会で何をやりたいか、
が youtubeでよく分かる。
肉声の魂が感じられる。

これまで選挙に行かなかった人(棄権者)は、是非投票に行って、
国民の意志を示すべき!と思った。

マスメディアの選挙予想等は、ある意志で操作されている。

それをひっくり返さない限り、
たかだか15%の意志表示は、国民の意思では無い。

ナチ前夜が創出されよう・・・としているコトを自覚する必要がある・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


某首相の事前のインプットされた原稿読みのみで無い、

心の奥底から発する言葉が、

今後も若者(30歳代より若い世代)にも、世の中を託せる、と思う。


若しかして、60歳代以上の思考(:想い?思い?過去への妄想?)では
今後の時代の問題(?)は、解決せず、

若い発想で無いと 解決しないのかも知れない・・・。

旧態依然、懐古趣味の考えでは、
何の進歩も改革(:前進)も無い!と、思う・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

youtubeの三宅洋平 選挙フェスを観てたら、
数千近くの観衆である都民(国民)が新しい息吹を欲しているコトが感じるが、

http://n2-ch.com/seizi-keizai/miyake-senkyo/


e0267429_18495588.jpg


この実態が、選挙結果で反映されなければ、

ムサシ>なり等導入によって、日本では公正な 選挙は、もはや望めないのか・・・?
と、思わざるを得ない・・・。

[PR]

by mohariza12 | 2016-07-09 23:48 | 世の中 | Comments(0)
2016年 06月 12日

情報過多の世界で生きて行く為には・・・

2016年04月28日付けの<巷に流れる情報は信じず、今のまま、偏屈で生き続けるつもりだ・・・ >への
2016-06-07付けのコメントで
昨今は、政治家を含め、その発せられる言葉に真実味も、その意図している内容の重みが無い その場限りの間に合わせの言葉が次々に発せられている。

そう云う意味で、テレビ等のニュースなど見ている気が全くしない。
御託(空理空論?)を追及するマスコミもいなく その存在価値も無い、と思っている・・・。
>と記したが、

これに関する追記のコメント記事を記します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160215メモ、補記、追記)

世の中、ネット社会(:SNS社会)となり、安易(:容易)に様々な情報を得られる様になったが、

却って、大衆を洗脳するコトが楽(:容易)になり、

ナチ的手法は容易になった、様に思える。

(下記の画像は『未来世紀ブラジル』より)

e0267429_22321451.jpg


e0267429_14433313.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160408メモ、補記、追記)

世の中の情報なりは、

(ある種)<時代の雰囲気>でしか無く、

それは時の為政者なり、権力者等が流し続けたモノが、

雰囲気>として 蔓延しているだけで、

その<>の中に <真実>がある 訳 で無い。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(160408メモ、補記、追記)

世の中のテレビやネット上に溢れる情報とかは、

ある歳になったなら、(:その日or 明日以降、いつ死ぬか分らない人間にとって、)

ほとんど意味が無く、

巷の情報とされているモノは、

ある意図を持って 操作されたモノ>と云う意識で 接しない限り、

無条件でそのまま<情報>として脳なりに取り入れて、

何度も<同じ意図の情報>を聞き続けると、

いつの間にか、それをそのまま信じてしまうのは、

人間の性(サガ)であり、習性なので、注意する必要がある。


(ネット等の)信頼できる情報源から、そのネタを探りながら、
世の中の真実を見極めるコト
が、

(無意味な)情報過多の時代で、

自己の生き様において、変な方向に行かない胆(キモ)なのか・・・?




[PR]

by mohariza12 | 2016-06-12 15:11 | 世の中 | Comments(2)
2016年 04月 11日

この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは・・・

2016年03月20日 付けの

真実を伝えるコトとは・・・?>を記した状況から、世の中は変わらずと云うか?
訳の分からない<メクラ騙し>の世迷言(よまいごと)が次々と出て、

何が本質(:大事)か? が、朦朧となっている・・・。

一日の仕事が終わると、この頃 何か、<脱力感(?)>が襲って来るのは、

世の中の この意味の無い 焦点ボケのツクリゴト(:<少しでも>真実に近い部分はあっても・・・)が 勃発しているからか・・・?

何か イライラが募って来て、今やるべきコトに 身が入らないこの頃だ・・・。



[PR]

by mohariza12 | 2016-04-11 20:57 | 世の中 | Comments(1)
2016年 03月 23日

3.18のテレ朝のNSを観て・・・

先ほど、YouTubeで、3月18日のテレ朝のニュースステーションで放映された
<ワイマール憲法から学ぶ自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ>
http://www.dailymotion.com/video/x3yonfg
を観た。

<・・・すぐ、削除されると思われるので、観なかった方は、早めに観られることをお勧めします。>

古館等面々は、相当の覚悟で放映した、と思った。

ほぼ、納得できる放映内容だった。

ドイツのエーリヒ・フロムの「自由からの逃走」を 学生時代(途中までだが…)読んでいるので、
古館等が云わんとすることは、よく 分かるし、

ボウ首相は、まさに やらんとしている様にも 思える・・・。

人間に絶対権力を与えてはならず、

不合理でも 三権分立なりで、権力は分散しなければ、

ナチの時代が いつでも 来るコトを 鑑みる必要がある、と思う。




[PR]

by mohariza12 | 2016-03-23 21:13 | 世の中 | Comments(0)