投稿キャンペーン
2013年 04月 02日

「眠たくなったら、寝る」と云う行為

(130325メモ、補記、追記)

眠たくなったら、そのまま、(近くのソファーなりに)横になり、自然に寝てしまうのが、
自然の摂理に従った行為なのか?

まだ、起きてやりたいことはあっても、

身体のそして脳<特に大脳の下部の脳>の<眠たいと云う>シグナル通り行動するのが、生命体としての人間としては、大事なのか・・・?

この頃、ふと、睡魔に襲われたら、居間のソファーで横になり、そのまま、寝てしまうことが、多くなった。
(2時間半~3時間で、目が覚めることが多いが・・・。)

以前は、無理して、(と云うより、)会社なりで、仕事なり、ブログを記さないと・・・と云う
義務感なり、使命感で、
<しかし、それが大脳の興奮に繋がり、快感になっていたが・・・、>
深夜遅くまで起きていたことが多々あった。

でも、眠たくなったら、寝る、と云う行為は、自然な生き方なのだろう・・・。

<と、云う訳で、寝ます・・・。>



by mohariza12 | 2013-04-02 02:00 | 人間 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mohariza12.exblog.jp/tb/20039059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 靴屋「つづく」の謂れ      常緑樹と落葉樹、どちらが進化し... >>